クイーンズタウンに来たら、ベンロモンド山を登ろう!

New Zealand
Shozza
ハロー!ニュージーランド でワーホリ中のShozzaです!

現在、ニュージーランド 南島の一大観光地、クイーンズタウンで働きながら生活しています。

この記事では、クイーンズタウンのすぐそばにある、ベン・ロモンド山登山について紹介します!

クイーンズタウンとは

このクイーンズタウン、この地を初めて訪れたイギリス人がそのあまりの美しさから、『Queenstown(女王のための町)』と大層な名前を付けたほど、美しい町です。

町中から見えるワカティプ湖、リマーカブル山等の山々の風景もさることながら、高台から見下ろす町と景色のコンビネーションが素晴らしい。

上記の写真のような景色が見たいのであれば、スカイラインというゴンドラがオススメです。

スカイライン

ゴンドラ料金:往復35ドル

※トレッキングコースもあり、ゴンドラを使わずに自分で登ることも可能です。もちろん無料。所要1時間ほど。

しかも、このスカイライン、ただ登っただけでは勿体無い!

降り場の先には展望台だけでなく、豪華なランチ、ディナーが楽しめるレストランから、大人気のゴーカート場、ジップライン、バンジージャンプなどアクティビティが満載!

スカイライン上のゴーカート

さらに!ベン・ロモンド山という山へのトレッキングのスタートポイントもあるのです!

 

ベン・ロモンド山(Ben Lomond)登山

ベン・ロモンド山はクイーンズタウンの町に隣接した標高1748mの山で、市内から徒歩で登り始めることが可能です。しかし、町の標高はおよそ300m。つまり山頂まで1450mもある!!

ということで、スカイラインを使います

そう!スカイラインの降り場の標高はおよそ1000m!なんと、700mもズルできちゃう!笑

ズルしたい訳じゃなくて、スカイラインの年間パス持ってるから使わないと勿体無いしね(ということで)
スカイライン年間パス

年間パス料金:80ドル

一回往復35ドルなのに、年間パスが80ドル!笑 クイーンズタウンに住んでたら、買いましょう!

Skyline

登山スタート!

いよいよ登り始めます!

スカイラインの広場を過ぎると、始めはは森林ですが、30分ほどで森林限界に。

森林限界を過ぎた辺り

また、この辺りはマウンテンバイクも盛んで、トレッキング用の道とバイキング用の道に別れています。うっかりバイキング用の道に入らないように注意!

そして、さらに進むと、何やら視線を感じます。。

ムムム!

可愛いヤギの親子がお出迎え!

そして更に歩を進めます。

道中は絶景のオンパレード

ベン・ロモンド頂上

いよいよ、ベン・ロモンド、その頂きを捉えました!

尾根を歩く人たち

しかし、見てください。この急勾配。

ここからがマージでキツイ!笑

リアルに10分に一回くらいは休憩してました。ふくらはぎ、パンパン!

しかし、高度が上がると背後の山々が延々と見えてきます。本当に絶景!

そして、いよいよその時が!

 

ベン・ロモンド、頂上到着!

ベン・ロモンド頂上でお弁当

超絶大絶景、我大感謝!!

クイーンズタウンの町から、ジャックスポイント、その背後のリマーカブル山まで全見え!

良いんですか、先生。全見えです。

 

ベン・ロモンド頂上でコンサート開始

ベンロモンド頂上で弾き語りをするアレックスさん

頂上でお弁当を食べていると、ギターの音色が聞こえてきます。横を見ると、断崖絶壁で弾き語りをしている人が。

頂上にいるみんなが見守る中、数曲演奏してくれました。

しかし、それだけでは終わらない!

演奏を終えようとすると、一人の美女が近づいてきます。 

I’m a singer, can I join you?(私も歌手なんです。一緒に歌わない?)

彼は快諾し、『何が歌える?ハレルヤは?』ということで、ハレルヤの即興デュエットが始まります。

観客の声援に答え、更にもう一曲。

こういう時、音楽って本当に良いなぁと実感します。言語も文化も宗教も関係ない。準備もお金も一つもかけず、その場にいる全員を幸せにすることができる。

俺もなんか始めようかな

 

スペシャルゲスト、キア(Kea)到来!

アレックスさんと美女のデュエットも終わり、景色を見ながらボーッとしていると、下の方から明らかに変な鳴き声が聞こえます。周りに確認するも、聞こえた人は誰もいない。

しかし確実になんかいる!下の方を見渡します。すると!

むむ!岩の上にデカめの鳥おる!

まさかキア!?

キア(Kea)とは

ニュージーランド南島の固有種にして絶滅危惧種でもある山岳オウム、キア。
全長約50センチとワシ大の大きさがあり、オリーブグリーンの羽と、広げた翼の下に見える鮮やかなオレンジが美しい。一時期不用意に乱獲されて数を減らしたものの、現在では法律で完全に保護されており、おおよそ5千羽~1万羽ほどが雪山に生息している。世界で最も頭の良い鳥とも言われている。

南島滞在中に一回は見たいと思っていた、キア。あれはキアなのか?しかし、遠すぎて見えない!!すると、奇跡が!

飛んできたー!そして、こいつは紛れもなくキアである!!

キアキタ

そして、更に頂上まできてくれました。

キアが優雅に飛ぶ様子も動画で撮影することができたので、どうぞ!

綺麗な紅の羽の内側も見ることができます!

キアの登場で頂上にいたみんなが興奮状態!笑

さっき頂上で歌ってくれた美女ことドイツ人のローラと、オランダ人のシャリーナと意気投合。

二人は南島最北端のスーパーマーケットで出会い、シャリーナがローラに今後のプランを聞くと彼女は『わからない』と。更にここ(スーパー)のあとはどうするの?それも『わからない』。『じゃあ私の車に乗る?』『乗る!』ということで今に至るという。笑

今はスーパーでもトラベルパートナーが見つかる時代と笑っていました。笑

そのあと一緒に下山し、次の日もクイーンズタウンでご飯に行きました。

 

そして下山

頂上で予期せぬ出会いが沢山ありました。出会いは予期できないからこそ素晴らしい!予期できることなんて、たかが知れてる。考えつくことなんて、どうせつまんない。

だから、何かやる前に『本当に楽しいかなぁ?』なんて考えたって無駄。わかんないもん。逆に思いついちゃったつまんない未来の想像のせいで、やめる理由になっちゃうのが関の山。(でも結局いつも悩んじゃうんだよね)

勿体無いな〜その先には面白いこと絶対あるのに〜

思いついたらまず行動!

外に出ないと何も始まらないよ。

See you!

Always think easy, go easy.

ブログランキングに参加しています

キア見たい!って思った方はこちらのボタンをクリック!

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。