About

ハロー!このブログの著者、Shozzaです!!

旅行、写真が趣味で、国内ほぼ全国、海外は40ヶ国を旅してきました。このブログでは、主に「国内外の旅行情報の共有」を目的としています。

特に、訪問者の皆さんが必要な情報を折り込みつつ、実際にその場にいるような、臨場感ある記事の作成を目指しています。イメージとしては、「情報提供型記事」と「日記」の中間です。

僕の記事を読んでもらって「行ってみたい!」と思ってもらえたら幸甚です。

 

どんなことでもググれば見つかる時代

ふとした瞬間に、「あ、あそこ行ってみたい」と思ってググってみると、大体のことなら簡単に記事を見つけることができます。行き方から、必要経費、近くのオススメレストランから、オススメの安宿まで。

少し前であれば、旅行と言えば「地球の歩き方をとりあえず買っておこう!」と思っていましたが、今では書店に行くまでもなく、スマホで5秒で、必要な情報にピンポイントで辿り着くことができます。むしろ、地球の歩き方よりも間違いなく情報量が多いです。それは何故か。

その記事のほとんどが、どこかの旅人が実際に体験した内容を書いた「ブログ」だからです。「ブログ」と聞くと日本人の頭の中では、未だに「日記」的な意味合いが強いですが、その中には「情報提供型」のブログが沢山あります。

気が付いていないだけで、誰もが毎日のように、こうした「情報提供型ブログ」を読んで、その恩恵を受け取っています。何か気になる事があってネットサーフィンした時、開くページはどこから来ているのか。Wikipediaや、まとめサイトを除くと、そのほとんどが個人のブログ記事です。

しかも、個人の記事だからこそ、実際の意見や感想を聞くことが出来て、参考になります。欲しい家電があった時、メーカーの詳細な情報よりも、クチコミの方が参考になるのと同じです。

特に旅の情報は、これの最たるものだと感じています。

ふと、「チェンマイのコムローイ祭りに行きたい!」と思ってググった時、最初にwikipediaは読まないです。必要な情報は得られても、臨場感が伝わって来ないので。

旅の場合では、旅情報を集めた情報サイトがいくつかあって、こういったサイトが検索上位に上がって来ます。こうした記事では、コムローイについての情報と、見どころを箇条書き形式でシンプルに書いてあるので、必要な情報を素早く得る事ができて、とても有用です。

しかし、次の段階。「どうやって行くのか」「いくらかかるか」「いつ行くべきか」等の、実際の生きた情報は、やはり個人ブログになってきます。

まとめサイトで大枠を掴んだ後は、実際の体験記事を読むのが、イメージを掴むのに一番簡単です。

 

このブログの目的、目指している形

冒頭で述べたように、このブログの目的、目指している形は「情報提供型記事」と「日記」の中間です。

情報提供型記事と日記
  • 情報提供型記事・・・場所、イベントの詳細、必要最低限の情報が得られる
  • 日記・・・実際の出来事、体験談を読む事ができる

情報提供型記事だけだと、実際のイメージがわかない。日記だけだと、必要な情報が得られない。

じゃ、こうしよう。

総取り〜!!盛りだくさん〜!!

どっちも織り交ぜちゃおう、ということです。(最後、ざっくり)

 

まだ誰も書いてない記事をどんどん書きます!

どんなことでもググれば、大体情報が得られるこの時代。

旅をしていると、その先で他の旅人から聞いた、秘境に出会うことも多々あります。そんな場所の記事をググってみても、まず日本語での記事は見つかりません。

俺の出番か、、

国内外には、「地球の歩き方」や「旅情報サイト」には載ってない、ローカルの絶景スポットが沢山あります。そうした想定外の景色に出会うと、この感動を他の人にもシェアしたいという気持ちで溢れ出します。

大都市や、有名な場所に行かなくても、今いる場所の近くにも感動できる場所が沢山ある。むしろ、そうした場所での出会いの方が印象に残ったりします。

そうした出会いを求めて、旅に出て欲しい!新たな発見を楽しんで欲しい!

このブログが、そのための手助けに少しでもなれたなら、心から嬉しく思います。

 

著者の経歴

Shozza

■1989年(平成元年)生まれ。東京都東大和市出身。2014年、首都大学東京大学院・都市環境化学研究科卒業後、都内の化学メーカーに就職。研究職員として3年勤務した後、旅、新しいスタートへの想いが止まず、2017年7月に退社。

■学生時代から旅好きで、2018年8月現在、40ヶ国を放浪。初海外旅行は、18才の夏に行ったイタリア。初海外旅行でありながら、初一人旅であった。「世界ふしぎ発見」でやっていたポンペイ特集を見て衝撃を受け、翌日にパスポート申請する。1週間後のパスポート受取日の便を予約し、単身イタリアへ飛び立つ。当初の目的のポンペイやローマ観光以上に、ゲストハウスや旅先での未知の出会いにみせられ、旅好きへ。

■2017年9月、フィリピンはセブ島で1ヶ月語学留学、その後2ヶ月をかけてタイで予防接種を受けた後、12月よりニュージーランドでワーキングホリデーを開始。現在、同地のヴィンヤードにて仕事中。同年10月末より南米渡航予定。

■渡航国

【アジア】中国、韓国、香港、マカオ、台湾、タイ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、ミャンマー、ラオス、カンボジア、インド、ネパール、日本

【ヨーロッパ】イギリス、スコットランド、スペイン、フランス、イタリア、バチカン市国、ドイツ、オランダ、ベルギー、スイス、オーストリア、チェコ、スロバキア、ポーランド、クロアチア、モンテネグロ、ボスニアヘルツェゴビナ、ハンガリー、ギリシャ

【北アメリカ】カナダ、アメリカ、メキシコ

【アフリカ】モロッコ

【中東】アラブ首長国連邦

【オセアニア】ニュージーランド