【パタゴニア観光】トーレス・デル・パイネ!日帰りトレッキング (2019年版)

Chile
Shozza
ハロー!パタゴニアでトレッキング三昧のShozzaです!

今回の記事は、パタゴニアの「トーレス・デル・パイネ国立公園」について!

パタゴニア観光のハイライトの1つであるパイネ国立公園。これまた、ハイライトの一つ、ペリトモレノ氷河の観光を終えた後に向かったのが、このパイネ国立公園でした。

このパイネ国立公園はキャンプや山小屋泊をし、数日かけてのトレッキングが有名ですが、僕は有名なトーレス・デル・パイネだけを見る日帰りトレッキングで行きました。

ということで、この記事ではトーレス・デル・パイネの日帰りトレッキングについて紹介します!

パタゴニアとは

パタゴニアとは南米大陸の南部分、チリとアルゼンチンにまたがる地域の総称です。パタゴニアのイメージといえば、アウトドアブランドの「patagonia」のイメージ通り、「山」と「大自然」。

雄大かつユニークな形状をした山々を誇るパタゴニアは、世界中のトレッカー憧れの地です。

縦に長いパタゴニアを、僕は上から下に南下しました。

こちら >>> 【完全保存版!】パタゴニアで絶対行くべきスポット全部公開!(2019年)

 

トーレス・デル・パイネ国立公園とは

トーレス・デル・パイネ国立公園は、チリ南部に位置する国立公園で、パタゴニア観光のハイライトの一つです。

 

View this post on Instagram

 

Mauroさん(@mauroalinstante)がシェアした投稿

その理由がコレ!!

国立公園の名前にもなっている「トーレス・デル・パイネ」です。意味は「パイネの塔」。この美しい3本の塔を見るために、世界中からトレッカーを呼び寄せています。

 

トレッキングコースは沢山!

トーレス・デル・パイネ国立公園内にはトレッキングコースが沢山あります。一般的には以下の3つが有名です。

  • 日帰り(トーレス・デル・パイネ()だけを見に行く)
  • Wルート青の点線):4〜5日
  • Oルート赤の実線):7〜8日

トーレス・デル・パイネを見るだけであれば、日帰りも可能ですが、それ以外にも見所は沢山!

 

View this post on Instagram

 

Alyssa Ramos 🌎 Travel Creatorさん(@mylifesatravelmovie)がシェアした投稿

そうした見所を見て回るのに、Wルート、Oルートが人気です。それぞれ、キャンプサイト、または山小屋に宿泊して、周ることになります。

WやOで周る場合、出発地点まで戻って来る他、公園内を走るシャトルバス)や、フェリーオレンジ)を利用することも可能です(別途料金)

 

キャンプサイト&山小屋は予約が必須!

山小屋とキャンプサイトは予約が必須です!しかも、ハイシーズンは大人気で、コレが常に満席状態!

もちろん日帰りトレッキングの場合は予約は必要ありませんが、WやOに挑戦したい!と思っている方は、早めに予約しましょう。

予約はオンラインで可能です。

予約サイトは、それぞれの山小屋、キャンプサイトによって2種類あり、ルート&泊まる山小屋を決め、両サイトから予約する必要があります。

ちなみに山小屋はめちゃめちゃ高いです

 

入山料がかかる!

パイネ国立公園に入るには、日帰りだろうが、数日キャンプしようが、入山料を払う必要があります。料金は21000チリペソ(3300円)。

高い!チリなめてる!

 

トーレス・デル・パイネ国立公園への行き方

はい。

実は、同じパタゴニアの人気トレッキングスポット、フィッツロイは簡単にトレッキングに行けるのに対し、パイネは行くのが大変なんです。

実は、拠点となる町から、片道2時間かけて行く必要があるのです(しかもバス代も高い)。

正直、パイネ(チリ)とフィッツロイ(アルゼンチン)、どっちかしか行けないのであれば、100%フィッツロイをオススメします

パイネの拠点となる町は、プエルトナタレスという小さな、何もない町。

しかも、パイネまでバスで2時間もかかる。それでよくも「拠点」と言えるなというような距離。

町からパイネまで行くには、市内にあるバスターミナルで往復、または片道のバスチケットを購入し、バスで向かいます。

バスターミナルには、沢山の同様のバス会社があるので、前日予約でも大丈夫だと思います(ハイシーズンでも、前日で平気でした)。

日帰りで行く場合は、なるべく早い時間のバス(7時)で向かいましょう。バス代は往復で12000ペソ(2000円)

バスは地図の青丸の部分で止まります。ここで、入山料を払い、登録カードを記入します。

そして、ここからトレッキングスタートかというと、そうでもない!

ここからスタートポイントまでは、歩いて45分ほどの距離があり、そこまでのシャトルバス(片道3000ペソ(500円))に乗る必要がある!

金の亡者!

もう、ダントツでフィッツロイをオススメします!

パイネとフィッツロイの比較
町から バス代 入山料 キャンプ場 山小屋
パイネ バスで片道2時間 往復3000円 3300円 有料 高い
フィッツロイ 徒歩5分 必要なし 無料 無料

パイネの紹介ページで、パイネをディスるのは良くないですね。笑

もちろん、パイネは最高です!ただ、フィッツロイも同じくらい良くて、もっと簡単に行けたよと!そういうこと!

とりあえず、入山料を払い、シャトルバス(もしくは徒歩45分)でトレッキングスタートポイントまで到達すれば、いよいよトレッキング開始です!

 

バスでパイネ国立公園に着いたら

バスでパイネ国立公園の入り口に着いたら、まずは入山登録と、入山料を支払います。

しかし、見てください!この行列!

普通に30分近く並びました!朝1のバスで来たのに!

というのも、プエルトナタレスのバスターミナルには沢山の会社のバスが止まっていて、全部同じ時間に出発します。その中でも、僕の乗ったバスは、出発に手間取り、ほぼ最後に到着。

おかげでかなり待つことになりました(それでも、その後から更に沢山バスが来ました)。

入山登録書を記入。

入山料を支払い、終了。

次にシャトルバスに乗り込みます。

シャトルバスも行き先は何箇所かあるので、トーレス・デル・パイネに行く場合は、「Las Torres」行きのバスに乗りましょう。

そして、このシャトルバスもこの長蛇!すぐにバスを探して、並びましょう!

僕の前日にパイネに行った友達の情報では、入山料支払い待ちをしている時に、シャトルバスのチケットを売っている人がいたらしく、この時にチケットを買っておけば、シャトルバスの行列を無視して、優先乗車できたとのこと。

しかし、僕が行った時には、そんな事はありませんでした。もしも、チケットを売っている人がいた場合は、買っておくと良いと思います

「なんでこいつ、こんなにセカセカしとんねん!」と思うかもしれませんが、日帰りの場合は、帰りのバスの時間もあるため、時間が重要なんです!(結果は、全く急ぐ必要なかった)

 

トレッキング開始!

シャトルバスから降りたら、いよいよトレッキング開始です!

この日は曇り空。遠くの山にも雲がかかっています。

少し行くと、ロッジが見えてきます。夜の内にここにきて泊まり、次の日の朝から出発するという人も多いです。

始めの30分ほどは登りがキツイです。

出発から1時間半ほどで、最初のキャンプサイト、チレーノに到着しました(上記写真の下った先)。

軽く休憩し、先に進みます。

チレーノから更に1時間ほど山道を進み、いよいよラストスパート。急な斜面になります。

急斜面を登る事、1時間ほどでいよいよ、トーレスの頭が見えてきました!

おおおおおおおおおおおお!!!

うおーーーーー!!!!

天気悪いけど、ハンパねー!!!

疲れが吹っ飛びました

トレッキング開始3時間ほどで、ラグーナ・トーレス(トーレス・デル・パイネのビューポイント)に到着しました。

風が強く、長居すると寒くてシンドいですが、1時間ほどゆっくりとランチして、下山しました。

 

帰りのバスが来ん(怒)

1日の時間軸を振り返っておきます

  • 7時:プエルトナタレス出発
  • 9時:パイネ国立公園到着
  • 9時半:シャトルバス乗車
  • 10時:トレッキング開始
  • 13時:ラグーナ・トーレス到着
  • 14時:ラグーナ・トーレス出発
  • 16時過ぎ:シャトルバス乗り口到着

一般的には往路、4時間&復路3時間のコースを、かなり早めに帰ってきました。

早く帰りのバスに乗って、プエルトナタレスへ帰りたかった。。

しかし、ここでショックなニュースが。

16時過ぎにシャトルバス乗り場に着いたのですが、シャトルは16時に出たばっかで、次は18:30だという。2時間半も空ける!?

というのも、そもそもパイネ国立公園の入り口(入山料払った所)に行ったところで、そこからのバスは19時だよとのこと。

「あれ、バス結構頻繁に出てるんだと思ってた、、」

完全に確認不足でした。ということで、シャトルバスを2時間待ち、公園入口へ。しかも、19時になってもバスは来ず、20時前に来たと思ったら、20時半までトラブルで出発せず、、

既に下山してから4時間以上経ってますけど?往路にかかった時間より長いやないかい。

結局、22時過ぎにプエルトナタレスに着きました。

 

まとめ

ということで、トーレス・デル・パイネの日帰りトレッキングについてでした!

僕が行った日は曇ってしまっていましたが、それでも本当に綺麗でした!晴れたら更に美しい!

どちらかと言えば、フィッツロイの方がオススメですが!(何回言うねん)

日帰りで行く場合は、帰りのバスの時間を確認しておきましょう!

次は、アルゼンチンは世界最南端の町、ウシュアイアへ向かいます。

<<< 関連記事はこちら >>>

【パタゴニア観光】エルカラファテ、ペリトモレノ氷河の行き方&歩き方(2019年最新版)

【パタゴニア観光】フィッツロイで3日間キャンプ!ハンパない!(2019年最新版)

プエルトナタレスから直接ウシュアイアへ!バス移動!(2019年最新版)

【2019年最新版】アルゼンチン、バリローチェでの両替事情について!

【2019年最新版】パタゴニアではSIM(ネット)が使えないよ!買わなくてOK!

【南米観光】チリ、アルゼンチンのバス検索・予約方法(2018年版)

See you!

Always think easy, go easy.

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。