ニュージーランドのワーホリで車購入をオススメする理由(2018年版)

New Zealand
Shozza
ハロー!ニュージーランドでワーホリ中のShozzaです!

ニュージーランドと言えば、ワーホリや語学留学で大人気で、日本人も多い!

僕もワーホリビザでニュージーランドに来てから早いもので1年が経とうとしています。そこで、この1年の中で知ったことや、役立つことを紹介していきたいと思っています。

その中でも、声を大にしてオススメしたいのが「車の購入」です。なんと言っても、ほぼ無料(ガソリン代のみ負担)で車を所有することができます。

この記事では、ニュージーランドでの車事情について説明したいと思います。

ニュージーランドで車は必要?

ニュージーランドは日本のように鉄道でどこへでも行けるわけではなく、人の乗ることのできる鉄道はオークランドとウェリントンの二都市にしかありません。

つまり、アメリカやその他の国と同様に、ニュージーランドも典型的な車社会です。

しかし、国内にはバスの路線が張り巡らされており、どこに行くにも不自由はしません。また、鉄道がないことに加え、旅行者が多い、アウトドアが好きな国民性、そして安全であるというところから、ヒッチハイクも主要な交通手段の一つです。つまり、車がなくても、バスやヒッチハイクを使えばどこへでも行くことができる。

しかし、ここで私は声を大にしてお伝えしたい。

車買っちゃうのが絶対オススメだよ!

その理由を説明していきたいと思います。

 

ニュージーランドで車購入をオススメする理由

僕が車購入をオススメする理由として、ニュージーランドでの車は、安い!購入・売却が簡単!便利!の三拍子が揃っているからなんです!一つずつ見ていきましょう。

 

安い!(むしろ実質ゼロ円)

ニュージーランドに移住して、新車や綺麗な中古車を買うのではなく、他のバックパッカー達と同様に、少し古い中古車を選ぶ場合、かなり安く車を購入することが可能です。

もちろん価格はピンキリですが、一般的には$2000〜4000(15〜30万円)の車が人気です。また$1000〜2000(7.5〜15万円)も沢山ありますし、走行距離が長かったり少し調子の悪い車であれば、$1000(7.5万円)以下のものも簡単に見つかります。

後述しますが「Self-contained(セルフコンテイン)」と呼ばれる、ハイレベルのキャンパー(手作りのキャンピングカー)であれば、$4000〜10000(30〜75万円)ほどになります。

しかし安いと言っても、1年のワーホリで15〜30万は高いよ!と思うかと思います。

この金額はただの先行投資であって、帰国前に同額またはそれ以上で売れば、お金は戻ってきます。

つまり、実質ゼロ円!レンタカーよりもお得なんです!かかるお金はガソリン代だけ!実際に僕は、$2700(20万円)で買った車を、$4000(30万円)で売ることができました。1年間乗って、むしろ10万円お金を貰った感じです。笑

こちら >>> 【10万円高く売れた!】ニュージーランドでの車の売り方(2018年版)

実際には、車の改造費(ベッド等)、キャンプ用品代、タイヤやブレーキパッドなどの消耗品交換、車検、税金、保険、北島-南島フェリー代、罰金(笑)で10万円くらいになるので、このお金で必要経費を賄った感じになりました!つまり、1年間の車関係で実際に使ったお金は、本当に純粋にガソリン代のみになった計算になります。

いや、でも本当にちゃんと売れんのかい!

次で説明します!

 

購入・売却が簡単!

ニュージーランドでの車の購入・売却は非常に簡単です。

中古車販売店に行き、購入する方法もありますが、ワーホリ滞在者達が通常使うのは以下の方法になります。

  1. Facebookのグループでやりとり
  2. trademeという、日本でいうメルカリのような売買サイトでやりとり
  3. バックパッカーズ(安宿)などの掲示板を見て連絡
  4. 公園等で行われるCar Fair(車のフリマ)に行く
  5. 「On sale」と書かれた紙が貼ってある路上駐車された車を見て連絡

中でも「Facebookのグループ」が主流で、「New Zealand Car」であったり「Auckland Car」や「Christchurch Car」などの地域縛りのあるグループなど、車の売買のためのグループが沢山あり、毎日多くのやりとりが行われています。

実際のやりとりは、気に入った車があれば連絡を送り、見学のアポをとります。気に入れば、その場で交渉。お金を払った後、郵便局で3分程で終わる手続きのみで、車の所有者を変更できます。

車を売る際、僕はFacebookのグループに自分の車を掲載した後、1週間後に見学したいという連絡が来て、見学の数時間後に売却することができました。運が良かったのかもしれませんが、大体平均して、掲載から2〜3週間で売ることができるようです。

また、買い手の多い売却に適した期間に売ることも重要です。

 車の買い方についてはこちら >>> 【めっちゃ簡単】ニュージーランドでの車の買い方 大公開!(2018年版)

 

便利!

実は、ニュージーランドの車は移動手段というだけでなく、宿泊施設として考えることができます。

上の写真は僕が実際に乗っていた車で、後部座席にベッドを設置しています。

また、バックサイドには簡易的なキッチンも。バックドアを開けて使う形です。キャンプで大活躍!

このような後部座席を取り外して(残しているものもある)、ベッドやキッチンを設置した手作りのキャンピングカー「キャンパー」と呼び、Facebook等でやりとりされる車の大半がこのタイプです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、上記写真のような「Self contained(セルフコンテイン)」と呼ばれる、手の込んだキャンパーもあります。

こうしたキャンパーが人気な理由は、ニュージーランドには無料または安いキャンプサイトが沢山あり、キャンプや旅行で大活躍するからです。それだけでなく街で生活する場合にも、バックパッカーズなどの安宿にキャンプサイト(オートキャンプ場)が併設されていて、そこを利用することで格安で滞在することができるんです。

これが想像以上に快適!

ブレナムのバックパッカーズに併設されていたオートキャンプ場

車中泊と言えども、しっかりとしたベッドを併設すれば、かなり快適に過ごすことができます。車内も案外広くプライバシーもあるので、ドミトリーよりも住み心地が良かったりします。

こちら >>> 【ブレナムでの仕事探し】Blenheim Backpackersがオススメ!

 

車検や税金、保険などの手続きも簡単!

最後は、一番不安なメンテナンス関係。

詳しくは別記事で解説しますが、費用も日本のようにバカ高くなく、手続き自体も非常に簡単かつ、時間もかからないので、全く心配入りません!

 こちら >>> 【ニュージーランドの車事情】車検、保険、税金まるわかり!(2018年版)

購入も手続きも簡単で、最後にちゃんと売れば、ほぼ無料で乗ることができます!買わない手はない!

 

ニュージーランドで買うべき車のタイプ

ニュージーランドで買うことのできる車にはいくつか種類があります。

まず大別として、新車と中古車がありますが、ここではワーホリやバックパッカー向けの車購入を対象としているので「中古車」について説明します。

中古車の中で、売りに出されている車には3つの種類があります。

  • 通常の車
  • キャンパー
  • Self-containedのキャンパー
  • (中古のキャンピングカー)

中古のキャンピングカーを買うこともできますが、かなり高いですし、一般のバックパッカーが利用する売買手法では取引されていないので、ここでは省略します。

オススメはもちろん、車中泊が可能な「キャンパー」または「Self-containedのキャンパー」です。

または、通常の車を安く買って、自分でベッドを設置するという方法もあります。以下、詳しく紹介します。

 

通常の車

もう説明いりません。4〜7人用シートの普通の車です。値段は、めっちゃオンボロもあれば、新古車のようなものもあるので、ピンキリです。

ただ、キャンパーよりも安く購入することができるので、この車を買って自分でベッドを設置すれば、安上がりに済ますことも可能です。また、数人での利用を考えている場合は、シートが残っているこのタイプを買う必要が出てきます。

僕の車(シートの上にエアーマットを引いた)

実際に僕は、数人での利用を考えていたので、このタイプの車を買い、シートの上にエアーマットを引く形にしていました。またキッチンも自作!

 こちら >>> 【DIY】廃材だけで車にキャンプ用キッチン棚を作る!

概要
  • 普通の車
  • 車種:大小様々
  • シート数:4〜7
  • 値段:ピンキリ($500〜15000)

 

キャンパー

「キャンパー」とは、後部座席を取り外して(残っているのもあり)、そこにベッドやキッチンを設置した、手作りのキャンピングカーのことを呼びます。

ベッドは、木でできていて、その上に市販のマットレスを乗せていることが大半です。ベッドの下には収納があったり、簡易的な机を取り出せるようになっていたり、様々です。

そして、このベッドが普通にめっちゃ快適

ニュージーランドではこのキャンパーが最も主流で、後述するFacebookでの取引でもこのキャンパーがほとんどです。

キャンパー 概要
  • 後部座席にベッドやキッチンを設置
  • 車種:中型以上(ホンダオデッセイ等)
  • シート数:2、または4〜7人(後部座席の上にベッド)
  • 値段:$1500〜4000

 

Self-contained(セルフコンテイン)

「Self-contained(セルフコンテイン)」とは、ある一定の基準を満たしたキャンパーのことを指し、キャンピングカーと同様の扱いを受けることができます。その基準が以下の通り。

  • 12L/人の水用タンクがある
  • 12L/人の排水用タンクがある
  • 上記のタンクを繋ぐホースがある
  • 蓋の付いたゴミ箱がある
  • 簡易トイレ(最低3L/人の容量)がある

上記の設備を有した上で、費用を払って、ニュージーランド政府に申し込む必要があります。

問題なく合格すると、セルフコンテインであること証明する青いシールを受け取ることができ、これをフロントガラスに貼っておく必要があります。

上記の設備を有する必要があるため、セルフコンテインの車は比較的大きい必要があり、ほとんどが写真のようにハイエースかそれと同等サイズの車です。

車内はとても広いので、内部にシンク付きのキッチンがあったり、冷蔵庫があったり、停車中も充電できたり、めちゃめちゃ快適です。また、セルフコンテインは「快適である」というだけでなく、「キャンピングカーと同様の扱いを受けることができる」というメリットもあります。

セルフコンテイン専用のキャンプサイトを利用することができる

キャンピングカー同様の扱いというのが、「セルフコンテイン専用のキャンプサイトを利用できる」ということ。

ニュージーランドには、無料、有料のキャンプサイトが沢山あるのですが、無料のキャンプサイトのほとんどが「セルフコンテイン専用」であることが多いんです。その理由は、無料のキャンプサイトには、水道やトイレがないことがある(私有地を、好意で空け渡してくれている場合が多い)。その際に、トイレのない普通のキャンパーはお断り!ということです。

モラルのない外国人が、その辺でトイレをしたり、食べた後のゴミや排水を流したりすることが多発したため、ニュージーランドの環境を守るため、厳罰化されました。

セルフコンテイン専用の場所に、承認シールなしの車で泊まると、容赦無く$200の罰金を課せられます。

セルフコンテインは、普通のキャンパーよりも高額ですが、快適&無料のキャンプサイトを利用可能という点で、メリットも沢山あります。しかし、大きいが故に燃費は悪い、、

セルフコンテイン 概要
  • 後部座席にベッドやキッチンを設置
  • 排水設備、ゴミ箱、簡易トイレあり
  • 車種:大型(トヨタハイエース等)
  • シート数:2〜3(フロントシートのみ)
  • 値段:$4000〜12000

 

まとめ

この記事ではニュージーランドの車事情について紹介しました。ただの移動手段としてだけではなく、色々な場面で大活躍するので、とても便利。何よりもちゃんと売却すれば、公共手段によりもお得に移動が可能!

車の売り方に、オススメの時期については、以下の記事に詳しく記載しています!

早めに車を買って、見どころいっぱいのNZを大満喫しちゃってください!

<<< 関連記事 >>>

【めっちゃ簡単】ニュージーランドでの車の買い方 大公開!(2018年版)

【10万円高く売れた!】ニュージーランドでの車の売り方(2018年版)

【ニュージーランドの車事情】車検、保険、税金まるわかり!(2018年版)

【ニュージーランドワーホリ】ヴィンヤードでウーフ体験!(WWOOF)

ニュージーランドと言えば!野生のペンギンを探してオアマルへ!

See you!

Always think easy, go easy.

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。