【ニュージーランドワーホリ】ブレナムのヴィンヤードでペインティング

New Zealand
Shozza
ハロー!ニュージーランドでワーホリ中のShozzaです!

現在、南島のブレナム(Blenheim)でヴィンヤードジョブをしています。具体的には、現在は「ペインティング」という仕事。

この記事では、ブレナムのヴィンヤードでの「ペインティング」について紹介します!

ブレナム(Blenheim)とは

ブレナムは、ニュージーランド南島の最北付近にある都市で、人口は30,200人程もいて、マールボロ地方の中心の都市です。更に、ニュージーランド有数のワインの名産地で、町周辺に広大なヴィンヤード(ブドウ畑)が広がっています。

このヴィンヤード、本当に広すぎます。。

僕の働くヴィンヤードまでは車で30分程かかるのですが、その30分間は両サイド、ヴィンヤードです。。

この先もまだまだ続くということですし、町を中心にどこの方角に進んでも同じということ。。

ハンパない!

 

ヴィンヤードへ

ヴィンヤードへは、宿泊しているバックパッカーズの数人と車をシェアして向かいます。

一緒に行くのは、イギリス人のRyan、フランス人のSimon、イタリア人のSabrinaの3人です。

バックパッカーズの宿泊客のほとんどがヴィンヤードで働いていて、初めは別々のヴィンヤードでしたが、今は集合しほとんど皆んな同じところで働いています。

更に、他のバックパッカーズの滞在者も合流し、現在はなんと50人程と一緒に働いています。

仕事はかなり楽で、ほぼこんな感じで皆んなで喋りながら歩いてるだけです。笑

雨の日が多く、雨の後は毎度、虹が綺麗。

晴れも曇りも綺麗です。

雨の後は浸水していることも多々。ゴムブーツが必須です。

ランチは各自、持参。休憩は30分ブレイクが2回あり、1回目は給料が入ります。

 

冬のヴィンヤードでの仕事

「冬のヴィンヤードって仕事あるの?」と思われがちですが、これが結構忙しいんです。

👇 以前働いていた、Kurowでのヴィンヤードでの仕事を参考にどうぞ 👇

【ニュージーランドワーホリ】ヴィンヤードでウーフ体験!(WWOOF)

2018.07.20

冬のヴィンヤードでの仕事は以下の通りです。

冬のヴィンヤードジョブ
  1. プルーニング
    • 枝の剪定をします
  2. カッティング
    • いらない枝を全部切ります
  3. ペインティング
    • 切った部分から生えてこないように、薬剤を塗る
  4. ワイヤー上げ
    • ストリッピングがしやすいように邪魔なワイヤーを上げておく
  5. ストリッピング
    • カッティングで切った枝を全て引き抜く
  6. ラッピング
    • 残した2本の枝をワイヤーに巻きつける
  7. ワイヤー下げ
    • 上げていたワイヤーを下ろす
結構、たくさん工程があるんです!

Kurowのヴィンヤードはそこまで広くなかったので、上記の1〜7を一気にやっていました(ペインティング以外)。しかし、ここは300エーカーの超広大なヴィンヤード。

東京ドーム25個分です。

それぞれの工程を数十人のグループで手分けして行います。次期の収穫量に直結する、プルーニング、カッティング、ラッピングは、移住してきた熟練者のインドネシア人達が行います。

僕たちワーホリ滞在者は、簡単なペインティングや、ストリッピング、ワイヤー上げ下げをします。

 

初めてのペインティング

さて、初めに僕らに与えられた仕事は「ペインティング」です!

最初に「ペインティング」と聞いたときは、「ヴィンヤードで何をペイントするんだ?」と思いましたが、すぐに納得。

前工程で切ったブドウの木は、上記のようになっています。この段階で切り落とされた枝は、今後不要と判断された部位になります。

しかしこのまま放っておくと、また同じ場所から、生えてきてしまいます。

そこでコイツの登場です!

説明しよう!コイツの名は「グリーンシール」!!

「切っても切っても、生えてきちゃって困ってるんです。。」そんな悩み、あるんじゃないか??コイツを切り立ての枝に一度塗るだけで、ほーらオドロキ!!頑固な枝達から、オ・サ・ラ・バ!!スグレモノなのじゃ!!

先端はハケになっているから、そのまま塗ることができるんじゃ!

どーれ!!切った枝の表面にグリグリっと塗りつけてみるんじゃ!
どうじゃ!簡単じゃろう!

この量のペンキを毎日50人で塗りつけます。そして、このペンキの値段が驚き。

10Lのボックスで400ドル(約3万円)もするそう。これを毎日15本使ってるとのこと。。つまりペンキだけで1日45万円。。そして50人分の日当、約70万円。。

さすがにここまでしているヴィンヤードは珍しいらしく、それだけ良質で高いワインなんだろうと思われます。

「質より量」の場合は、ペンキ塗って実りを少なくするなんてあり得ないですからね。このバカ広いヴィンヤードだからこそできる「量より質」のワインなんだろうと思います。

塗りつけの様子を動画でどうぞ!

めっちゃ簡単です。

めっちゃ簡単なんですが、これを8時間、延々とやります。

結構しんどい。。肩腰にくる。。

そんな時はこれじゃ!その名も「アンメルツヨコヨコ」!!

「あー背中が痛い」「ちょっと揉んでくれる?」「違う、違う、もうちょっとヨコヨコ!」「そこのアンメルツをヨコヨコ!!」って時はないかい?

ねえよ

 

まとめ

ということで、「ヴィンヤードでのペインティング」についてでした!

1日が長くて大変っちゃ大変ですが、こんな簡単な仕事で時給$18(ミニマム+ホリデーペイ)が貰える!日本円に換算すると、時給1450円ほどです。

ホリデーペイとは

ニュージーランドでは、全員に有給を与える義務がありますが、有給は1年以上働いた後に付与されます。一方で、ワーホリ滞在者は1年程で帰国してしまうため、有給の代わりに「ホリデーペイ」という形で、給料の8%を支払うことになっています。

この「8%」を給与換算すると、月額30万の給与で2.4万。つまり、月に2日の有給分というイメージなので、年間だと24日分。

つまり、「有給の代わりに、先に追加でお金払っとくよ。休む場合は無給ね」ってこと。有給の取りにくい日本は、これを導入してくれれば良いのに。そもそも「取りにくい」って感覚があるのが不自然なんだけど。

See you!

Always think easy, go easy.

👇 関連記事はこちら 👇

【ニュージーランドワーホリ】ブレナムでの仕事はバッパーで直接ゲット!

2018.07.24

【ブレナムでの仕事探し】Blenheim Backpackersがオススメ!

2018.07.26

【ニュージーランドワーホリ】ヴィンヤードでウーフ体験!(WWOOF)

2018.07.20

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。