【DIY】アワビの貝殻をピカピカに!アワビ磨きに挑戦!

New Zealand
Shozza
ニュージーランドでワーホリ中のShozzaです!

先日、ニュージーランドの南島、インバカーギルでアワビを獲りまくってきました!

こちら >>> 「海産物の宝庫!ニュージーランドで特大アワビをとりまくる方法

アワビと言えば、日本では高級食材。ニュージーランドでは、その身の美味しさだけでなく、貝殻が宝石として扱われています。

なんと言ってもこの美しさ!

美しい!

しかし、外側は岩と同じでゴツゴツしてます。

そこで!この記事では、アワビの外側も “自力” で綺麗にする方法を紹介します!

もちろんニュージーランドじゃなく、日本でもできます!(むしろ日本での方が簡単)

 

アワビ磨きの手順

ネットの情報を参考にして、実践してみます。手順は以下の通りです。

アワビ磨きの手順
  1. アルカリ処理
  2. フジツボなどの除去
  3. 酸処理
  4. 紙やすりによる研磨

アルカリ処理

この過程では、ハイターなどのアルカリ洗浄剤に貝殻を入れ、表面の汚れや、奥に入った身の取り残し等、有機物の汚れを取り除きます。

フジツボなどの除去

アルカリ処理によって取り除かれずに浮き出たフジツボ等の頑丈な付着物を、マイナスドライバーなどの工具を使って物理的に取り除きます。

フジツボにドライバーを押し当て、パンパンと軽く叩くと簡単に取れます!結構楽しい。笑

酸処理

続いて、サンポール等の酸性洗浄剤に浸けて、表面を溶かしていきます。

この際、有害なガスが出るので、外など風通しの良いところで行ってください。

研磨処理

紙やすりを用いて、両面を研磨し仕上げます。

可能であれば、この後、アクリルスプレーやニスなどを表面に塗工して、汚れや腐食から守ると良い様です

 

アワビ貝殻磨き実践!

処理前のアワビの貝殻達がこちら。これらの8つの貝殻を処理していきます!

 

アルカリ処理

第一段階はアルカリ処理です。

この過程では、貝をアルカリ洗浄剤の中に浸けることで、貝の身の残りカスなど、貝の表面に付着した有機物の付着物を取り除きます。

ちなみに、今回使うアルカリ洗剤の中身はこんな感じ。Sodium Hychlorite 21.5g/litle。

次亜塩素酸ナトリウム、約2%ってところです。キッチンハイターと同じ化合物です。

ハイターの次亜塩素酸ナトリウム濃度は約6%ほどで、参考にしたブログでは3倍希釈して(2%にして)使っていたので、こいつの場合は原液で使用することにしました。

ということで、こいつの原液に貝殻をディップします。

5時間ほど浸漬すると、ゴミが沢山浮いてきて、表面の汚れが取れていることがわかります。

乾燥後の貝殻がこちら。

なんか表面が白くなっちゃいました。。

スポンジでこすると簡単に取れるのでおそらく、貝殻の成分の炭酸カルシウムが溶け出して、表面についたまま乾燥されたのかな?

とりあえず、こすれば取れるので、問題はありません。

 

付着物の物理的除去

貝殻の表面には大小様々なフジツボや貝たちが、くっついています。こいつをマイナスドライバー等を使って取り除きます。

簡単に取り除けるものもあれば、なかなか強情なものもあって、かなり苦戦。

でも、楽しい!気持ちいい!笑

フジツボを全部取り除いて、金ダワシでこすり落とすと、こんな感じに。良い感じですね!

 

酸処理

いよいよ、アワビの貝殻の溶解処理に入ります!(ワクワク)

使用するのは上記の洗浄剤。内容物は「1%乳酸&3%リン酸」です。

参考にしていたブログでは、サンポール(塩酸9.5%)を使用していますが、ニュージーランドでは「塩酸」が手に入らなかったんです。。一番強い酸を探し求めて、上記の洗浄剤を選びました。

そして、こいつをシュッシュっと吹きかけます。

スプレーによって薬剤が泡立つので最初は気づきませんでしたが、貝殻が溶けたことによる泡も出てきており、スプレーしてからすぐに、さらに泡立ち始めます。

30秒ほど放置して、洗い流してみます。

石灰の白が溶けて、オレンジや緑の素地の色が出始めてる!

ということで、もう一度酸洗浄剤をスプレーしてみます。

おおー!綺麗!

酸処理前と比較すると大違いですね!

日本でサンポール(塩酸)が手に入る場合、3倍に希釈し、アルカリ処理と同様に浸す方法でも可能です。

僕も始めは浸して試しましたが、薬剤が違う(濃度が低い)ため、溶かすのに時間がかかる。そして薄いくせに、薬剤が高かったために、スプレーする方法を選びました。

 

紙やすりで仕上げ

最後に、両面を紙やすりで軽く磨いてあげて、完成です。

もちろん内側も綺麗!

 

まとめ

ニュージーランドでも試行錯誤しながら、なんとかアワビの貝殻磨きをDIYすることができました!

日本でだったら、もっと簡単ですね!最後にもう一度まとめると、手順は以下の通りです。必要なものも記載しておきました。

アワビ磨きの手順
  1. アルカリ処理(キッチンハイター3倍希釈)
  2. フジツボなどの除去(ドライバー)
  3. 酸処理(サンポール3倍希釈)
  4. 紙やすりによる研磨
アワビの貝殻をゲットした時は、是非挑戦してみてください!

<<< オススメ記事はこちら >>>

海産物の宝庫!ニュージーランドで特大アワビをとりまくる方法

ニュージーランドの特大アワビの捌き方

【DIY】廃材だけで車にキャンプ用キッチン棚を作る!

【2017年版】ミルフォードトラックの行き方、歩き方〜1日目〜

See you!

Always think easy, go easy.

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。