【2017年版】セブのコスパ最高の宿!Noordzee Hostelで贅沢ステイ!

Philippines
Shozza
ハロー!フィリピンのセブで短期語学留学中のShozzaです!

フィリピンのセブと言えば、リゾートとしても大人気ですが、近年は格安で語学留学ができるとして留学先としても人気を集めています。

ということで、僕もニュージーランドでのワーホリ前に1ヵ月だけ、セブのQQEnglishという学校に語学留学しています。しかし、一大リゾート地のセブ島!もちろん勉強だけの1ヵ月間ではありません!授業のない土日に色々なところに出かけました。

今回は、ネットサーフィンで見つけた海沿いのゲストハウス、Noordzee Hostel(ヌールジーホステル)についてです!

ここが、これまで滞在した全世界のゲストハウスで間違いなくトップ3に入るコスパの良いゲストハウスでした!

👇 その他の観光地についてはこちら 👇

【2017年版】ボホール島観光はレンタルバイクが超オススメ!

2018.06.13

フィリピンはセブのローカルビーチ、モアルボアルでリラックス!

2018.06.11

Noordzee Hostel(ヌールジーホステル)とは

ヌールジーホステルはセブ島の南、ジンベイザメで人気のオスロブ近くにある海沿いのリゾート型ゲストハウスです。

参考:Cebu Timeshare (http://cebu-timeshare.com/cebu-whale-shark-watching/)

オスロブは野生のジンベイザメと間近で一緒に泳げるとあって、ボホール島に次いでセブで大人気の観光地です。ヌールジーホステルの滞在者の中にもオスロブへの拠点としている方も多くいました。

オスロブ周辺はリゾートホテルも多く物価も高い一方で、ヌールジーホステルはドミトリーで一泊400PHP(800円)と格安です。

しかも、ゲストハウスにも関わらずプライベートビーチ付き!内装も綺麗!ということで、今回はこのヌールジーホステルに滞在することに決めました

Noordzee Hostel

 

ヌールジーホステルへの行き方

ヌールジーホステルへはセブシティ内のSouth Bas Terminalからオスロブ行きのバスに乗り、3時間ほどで着きます。

South Bas Terminalの様子

グーグルマップではヌールジーホステル手前のBoljoonという町でバスを下車し、1kmほど歩くことになっていますが、Boljoon到着時に、『Noordzee Hostel前で降ろして!』と言えば、多分そこまで連れて行ってくれます。僕はそれでホステルの目の前まで行きました。

 

ヌールジーホステル到着

ゲストハウス入り口裏。ガードのお兄さん達

ゲストハウスは全体を高い壁(反対側は海)で囲まれていて、唯一の入り口には常にガードがいるため、セキュリティバッチリです。

ゲストハウスにガードなんて、初めて見たかも。。

入り口を抜けると、すぐ右側に受付が。イギリス人オーナーの奥さん(フィリピン人)が優しく案内してくれました。

最安値はベーシック(エアコンなし)で400PHPですが、口コミ情報に夜は暑くて寝れないとあったので、エアコンありのデラックスにしました。お値段は700PHP(1400円)。

入り口左には、カフェ兼バーがあります。リゾート感満載&オシャレで雰囲気抜群。

キッチンの様子

カフェから海が一望できます。

下を見ると、ゲストハウスのプライベートビーチが!

リゾートホテルに比べるとこじんまりとしていますが、滞在客も多くないので、十分!早速下におります!

下の雰囲気も良い〜!

なんと、鳥が放し飼いにされています。笑

小っちゃいプールもあり。

このプール、夜はライトアップされて、雰囲気最高です。笑

夜のプール

鳥達も。笑

下にも軽食が食べれるバーがあります。

プライベートビーチ!!海も透き通っていて綺麗!

カーテン付きのクイーンベッドもあって、最高!

しかも、なんと!ビーチに2人用の可愛らしいコテージも!カップルで来たら絶対ここに泊まりたい!

どうですか!これが最安値、一泊800円!!エアコン付きでも1400円!!

ハンパない!!

 

カフェでゆっくり

ヌールジーホテルは何と言っても静かでリラックスできる!朝から夜まで何をするでもなく、リラックスしている方が多いです。

海を見ながらコーヒーブレイク。

みんな朝からコロナを飲んでいます。

ビールを飲みながら読書。

パスタも美味しいです。

ご飯を食べていると、ゲストが!

可愛いので様子を見ます。

 

早起きしてサンライズ!

ベッドから降りて、5秒でビーチ!

こんな最高のロケーションない!しかもビーチは東向き!そうです!サンライズに持ってこいなんです!

雲が多いですが、徐々に明るくなって来ました。

綺麗です。。

ついにサンライズ!

こんなにゆっくり見られたサンライズはなかなかないな〜。飽きたらすぐにベッドに戻れる。

ここ、本当にオススメです!

 

マリンスポーツも

無料で借りれるSUPボード

受け付けでシュノーケリング(有料)を借りたり、ビーチに無造作に置かれているSUPボードも無料で借りることができます!

使う人も少ないので、好きな時にいつでも使うことができました。

SUPで沖まで行き、ゲストハウスを見ます。

沖には4〜5人が乗ることのできる浮き島があって、ここで他のゲストと交流。

SUPしている人がいたり、シュノーケリングを楽しむ人もいれば、浮き島で昼寝をする人も。ゆ〜っくりとした良い時間が流れています。

 

晩御飯を求めてBoljoonの町へ

食事も美味しく、何不自由ないヌールジーホステル。食事も一回400PHP(800円)ほどと、リゾートと比べれば十分に安いです。

しかし、3食も食べているとそこそこ食費がかさむ。

しかも、ビールも飲む。結構飲む。(おい)

そして水が高い。

朝からビーチで日焼けしたり、泳いだり、SUPしたりしてるので、喉が渇いて、その度に買っているとそこそこキツイ。

ということで、晩飯がてら最寄りの町に散歩に行きます!

三輪バイクを呼んでもらい、隣のお店の子供達と乗り合いで町まで行きます。(片道80円ほど)

5分程でBoljoonの町に到着です。

町は小さく、特に何もありません。

残念ながら食堂もないので、パンと水を買って、プラプラします。

やることもないので、少し歩いて、明日の朝昼用のパンを購入して、ゲストハウスに戻りました。ちなみに、明日も昼前にここからバスに乗り、セブシティに戻ります。

 

まとめ

たまたまネットサーフィンで見つけたヌールジーホステル!ここが本当にコスパ最高のゲストハウスでした!

実は、月曜から授業があるので土日の1泊だけの予定でしたが、あまりの快適さにやられ、延泊し、月曜の午前中の授業をサボってしまいました。笑(授業をサボったのはこの時だけ。えらい。笑)

滞在者はオスロブや、トレッキングに出かけたり、1日中ビーチで寝ていたり、音楽を聴いていたり、フラフープしていたり、PCで写真編集していたり、、みんなそれぞれ、ゆっくりとした時間を送っていました。

セブに来て、費用を抑えて、ゆっくりしたい!という方には、絶対にオススメの場所です。僕もセブに来たらまた行くと思います。

See you!

Always think easy, go easy.

ブログランキングに参加しています

ここ行ってみたい!って思った方はこちらのボタンをクリック!

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。