【DIY】アワビの貝殻をピカピカに!アワビ磨きに挑戦!

ニュージーランド

Shozza
ハロー!ニュージーランドでワーホリ中のShozza(@shozzatrip)です!

先日、ニュージーランドの南島、インバカーギルでアワビを獲りまくってきました!

アワビと言えば、日本では高級食材。ニュージーランドでは、その身の美味しさだけでなく、貝殻が宝石として扱われています。

なんと言ってもこの美しさ!

ニュージーランドのアワビ貝(パウアシェル)は、先住民族マオリのお宝。アマゾンでも購入できます

しかし、外側は岩と同じでゴツゴツしてます。しかし、こいつを手入れしてやると、、

こうなります!しかも素人の僕でも簡単にできました!

ということで、この記事では、アワビの貝殻を綺麗にする方法を紹介します!

アワビ磨きの手順

ネットの情報を参考にして、実践してみます。手順は以下の通りです。

アワビ磨きの手順
  1. アルカリ処理
  2. フジツボなどの除去
  3. 酸処理
  4. 紙やすりで研磨
  5. アクリルスプレーでコーティング

 

アルカリ処理

この過程では、ハイターなどのアルカリ洗浄剤に貝殻を入れ、表面の汚れや、奥に入った身の取り残し等、有機物の汚れを取り除きます。

 

フジツボなどの除去

アルカリ処理によって取り除かれずに浮き出たフジツボ等の頑丈な付着物を、マイナスドライバーなどの工具を使って物理的に取り除きます。

フジツボにドライバーを押し当て、パンパンと軽く叩くと簡単に取れます!結構楽しい笑

 

酸処理

続いて、サンポール等の酸性洗浄剤に浸けて、表面を溶かしていきます。

有害なガスが出るので、外など風通しの良いところで行ってください。

 

研磨処理

紙やすりを用いて、両面を研磨し仕上げます。

 

アクリルスプレーでコーティング

貝は放っておくと、表面がどんどん腐食していきます。綺麗なまま保つために、アクリルスプレー等でコーティングすることをオススメします。

 

 アワビ磨きに必要なもの

アワビ磨きに必要なものをまとめておきます。

アワビ磨きに必要なもの
  1. 道具
    1. バケツ数個(薬品、水用)
    2. マイナスドライバーなど
    3. ハンマー(あると良い)
    4. 紙やすり(状況に合わせて目の粗さの違うものを数種)
  2. 薬品
    1. キッチンハイター(アルカリ)
    2. サンポール(酸)
    3. アクリルスプレー
  3. 保護具
    1. 軍手(貝を削る際)
    2. ゴム手袋(薬品を使う際)
    3. 防塵マスク
    4. メガネ
    5. 汚れても良い服

 

アワビ貝殻磨き実践!

上記の情報でも、作業に取り掛かることができますが、僕が実際に行った作業の様子を載せておきます。参考にしておくと、イメージがつきやすいかと思います。

処理前のアワビの貝殻達がこちら。これらの8つの貝殻を処理していきます!

 

アルカリ処理

第一段階はアルカリ処理。この過程では、貝をアルカリ洗浄剤の中に浸けることで、貝の身の残りなど、貝の表面に付着した有機物の付着物を取り除きます。

僕がニュージーランドで使ったのは上記の洗剤ですが、日本で行う場合はキッチンハイターでOKです。貝の大きさや量によりますが、1.5Lあれば十分だと思います。

キッチンハイター(次亜塩素酸ナトリウム6%)を使う場合、3倍に薄めて(2%)使うと、良いようです。

ということで、こいつの原液に貝殻をディップします。5時間ほどディップすると、ゴミが沢山浮いてきて、表面の汚れが取れていることがわかります。

乾燥後の貝殻がこちら。

白くなっているのは、貝の成分がアルカリで溶けて表面に付着したためだと思われます。スポンジで擦れば簡単に取れます。

乾燥後に貝の匂いを嗅ぐと、アルカリ処理前に感じた生臭さが消え、有機物(貝の残りなど)が取れたことがわかります。

 

付着物の物理的除去

貝殻の表面には大小様々なフジツボや貝たちが、くっついています。こいつをマイナスドライバー等を使って取り除きます。

フジツボを全部取り除いて、金ダワシでこすり落とすと、こんな感じに。良い感じですね!

 

酸処理

いよいよ、酸によるアワビの貝殻の溶解処理に入ります!使用するのは上記の洗剤。

ここも同様に、日本では、サンポール(塩酸9.5%)を使用すると良いです。サンポール使用時も、3倍希釈で。

そして、こいつをシュッシュっと吹きかけます。

スプレーによって薬剤が泡立つので最初は気づきませんでしたが、貝殻が溶けたことによる泡も出てきており、スプレーしてからすぐに、さらに泡立ち始めます。

日本でサンポールを使う場合は、アルカリ同様にディップする方法の方が楽です。サンポールの手に入らないNZでは、上記の薬品が量が少ない割に高かったので、ケチってスプレーする方法を選びました。

30秒ほど放置して、洗い流してみます。

石灰の白が溶けて、オレンジや緑の素地の色が出始めてます!ということで、もう一度同じことを繰り返してみます。

カラフルな素地の色が出てきました!嬉しい!

酸処理前と比較すると大違いですね!

 

紙やすりで仕上げ

次に、両面を紙やすりで磨いてあげてます。薬品で取りきれなかった汚れや傷などを取り除くと、より綺麗になります。

紙やすりを使用時、貝の粉末が舞います。この粉塵は体に有害(結構危ないらしい)なので、粉塵用マスクの使用がオススメです。

 

アクリルスプレーでコーティング

最後にアクリルスプレーをすると、写真のようにツヤが出て綺麗になります!

この処理をすることで、綺麗に見えるだけでなく、貝の劣化(貝は時間が経つと、表面に付着物が出来ていきます)も防げます。放っておくと、表面が腐食し出してしまいます(経験あり)。

外側だけでなく、内側にも塗っておくと、尚良いです!

 

おまけ

ニュージーランドのアワビ貝(パウアシェル)は加工され、ジュエリーとしても人気。そのままの貝も綺麗で好きですが、せっかくなのでジュエリー作りもしてみました!

実際、切り取って、穴を開けて、リング通しただけです。笑

ジュエリー作りなんて恥ずかしくて言えませんが、そこそこ気に入ったものができました!自分で作ったと言うところが、やっぱり嬉しい!

ちゃんとしたアクセサリーもアマゾンで売っているので、それを参考にDIYしてみるのも良いと思います!

もちろん日本のアワビの貝でもできます。ニュージーランドのパウアの方がやはり綺麗ですが。パウアシェルが欲しい場合は、アマゾンで日本からも買えます。2000円くらいなので、DIYでアクセサリー作ったら、安いし楽しい!

 

まとめ

ニュージーランドでも試行錯誤しながら、なんとかアワビの貝殻磨きをDIYすることができました!

日本でだったら、もっと簡単ですね!最後にもう一度まとめておきます!

アワビ磨きの手順
  1. アルカリ処理
  2. フジツボなどの除去
  3. 酸処理
  4. 紙やすりによる研磨
  5. アクリルスプレー
アワビ磨きに必要なもの
  1. 道具
    1. バケツ数個(薬品、水用)
    2. マイナスドライバーなど
    3. ハンマー(あると良い)
    4. 紙やすり(状況に合わせて目の粗さの違うものを数種)
  2. 薬品
    1. キッチンハイター(アルカリ)
    2. サンポール(酸)
    3. アクリルスプレー(あるとより良い)
  3. 保護具
    1. 軍手(貝を削る際)
    2. ゴム手袋(薬品を使う際)
    3. マスク(貝を削る歳)
    4. メガネ
    5. 汚れても良い服

See you!

Always think easy, go easy.

著者オススメ!旅に役立つ情報

海外旅行に便利なクレジットカード

海外旅行では、クレジットカードは必須。特にキャッシングと海外旅行保険対策にクレジットカードは欠かせません。上手に使いこなすと、かなりお得に旅ができますよ。

【2019年版】海外旅行に持っていくべきクレジットカード9選!

2019年5月17日

 

海外旅行保険:クレジットカード付帯保険でお得に

海外旅行保険は絶対に削ってはいけません。何かあった時に、本当に地獄を見ます。年会費無料のクレジットカードだけでも、有料の保険と遜色ないくらい補償も充実しているので、オススメです。

海外旅行保険なし!クレジットカードの付帯保険で賄う方法!長期も!

2019年5月16日

 

宿泊予約:agoda、Booking.com

宿泊予約サイトは沢山ありますが、オススメはagodaとBooking.comの2強のみです。ホテルでは、Hotels.comもアリ。詳しくは以下記事で説明してます。

【旅人必見!】オススメ宿予約サイト紹介!徹底分析!(2019年版)

2019年5月18日

 

格安航空券予約:スカイスキャナー

言わずと知れた航空券予約サイト、スカイスキャナー。やっぱり最強です。航空券予約はこれだけ使えば十分!

スカイスキャナーの使い方!裏技も全て教えます!【航空券予約方法】

2019年4月29日

 

海外バス検索・予約:Rome2rio

Rome2rioは、バス版のスカイスキャナー的存在。こいつだけで、世界中のバスを検索可能です。

【超簡単】オススメの海外バス検索・予約方法!全部教えます!

2018年12月16日

 

現地での日本語ガイドツアー申し込み :タビナカ

旅をしていると、たまに「日本語ガイド」の必要性を感じることがあります。特に、遺跡や秘境を歩く時には日本語のガイドを付けてみると、満足度が全然違います。

現地で「やっぱり日本語ガイドをつけたい!」と思った時に使いやすいのが、【タビナカ】です。

 

海外WiFi:グローバルWiFi

世界一周など、長期旅行では現地SIMの購入がオススメですが、短期旅行では海外WiFiのレンタルがオススメ!短期旅行で僕がいつも使うのは、グローバルWiFiです。

他の会社に比べて安いのと、一度使うと次回の割引が貰えるので、かなりお得になります。イモトのWiFiも人気ですが、僕は総合的に安いグローバルWiFiを使っています。

ShozzaTripをフォローしよう!

メールアドレスを記入してフォローボタンをクリックすれば、更新をメールでお知らせします!
Instagramのフォローも待ってます!