【チリで働く】バルパライソのゲストハウスで1ヶ月働いてみた!

Chile
Shozza
ハロー!チリの首都サンティアゴに滞在中のShozzaです!

今回の記事は太平洋沿いの街、バルパライソでの仕事について!

サンティアゴから南米旅が始まり、2都市目に選んだ「バルパライソ」という街。この街が最高すぎて、現地で住み込みの仕事を探し、1ヶ月以上も滞在してしまいました。具体的にはニュージーランド等で人気の「ウーフ」というサービスを使って、住み込みのボランティア(一日数時間働く代わりに、宿と食事をもらうというもの)をしていました。

こちら >>> 【ファームステイ】ニュージーランドでのウーフの始め方(2018年版)

仕事内容はゲストハウスでの受付、ハウスキーピング、そして改装など。このゲストハウスが快適で、お洒落なルーフトップもあって最高!普通にお金払ってでも滞在したい!

ということで、この記事ではバルパライソのゲストハウス、”Hostal Po”について紹介します!

バルパライソとは

バルパライソ(Valparaíso)はチリ中部にあり、首都サンティアゴから西へ約120kmの太平洋沿いに位置する都市で、街の至るところに超ハイレベルなストリートアートが描かれています。

このストリートアートだけで多くの観光客を呼び寄せるほど、クオリティの高い絵に溢れており、青空美術館とも言われる程です。本当に街を歩いているだけでも楽しいとは、まさにこのこと。

詳しくはこちら >>> 【チリ観光】アートに溢れた美しい街、バルパライソの歩き方!

 

バルパライソで働き始めた理由

バルパライソには3泊宿を予約し、やってきました。するとどうでしょう。

最高やないかい。

ということで2泊延長。宿を変えて更に2泊延長。そして、住み込む。

ここです。延泊まではわかる。なぜ、その後1ヶ月も働き始めたのか。それには理由があります。

 

①バルパライソが好き

これはもう言うまでもありません。最高です。街も人もご飯も。最高じゃ!

 

②スペイン語を勉強したい

これもかなり重要。「まぁ、大丈夫だろう」とナメて来てみましたが、噂通り南米は英語が通じない。

日本よりは若干マシかな、くらいの英会話力です。これじゃ、全く意思の疎通ができない。「現地民ともっと話したい」とか、そういう次元の話じゃない。生活ができない。

ということで、スペイン語の勉強を(独学で)したい!

しかし、長期滞在にはお金がかかる。そこで住み込みの仕事をしよう!となった訳です。

こちら >>> 【南米周遊】語学学校はいらない!独学でスペイン語を勉強する方法!

 

③良い友達ができた

これもでかい。バルパライソに到着した初日に仲良くなった、バルパライソ出身のデザイナー、Miguel。

こいつが面白くて、面倒見がよく、街のアチコチに連れて行ってくれる。治安が悪いと言われるバルパライソで最初は警戒していましたが、彼のおかげで、すぐにバルパライソに馴染むことができました。

なんなら、ベロンベロンで深夜を徘徊することもしょっちゅう。おかげで夜勤に遅刻、泥酔で接客も日常茶飯事。そんなことも許される良い街なんです(おい)。

彼は、服やジュエリーを個人で作っていて、インスタグラムやフェイスブックを通じて販売。彼の服の写真を撮りに、隣町のビーニャ・デル・マールや、コンコン砂丘に行ったりもしました。

 

④実は1ヶ月、時間を潰さなくちゃいけない

お気付きでしょうか。

これが全てです。

おい

散々色々と理由を述べましたが、実はハナからチリのどこかで、1ヶ月、時間を潰す必要があったのです。

その理由は、ペンギンちゃんです。バルパライソからパタゴニアを抜けて、南米最南端のウシュアイアという街に行く予定なのですが、そこで大量の野生ペンギンちゃん達が見れるのです。それだけじゃありません。

なんと1月には、生まれたての赤ちゃんペンギンの群れを見ることができるのです。これはアツい!ということで、この1月に合わせるため、バルパライソで働くことにしたのです。

 

Hostal Po

さて仕事を探そう!と思い、ニュージーランドの経験を活かして、「ウーフ」をすることに。いくつかのホストにメッセージを送ると、すぐに返事をくれたのが「Hostal Po」でした。

バルパライソ市内の中でも一際目立つ、美しいストリートアートを施したビルが特徴のこのゲストハウス。このビル丸々、ゲストハウスです。一度見に行くと、内装も綺麗で、一目惚れ。管理人のミゲルも良い人で、二つ返事で「明日から来ていいよ!」ということで、速攻でここに決めちゃいました。

 

内部もアートまみれ

美しい外観を満喫した後は、ビルの中へ。入り口からワクワクさせます。

レセプションもオシャレです。

リビングも!

どこを見てもアートまみれ!

 

清潔で、設備も十分

重要なのはアートよりも設備。これも完璧です。ベッドも清潔で、寝心地も良い。ロッカーも完備。

キッチンも綺麗に整理されていて、使い勝手が良い。

バスルームも常に清潔です。

朝食も付いていて、コーヒー、紅茶はいつでも飲み放題です。

 

イベントも盛り沢山

毎日、市内、もしくは近郊のイベントがあります。週末は、ワインパーティなど、ゲストハウス内でのイベントも!

 

ルーフトップが最高!

このゲストハウス、ルーフトップがあるんです!

バルパライソの街並みが一望!とはいきませんが、開放感があって最高です。

バルパライソはいつも天気が良く、1ヶ月の内で、雨は1日もなく、曇りの日が3日ほど。時間が空いた時は、常にルーフトップでくつろいでいました。

 

宿泊料金

気になる宿泊料金は、以下の通り。

  • ドミトリー:9000ペソ(1500円)
  • 個室(2名まで):25000ペソ(4100円)

バルパライソではゲストハウスのドミトリーが、7000〜12000ペソ程なので、中間くらいの値段設定。朝食付きということを考えると、コスパは悪くないです。

 

Hostal Poでの生活

お仕事

仕事内容は、朝食の準備、ベッドメイキング、受け付け、SNS投稿、キッチン掃除、そして棚作りやルーフトップの修理などのDIY仕事。基本的には超楽です。

それぞれの仕事(時間)ごとにシフトが組まれていて、わかりやすい。

僕と同じようなボランティアが他に3人。イギリス出身のBenとJason、アメリカ出身のChris。3人ともスペイン語ペラペラなので、スペイン語勉強も捗る最高の環境!

仕事時間は週単位で決まっていて、週に25時間。見返りには宿泊費と朝ごはん。ニュージーランドのゲストハウスで同様の仕事をした際、仕事は10時間/週だったので、倍以上働かなくてはいけない。

その理由は、最低賃金の違い。ニュージーランドの最低賃金は時給1500円ほどであったのに対し、チリの最低賃金は時給300円ほど。安すぎる。ニュージーに比べれば、宿代も多少安いとは言え、5分の1の賃金では仕方がない。

週7泊と考えると、宿代は1500円/泊×7泊=10500円。これを25時間の労働で得ると考えると、時給400円程。妥当な労働時間、もしくは最低賃金よりはかなり良いということになります。

実際、仕事はめちゃめちゃ楽で、受け付けのシフトなんて、ほぼ読書か映画鑑賞の時間です

 

毎日、新しい旅行客と出会える最高の環境

上述したボランティアの3人および、他のスタッフはもちろんのこと、ここはゲストハウス。毎日沢山のバックパッカーで溢れています。

仕事がない時間は、リビングやルーフトップで飲んだりしゃべったり、外に出かけたり。しかも彼らは、当然南米を周遊中。旅行情報の塊です。これから南米周遊を始める僕にとっては、最高の環境!穴場スポット、安宿、安い移動手段、危なかったエピソードなど、毎日毎日違う人から聞くことができます。

マネージャーのミゲルと。最終日

また、今後のルートで再会できそうな人とは連絡先も交換。今後の旅に役立つ出会いが沢山ありました。

 

スペイン語の勉強

スペイン語の勉強において、ゲストハウス滞在は本当に大正解でした!

なぜなら、ここにはスペイン語と英語がペラペラな人達が山程いるからです

スペイン語の勉強には、南米訪問前に大学などで勉強している場合を除き、日本人に限らず欧米人バックパッカーも、南米周遊前に現地で学校に通う人が多い。

スペイン語学校は南米には沢山あり、物価の安いエクアドル、ボリビア、ペルーが主流。日本人には、なぜか中米のグアテマラが人気で、メキシコinから中米を周遊し、グアテマラで2週間〜1ヶ月程勉強して、南米に入り、南下というのが黄金ルートです。

話を戻すと、僕の場合はまず南米の南端、しかも物価の一番高いチリに来てしまった訳です(NZからの飛行機が抜群に安かった)。そして、到着後、スペイン語の必要性をヒシヒシと実感。しかし、物価の高いチリ、ましてや観光地バルパライソで語学学校に通うなんて、考えられない。調べるまでもなく、高いのは目に見えてます。

ただし!このご時世、学校なんて通わなくたって、パソコンさえあれば独学で、しかも十分に!語学勉強できちゃうんです!自他共に認める集中力の高さを持つ僕には、これで十分でした。しかもそれだけではない。

ここには、スペイン語と英語がペラペラな人達が山程いる!

わからなくなったらすぐに聞けるのは、もちろん。独学でネックになりがちな、会話、発音練習もバッチリできちゃう!ボランティアスタッフはペラペラなので、文法や語彙の質問を。また、滞在しているバックパッカー達はカタコトなので、会話練習に最適。

これを上手く使い分ける事で、1ヶ月のテキトー独学(あれ?)で、そこそこ喋れるようになりました!

こちら >>> 【南米周遊】語学学校はいらない!独学でスペイン語を勉強する方法!

 

まとめ

ということで、バルパライソのゲストハウス、Hostal Poでの生活についてでした!

基本的にいつでもボランティアを必要としているみたいなので、バルパライソを気に入って、時間に余裕のある方は連絡してみると良いかもしれません。

ボランティア希望でなくても、最高のゲストハウスなので、オススメです!何より、ルーフトップが最高!

<<< 関連記事はこちら >>>

【チリ観光】アートに溢れた美しい街、バルパライソの歩き方!

【チリ観光】バルパライソの隣町ビーニャ・デル・マール へ!

【チリ観光】バルパライソから1時間!コンコン砂丘が楽しい!

【チリ観光】街歩きが楽しい!サンティアゴで見るべきスポット(2018年版)

【注意!】2018年からチリでのSIM利用には登録が必要に!

See you!

Always think easy, go easy.

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。