【2017年版】ラオスのルアンパバーンを楽しむ方法!バイク旅が最高!

Laos
Shozza
ハロー!ニュージーランドでワーホリ中のShozzaです!

バックパッカーの沈没地としても名高い、ラオス1の観光都市「ルアンパバーン」!意外にも物価が高く、また観光地化し過ぎてて、個人的にはそこそこでした。

しかし!楽しむ方法は沢山あります!

この記事では、ルアンパバーンのオススメの歩き方について紹介します!

ルアンパバーンとは

「ルアンパバーン」は、ラオスの首都ビエンチャンよりも、有名かつ人気の観光地です。

14〜18世紀頃まで盛えた、ラオ族王朝の首都であったこの街は、鎌倉や京都のように今日まで古都の姿を残しています。また、アジアの中でも比較的早い時期に世界遺産に登録された街でもあります。

ラオスに来る旅行者で、ルアンパバーンを訪れない方はいないと思います。

 

ルアンパバーンの行き方

ルアンパバーンに行くには、首都のビエンチャンなどのラオスの他の町から行く場合と、タイやベトナムなどの隣国から行く場合になると思います。

 

ラオス国内から行く場合

  • 飛行機

首都のビエンチャンから直行便が出ています。

  • バス

ラオスでは一番メジャーな移動方法。大型のバスと、小回りの利くミニバンの2種類あり(ミニバンの方が早く、高い)。

 

隣国から行く場合

  • 飛行機
  • バス
  • ボート

タイのチェンライから行く場合のみ、ボートで行くことが可能です(逆ルートも可能)。中でも2日かけてゆっくり移動する、スローボートは大人気の移動手段です。

こちら >>> 【2017年版】タイからラオスのルアンパバーンにスローボートで移動する方法

ビエンチャン→バンコクはこちら >>> 【2017年版】ラオスの首都ビエンチャンからバンコクへ。快適な寝台列車旅!

以下、ルアンパバーンの歩き方を紹介します!

 

市内観光

ルアンパバーンの町自体は大きくはなく、半日歩けばほぼ一通り回れてしまいます。

 

メコン川、ナムカーン川

ルアンパバーンの町はメコン川とナムカーン川に三方を囲まれているため、どこを歩いていてもすぐに川に出くわします。

川沿いには宿、カフェ、屋台があり、賑わっています。

現地人の移動手段はボート。常に川沿いにはボートがあり、人数が揃うと出発します。

 

ワットシェントーン

市内を歩いていると一際目につく、豪華な仏教寺院です

 

プーシーの丘

ルアンパバーンで大人気の観光スポット、プーシーの丘。ここから市内を見渡すことができます。特に夕日の時間は大人気で、大混雑します。

頂上までは10分ほど登りが続きます。

頂上に着くと、ルアンパバーンの美しい街並みが一望できます。

徐々に日が落ちてきました。

山々の影に隠れて行くサンセットがとても綺麗です。

 

夜市

夕方を過ぎると、街中では徐々に夜市の準備が始まります。

お土産から日用品、食料まで何でも揃います。

屋台も沢山出ていて、安くて美味しいです!

オススメは、ビュッフェ形式の屋台!

お皿を貰って、好きなだけ盛ることができます。野菜から肉、魚、米、果物まで何でもあります。

 

バイクを借りて郊外へ!

市内以外にも、ルアンパバーン周辺には見所が沢山あります!

  • クアンシーの滝
  • パークウー洞窟

中でも上記の2つは大人気で、市内のあらゆるところでこの2つを回るツアーの勧誘が行われています。

しかし!

オススメはバイクをレンタルして、自分で行くことです!

観光客が多く、ゴチャゴチャしているルアンパバーンの町から少し離れると、そこは別世界!

現地人の暮らす本当のラオスの生活が見えてきます。

何か気になる物を見つけたら、バイクをとめて散策。そこには必ず面白い出会いが沢山あります!

 

バイクの借り方

バイクは市内のどこでも借りることが可能です。

市内の方が少し安くなりますが、泊まっているゲストハウスで借りることも可能です。

相場は大体、24時間で100000〜150000キップ(1300円〜2000円)程。

 

クアンシーの滝

市内からバイクを走らせること2時間弱でクアンシーの滝に着きました。ルアンパバーンの代名詞とも言える、大人気スポットです。

エメラルドの湖が綺麗!

滝は棚田のようになっていて、幻想的な風景です。

滝も迫力があります。

前日の夜市で仲良くなった香港人のジョアナとジェイと、時間を合わせて再会しました!

 

バイク旅の魅力

当初、クアンシーの滝からパークウー洞窟へ行くつもりでしたが、道中で寄り道をしすぎたせいで、洞窟を断念。

しかし、それほど、この寄り道が楽しかった。ガイドブックにもインターネットにも載っていない、小さな町や集落を回って、現地人と触れ合う。その方が何倍も楽しい。

廃校のような空き地で遊んでいた子供達。

普段、観光客なんて全く来ない辺鄙な場所に原付で乗り込んできた僕に、最初は完全に戸惑っていました。笑

小さな集落を見つけました。子供達もみんな働き者です。

動画がオススメです!

そして、また少し走ると急に右横から激臭が。

気になって向かってみると、5分程で小さな丘が見えてきました。

驚きました。激臭の正体は、ゴミの山でした。

嗅いだことのないほどの悪臭で、写真を数枚撮って早く立ち去ろうとしたその時、瓦礫の中から子供の声が聞こえてきました。

なんと、子供達が遊んでいます。

それどころか、よく奥を見るとゴミ山の中に集落があって、生活している人たちがいます。

会話ができる筈もありませんが、何も話しかけずに立ち去ることはできませんでした。子供達はずっと笑顔で、ずっと何かを僕に話しかけてきます。わからないよ!と言っても、ずっと笑ってます。笑 楽しくなって、僕も笑って、子供達の真似をします。

その後も一緒にバイクに乗って、ゴミ山の上を走り回りました。彼らは最後の最後まで、市内の子供達のように、お金やモノをせびる事もなく笑っていました。持っていたタイで買ったチョコをあげると、不思議そうに眺めていました。

この後も、たまに思い出しては色々考えるけど、なんだろう。助けたいって感情も違う。だってこの時、一緒に遊んで、自分自身も本当に楽しかった。今も、あの子達はきっと毎日楽しく生活してると思うし、また会いたいなって思う。今は、忘れないことが大事。

また少し走ると、夕日に照らされた畑の中の小屋が見えてきました。

気になって近づくと、トタン屋根の下で何やら宴会しています。

とってもフレンドリーなラオス人。お前も来い!ってことで宴会に参加します

手前のおっちゃんの右手のペットボトルに入っている透明の液体が注がれ、さあ飲め!と言われます。

いや、なんやねん、その液体
おっちゃん
飲んでからのお楽しみだ!
いや、わかるよ、普通に。酒だろ。

だってもう、皆んなベロンベロンだもん。左の有田似のおっちゃんなんか、ずっと寝てるし。

味は完全に焼酎。飲めば飲むほど、注がれてキリがない。バイクだなんて、通じるわけもない。もう飲まん!と言うと、しょうがねえ、と言って自分で飲みます。

と思ったら、口に少し含んで、残りをコップごとシャっと捨てます。しかも、口に含んだのもピュッと吐き出した!

はあ?

しかも、次のおっちゃんも、次のおっちゃんも同じことを繰り返す。

え、それが正しい飲み方?

聞いてませんけど?めっちゃ飲みましたけど?

おっちゃん達は笑ってます。酔っ払いうぜえ。笑

動画もどうぞ!

楽しい宴会でした。

 

ルアンパバーンから北上!小さな田舎町・ノンキアウへ

ルアンパバーンからバスで5時間ほど、北上したところにある小さな町、ノンキアウに行きました。

ルアンパバーンのように観光客も多くなく、静かな町です。

見所もそんなにありませんが、ゆっくりできて、オススメの場所です。

詳細はこちら >>> 【ラオス観光】ルアンパバーン北の田舎町、ノンキアウが最高!

 

まとめ

ルアンパバーン自体は見所も少なく、物価も高く、ゴミゴミしてるので、あまり好きではありませんが、その周りには楽しめる場所がたくさんあります!

特にオススメはバイクで郊外を回ることです!

<<< 関連記事 >>>

【2017年版】タイからラオスのルアンパバーンにスローボートで移動する方法

【ラオス観光】ルアンパバーン北の田舎町、ノンキアウが最高!

【ラオス観光】自然とアクティビティ満載の町、バンビエンがアツい!

See you!

Always think easy, go easy.

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。