【タイ観光】他には載ってない!パーイを100倍楽しむ方法(2017年版)

Thailand
Shozza
ハロー!タイでの予防接種の合間に、ラオスに足を伸ばしているShozzaです!

さて、皆さんはタイの「パーイ」という街を知っています

日本人にはあまり聞きなれない地名かと思います。しかし、東南アジアを旅行していると、かなりの確率でタイ北部のこの街の名前に遭遇します。実は、このパーイという街自体がバックパッカーによって作られた場所なんです。

話を聞いてみると、、

元々はタイからミャンマーに抜ける際の、経由地としての小さな田舎町だったが、その壮大な大自然に惚れ込んだバックパッカー達が移住を始め、安宿やバーを開く。

その噂を聞きつけたバックパッカーが訪れ、沈没し、噂を広げて行く。

という形でこの「バックパッカーの楽園」が出来上がったとのこと。

どうですか?こんな話聞いたら行きたくなりませんか?

この噂を聞きつけ、まんまと僕もパーイ行きのバスに乗り込み上陸してみたところ、完全なる沈没を果たしました。

なぜなら、パーイ最高である!!!!

ということで、この記事では、バックパッカーの聖地「パーイ」について紹介します。

 

タイ北部の町、パーイの行き方

パーイ爆走中に出会った二人

  • 移動手段:チェンマイからバス
  • 所要時間:4時間
  • 運賃:150B(450円)
  • 予約方法:ゲストハウスか、市内で簡単に予約可能

ヘアピンカーブがすごいので、酔い止め必須。セブンイレブンで5Bで購入可。

しかし、薬の効き目がすごくて、すぐに強烈な睡魔に襲われますが、安心して寝てください。無駄に抵抗して寝ないと、猛烈な頭痛に襲われます(実証済み)。

 

パーイでやるべき5つのこと

さて!ここでは「パーイでやるべき5つ」のことを紹介します!

簡単にまとまると、こちら!

  1. 何もしない
  2. カフェ巡りをする
  3. レンタルバイクで、観光スポットを巡る
  4. 伝説の日本人村「ムーンビレッジ」を訪れる
  5. ミャンマー国境付近の山奥のお寺で瞑想修行する
後半に行くほど、面白い!そしてオススメです!

 

何もしない

植野がいつも「何もしない」をしていたカフェ

やるべきこと1つめが「何もしない」!?パ、、パードゥン!?

正直、パーイの魅力はこれに尽きます。

何でしょう。何もせずに、ゆっくりさせたくする何かがパーイにはあるのです。「せっかく旅行に来ているのに、何もしてないじゃん!」という罪悪感を持たせない何かが。

そして、人はこの現象をこう呼ぶのです、「沈没」と。

ちんぼつ〜!!

「何もしない」とは言え、町でお土産を見たり、カフェでゆっくりしたり、食べ歩きしたり、ホステルでゆっくりしたり、結局色々しちゃいます。「セカセカ観光しないよ!」って意味合いです。

 

カフェ巡りをする

「何もしない」の同類じゃない?って感じですが、項を設けて特記したい!それ程よい!

チェンマイもチェンライもそうですが、タイ北部には本当に美味しくてお洒落なカフェが沢山あります!

どのカフェも、コーヒーを飲むだけでなく、ゆっくり長居させてくれる。WiFiはもちろん、充電スペースがあったり、くつろげるようにフラットシートになっていたり様々です。

街中のどこのカフェに行っても、ノマドワーカーや、本を読んでいる人が多かったです。

ここのコーヒー、本当に美味かった。。ほぼ毎日通ってました。

WiFiパスワードもオシャレ!

 

レンタルバイクで、観光スポットを巡る

パーイ郊外

ようやく、観光っぽくなりました。

なんだかんだ言っても、パーイもそれなりに見所はあります。

それらの観光地を巡るのは、ツアーもありますが、見所がそんなに遠くないというのと、マイペースにゆっくりするというパーイの雰囲気に飲まれて、滞在者の8割程が原付をレンタルして、各自で回ります。

自由気ままに動くことができて、オススメ!

原付の借り方
  • レンタル場所:市内どこでも。ゲストハウスでも可
  • 料金:100~200B(300~600円)/ 24時間

僕は300B(900円)で72時間レンタルして、ゆっくりと見所を回ったり、カフェに行ったり、何もない山中のオフロードを爆走したり、田舎の街を訪問したりしていました。笑

パーイの観光スポットについては、後半で詳しく紹介します!

 

伝説の日本人村『ムーンビレッジ』を訪れる

実はこの「ムーンビレッジ」どこにあるか分からない」「地元の人に聞いても誰も知らない」「しかし!パーイの近くにあることは確かである!」という謎の日本人村。

調べても簡単には行き方は出て来ず、唯一見つかった手がかりが、手書きのしょぼい地図。

もちろん、この地図がいつ書かれたのかはおろか、正しい地図かどうかも分からない。

めっちゃ楽しそうじゃん!実写版「ザ・ビーチ」じゃん!

ということで、行って来ました。最高の出会いが沢山。。

こちら >>> 「パーイの日本人村「ムーン・ビレッジ」を探しに行ってみた

 

ミャンマー国境付近の山奥のお寺で瞑想修行する

バンコクで仲良くなったドイツ人の女の子から、この瞑想寺「Wat PA Tham WUA」の噂を聞来ました。このお寺が、パーイから2時間程のところにある!ということもあって、面白そう!ということで行って来ました。

瞑想寺の情報
  • お寺:

  Wat PA Tham WUA

  • 行き方:
    • パーイからメーソンホン方面のバスに乗車し、「Wat Mae Suya」というお寺を過ぎたあたりのところで下車。バスに乗るときに、運転手に「Wat PA Tham WUA!」と言えば、そこで止めてくれます)
    • バス下車後は、15分ほど歩く(一本道なので、簡単にたどり着けます)
  • 詳細:
    • 大自然の中にある広い敷地のお寺。敷地内には池、川、草原、山、洞窟などがあり、休み時間には好きなところで瞑想したり、本を読んだりできる
    • 予約は必要なく、誰でも好きなときに来て好きなときに帰って良い
    • 服は全身白が厳守で、上下とも無料でレンタルできる
    • 宿泊先はドミトリーの場合もあるが、個人用のコテージも沢山ある(選べない)
    • 1日2回(朝、昼)、めちゃめちゃ美味い精進料理が好きなだけ食べれる
    • 瞑想修行・宿泊・食事代は一切かからず、すべて「寄付制」

結構人気で、僕が行った時は80人くらいいました。男女比は大体半々くらいで、出身は欧米人が7割、タイ人1割、その他2割といった感じ。

本当にめちゃめちゃ良い経験でした!スーパーオススメです!!

こちら >>>「パーイの瞑想寺「Wat Pa Tham Wua」の行き方と修行内容

 

 

パーイの観光スポット

Pambook Waterfall

「Pambook waterfall」は、市内からバイクで20分程度と、近くて一番行きやすい。バイクから降りて、滝壺まで5分くらいの歩く道中も楽しいです。

 

バンブーブリッジ

「バンブーブリッジ」は、Pambook waterfallから更に奥に20分ほど行ったところにあり、綺麗な田園風景が見えます。バンブーブリッジ自体はただの竹の橋で、特に何もありませんが、そこから見える景色は綺麗です。

大体はここで引き返すのですが、僕は何かに取り憑かれたのか、この先何もないと知りながら、ここから奥へオフロードを爆走し始めます。

オフロード爆走中。現地民が五度見くらいしてくる。

そして途中、なんかよくわかんない遊具が出てきた。ブランコっぽいな。面白そうやないかい。

もちろん遊びます。

こうやるのかな~こうかな~。あっこうだ!

結構楽しめました。(嘘)

ブランコを後にして、更に奥へ進むものの、本当に何もなくなったので引き返します。すると、前から原付に乗った男の子が爆走してくる。

うわ~いるんだやっぱり、俺と同じこういうバカが~

と、まさかの日本人!

この先、パーイで数日を共にすることになる「リョースケ」と巡り会いました。

 

パーイキャニオン

「パーイキャニオン」は、Pam Bok waterfallや、バンブーブリッジにも比較的近い、人気スポット。グランドキャニオンの小さい版ということで、残念スポットとも聞いていましたが、なかなか絶景!

特に夕方のサンセットは抜群に綺麗とのこと!

 

Tham Lod Cave

パーイからかなり遠い観光地で、ほとんどがツアーで行くようです。しかし、もちろんバイクでも行けて、市内から2時間ほど。僕達はバイクで行きました。

ここが結構楽しい!

ジャングルの中にある鍾乳洞で、入り口が川になっているので、ランタンを持ちながらカヌーで入って行きます。

アドベンチャー感満載で楽しめます。ちょっと遠いですが、パーイで一押しのスポットです。

 

温泉

実はパーイには温泉が沢山あります。しかも全て、大自然の中に!

今回僕らが訪れたのは、Tham Lod Caveに行く途中にあるSai Ngam Hot Spring」という温泉。ジャングルの中にあって、川と混ざり合っているため、秘境感満載で最高です。

入場料が30B(90円)と安いこともあって、結構賑わってました。地元民との交流も楽しい!

 

CAFE IN LOVEとPAI PRAYA RESORT

CAFE IN LOVE

PAI PRAYA RESORT

Pambook waterfall、パーイキャニオンに行く途中にあります。どちらも絶景を見ながらコーヒーやデザートを楽しめるということもあって、人気でした。

 

その他

僕がパーイで行った観光スポットは以上です。

そのほかにも、ワットプラタートメーイエンというお寺や、第二次大戦中に日本軍が建てたパーイメモリアルブリッジなどがあります。こちらも人気なので、時間があれば是非!

 

まとめ

パーイの町自体には目立った見所が沢山あるわけではないですが、ちょうど良い観光地が、ちょうど良い距離感であるところが僕にはグッとハマりました。

物価も安く長期滞在しやすい環境なので、ゆっくりと過ごしながら、たまに郊外にお出かけというスタイルが心地良い。また、必ず訪れたいと思える場所でした。

ということで、タイの楽園パーイについてでした!!是非行ってみてください!

<<< 関連記事はこちら >>>

【2017年版】チケットなしでコムローイ祭りに参加する方法

【2017年版】タイからラオスのルアンパバーンにスローボートで移動する方法

【2017年版】ビエンチャンからバンコクへ。快適な寝台列車旅

See you!

Always think easy, go easy.

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。