【壱岐観光】壱岐の行き方・歩き方をイキイキ大紹介!!

Japan
Shozza
ハロー!Shozzaです!

今回の記事では、以前、青春18きっぷで九州を一周した際に訪れた、長崎県の壱岐への行き方と、歩き方について紹介します!

壱岐、最高すぎました。。

壱岐とは

まず、初めにみなさん!

「壱岐」についてどこまで知っていますか?

学校の授業で数回聞いたことがあるけど、あんまりよく知らない、、という人が多いのではないでしょうか?関東圏では、下手したら、どこにあるか見当もつかない人も多いかも、、

ということで!

もっと壱岐を知ろう!壱岐丸分かり九箇条!

  1. 九州から北に17km、長崎県の島
  2. 神話の伝説が豊富な神聖な島
  3. 縄文、弥生、古墳遺跡が多い
  4. 三国志にもその名を連ねる歴史ある島
  5. モンゴル帝国が攻めて来た際(元寇)の戦闘場
  6. 海が綺麗
  7. ご飯が美味しい
  8. 人が優しい
  9. ヒッチハイクが簡単

どうでしょうか!

後半かなりざっくりしましたが、意外と知られてないことが多くありませんでしたか?

東京23区の4分の1程の大きさしかないにも関わらず、神話から縄文、弥生、古墳時代の遺跡、鎌倉時代や、近代の戦争時においても要衝となったこの島は、歴史の舞台となることが多かったのです。ということで、遺跡や博物館、神社など見どころが至る所にあります。

そして、海が綺麗で、ご飯が美味しいと。1日中存分に満喫することができます!

 

壱岐への行き方(イキへのイキかた)

福岡県の久留米から西唐津駅まで電車で来て、壱岐行き(イキイキ)のフェリーが出る唐津港まで歩いて来ました。

余談ですが、本当は久留米から長崎本線で佐世保を向かう途中、乗り換えで止まった久保田駅にて、「へ〜、ここから唐津線ってので、唐津まで行けるんだ〜。へ〜、そこから壱岐までフェリーで行けるんだ〜。へ〜、今から向かえば、時間ぴったりのフェリーあるんだ〜。はい、壱岐に変更!」と、ノリで行き先を壱岐(イキ先をイキ)に変えたのでした。

ということで、現地にてフェリーのチケットを買い、船に乗り込みます。

あっという間に出航し、九州を後にします。

2時間弱で壱岐に到着。唐津港発着のフェリーは「印通寺港フェリーターミナル」に到着します。

博多港発着場の「郷ノ浦港」と「芦辺港」とは異なるので注意が必要です。

 

フェリーの種類

フェリーは上述の唐津港と、博多港から出ています。博多港発着便には壱岐島での到着先別に、「郷ノ浦港行き」と「芦辺港行き」の2種類があります。料金はいずれも2000円前後。

唐津港⇄印通寺港

唐津港発着便は、壱岐島の南東に位置する印通寺港に到着します。フェリーの種類は、「エメラルドからつ」と「あずさ」の2種類。

  • 所要時間:1時間45分
  • 料金:1950円
  • 本数:1日5本

博多港⇄郷ノ浦港

博多港発着便の一つで、壱岐島の南西に位置する郷ノ浦港に到着します。フェリーの種類は、九州郵船のフェリー「きずな」と「ちくし」の2種類。

  • 所要時間:2時間20分
  • 料金:1980円(2等席)、2800円(1等席)
  • 本数:1日3〜5本

博多港⇄芦辺港

博多港発着便の一つで、壱岐島の北東に位置する芦辺港に到着します。フェリーの種類は、九州郵船のフェリー「きずな」と「ちくし」の2種類。

  • 所要時間:2時間10分
  • 料金:1980円(2等席)、2800円(1等席)
  • 本数:1日3〜5本

 

壱岐での歩き方。ヒッチハイクしちゃいなよ

壱岐島内での移動方法ですが、基本的にはバスでどこにでも行くことができます!

壱岐交通ホームページ

バス路線図

しかし、難点はそんなに便数が多くないということ

そんなにセカセカ回らないのであれば、問題はありませんが、やっぱり不便。そこで便利なのが「ヒッチハイク」です!

ゲストハウスなどで「移動に困ってるんだよね〜」というと、みんなが声を揃えて「ヒッチハイクしちゃいなよ」と言います。「壱岐でいきなり(イキでイキなり)ヒッチハイクは、、」と思いましたが、物は試し。外に出てやってみます。

ゲストハウスで貰ったダンボールに行き先を書いて、向かって来る車に向けてアピールします。

面白いことに、半数以上がスピードを緩め、行き先をじっくり確認。そしてNGの場合は、フロントガラス越しに頭を下げてくれます。無視する人がほぼいません。

優しい。優しすぎる。。

公共機関の少ない壱岐では、ヒッチハイクが日常茶飯事で、地元民もよくやるんだとか。

そんなこんなで、簡単にヒッチハイクすることが可能でした。

4日間の滞在で、実際にバスは最初の1回しか使っていません。あとはヒッチハイクと、ゲストハウスの自転車だけで済みました。

自転車もオススメですよ!

 

まとめ

今回の記事は「壱岐の行き方と、歩き方」についてでした!

見どころが盛り沢山の壱岐観光については、また別記事で紹介します!

<<< 関連記事 >>>

【壱岐観光】見どころ満載!オススメスポットを大紹介!

【屋久島観光】日本のマダガスカル!動植物の楽園「屋久島」を大満喫!

蝶ヶ岳山頂から見える奥穂・槍・八のパノラマが最高!

ネギ1本丸かじり!?福島県は大内宿の「ねぎそば」がすごい!

See you!

Always think easy, go easy.

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。