【バリローチェ観光】ジャオジャオ(Llao Llao)のトレッキングがオススメ!(2018年版)

Argentina
Shozza
ハロー!パタゴニアでトレッキング三昧のShozzaです!

今回の記事は、バリローチェの人気観光地、ジャオジャオ(Llao Llao)について!

アルゼンチンのバリローチェと言えば、「南米のスイス」と呼ばれる程、景観の美しい街。また、パタゴニアの玄関口として、沢山の観光客が訪れる一大観光地です。

しかし、残念なことにこの街を訪れる日本人は、数日の滞在が多い。確かに早く、パタゴニアへ南下したい!チリや、アルゼンチン北部に抜けていきたい!と、言う気持ちはわかります。

しかし、このバリローチェ、結構見どころが多いんです!

特にオススメなのが「ジャオジャオ(Llao Llao)」というエリア。パタゴニアの大絶景を感じることができます。

ということで、この記事ではジャオジャオでのハイキングについて紹介します!

パタゴニアとは

パタゴニアとは南米大陸の南部分、チリとアルゼンチンにまたがる地域の総称です。パタゴニアのイメージといえば、アウトドアブランドの「patagonia」のイメージ通り、「山」と「大自然」。

雄大かつユニークな形状をした山々を誇るパタゴニアは、世界中のトレッカー憧れの地です。

縦に長いパタゴニアを、僕は上から下に南下しました。

こちら >>> 【完全保存版!】パタゴニアで絶対行くべきスポット全部公開!(2019年)

 

バリローチェとは

バリローチェはアルゼンチンのパタゴニア北部に位置する、パタゴニア観光の出発地または、最終地点となる都市です。

街は「南米のスイス」と呼ばれる程に美しく、街の至るところに美味しいチョコレート屋さんや、レストランが立ち並びます。しかも、街の奥には雄大なアンデスの山々が広がる。そうした景観が、スイスを彷彿させます。

しかも、絶景が拝めるトレッキングコースも多数あり、登山好きにはたまらない。実際、僕は2泊宿を予約してから来ましたが、結果6泊しました。

こちら >>> 【2019年最新版】バリローチェ丸わかり!市内観光から登山まで!

 

ジャオジャオ(Llao Llao)とは

ジャオジャオ(Llao Llao)とは、バリローチェの街から西に30km程、バスで1時間ほどの所に位置する山岳リゾートです。

市内からは頻繁にバスが出ていて、簡単にアクセス可能。バスからの景色も最高です。

ジャオジャオと言えば、上記写真の高級ホテル「ジャオジャオホテル」が有名。アンデスの山とのコラボが美しい。

ジャオジャオ付近には、簡単にハイキング可能なジャオジャオ山(Cerro Llao Llao)の他にも、サイクリングなど、パタゴニアの大自然を満喫できるアクティビティーが盛り沢山。

ジャオジャオ付近で、僕がオススメするのは、以下の2つです

 

サイクリング(Circuit Chico)

ジャオジャオの人気アクティビティーと言えば、ジャオジャオ半島を自転車で一周する「Circuit Chico」です。

上記写真のオレンジ丸のところで、ジャオジャオ行きのバスから下車し、自転車をレンタル。料金は1日で1500円程と聞いています。(僕は実はやっていないんです、、)

そこそこアップダウンもあり、大変だとは聞いていますが、それ以上に大絶景を見ながらのサイクリングは圧巻と、皆んながオススメしていました。

ちなみに距離は1周27km程あり、休憩なども入れると、8時間程かかるかなと思います。ですので、1日がかりのサイクリングになります。

その帰りに、有名なカンパナリオの丘(ロープウェーで)に登って帰るのも、アリかと思います。サイクリングのスタート地点は、カンパナリオの丘の近くなので。

 

ジャオジャオ山ハイキング

次にオススメするのが、今回のメインテーマの「ジャオジャオ山ハイキング」です。 

ジャオジャオ山の山頂からは、有名なカンパナリオの丘から見えるアンデスの山々を、もっと近くから見渡すことができます。

お手軽なカンパナリオと比較すると、多少しっかりとした登山にはなりますが、それでも2時間もかからないくらいで、登山初心者でも簡単に登れちゃう山です。

登山の道中、山頂からのパノラマは本当に言葉にできないくらい美しいです

 

ジャオジャオ山ハイキングへGO!

まずは市内からバスに乗ります。ジャオジャオ方面に行くバスは20番の市バス。人気のカンパナリオ方面と同じバスなので、比較的沢山走っています。おそらく10分に一回程度。

バスに乗るには、SUBEというカードが必要です。

詳しくはこちら >>> 【2019年最新版】プエルトモントからバリローチェへのバス移動について!

このバスに1時間ほど乗車し、ジャオジャオホテル手前のバス停で下車。バスの乗客の半分以上がカンパナリオで降りて、残りの乗客のほとんどが、この駅で降りるのでわかると思います。

ちなみに、この20番のバスはジャオジャオホテルが最終駅で、そこから市内に折り返します。なので、帰りも同じバス停まで戻り、そこから同じく市内行きの20番バスに乗りましょう。

写真の建物がジャオジャオホテルです。広大な敷地内にゴルフ場やテニスコート、乗馬場などを併設した高級ホテル。指をくわえながら、敷地の横を山に向かって進みます。

ジャオジャオホテルから、77号線沿いに20分ほど歩くと、右側に登山道が見えてきます。

上の写真がトレッキングコース。矢印の部分から、赤点線の道を通り、Cerro Llao Llao(ジャオジャオ山)を目指します。その後は、山頂から同じ道を戻っても良いし、下山後の分かれ道で左に進み、ビーチを楽しむこともできます。

僕はビーチまで行った後、緑の点線の部分を下に進み、77号線を歩いて、ジャオジャオホテルまで戻りました。

所要時間は、ジャオジャオホテルからの往復で、大体こんな感じです。

  • ジャオジャオ山で引き返す:4-5時間
  • ビーチまで行く:6-7時間

登山道は植物が多く、歩いているだけでも楽しめます。

歩き出して1時間ほどで頂上に向けた急勾配に。ここまでは比較的平坦な道のりです。

あっと言う間に標高も上がり、アンデスの山々が見えてきます。

この登山、最高に気持ち良すぎます

野生動物も沢山。ニュージーを思い出します。

下の方に、停船中のクルーザーが見えます。

そしていよいよ頂上に到着!

写真じゃ伝わらないパノラマビュー!この景色が200°くらい広がります!(わかりにくい)

ランチタイム。本当に、本当に最高でした、、

1時間ぐらいうっとりしながら休憩して、下山。下山後は来た道を戻らず、ビーチへ。

水の色が綺麗で、アンデスの山との調和が美しい!時間がある人には、オススメです!

ビーチでこれまた1時間くらいゆっくりした後は、77号線まで30分くらい、そこから国道沿いにさらに1時間歩き、バス停まで戻り、帰宅しました。

 

まとめ

ということで、ジャオジャオ山トレッキングについてでした!

トレッキング自体はそんなにキツくなく、カンパナリオの丘よりも迫力のある景色を見ることができます。

また、バリローチェの登山では、カンパナリオの丘やジャオジャオ山とは、全く異なる景観が楽しめるカテドラル山のトレッキング」もオススメです!

バリローチェでゆっくりする時間のある人には、是非訪れてもらいたい穴場スポットです!

<<< 関連記事はこちら >>>

【2019年最新版】バリローチェ丸わかり!市内観光から登山まで!

【バリローチェ観光】カテドラル山が半端ない!最高にオススメ!(2018年版)

【2019年最新版!】アルゼンチン、バリローチェでの両替事情について!

【2019年最新版】パタゴニアではSIM(ネット)が使えないよ!買わなくてOK!

【2019年最新版】プエルトモントからバリローチェへのバス移動について!

【南米観光】チリ、アルゼンチンのバス検索・予約方法(2018年版)

See you!

Always think easy, go easy.

ShozzaTripをフォローしよう!

メールアドレスを記入してフォローボタンをクリックすれば、更新をメールでお知らせします!
Instagramのフォローも待ってます!