プエルトナタレスから直接ウシュアイアへ!バス移動!(2019年版)

Argentina
Shozza
ハロー!ボリビアのスクレで高山病の休息中のShozzaです!

今回の記事は、プエルトナタレスからウシュアイアまでの移動について!

パタゴニア観光のハイライトの1つである、パイネ国立公園を有するプエルトナタレス。

パタゴニア旅行をする人にとって、次の行き先は、ペリトモレノ氷河のエルカラファテか、南米最南端のウシュアイア、またはチリの都市に飛行機で移動するために、プンタアレーナスに行く。ほぼ、この三択で間違いないかと思います。

僕は、フィッツロイ→ペリトモレノ氷河→パイネと南下してきて、次にウシュアイアに向かいます。

プエルトナタレス(チリ)からウシュアイア(アルゼンチン)に行くには、一度プンタアレーナス(チリ)を経由する場合が多いのですが、直接ウシュアイアに行くこともできます。

ということで、この記事ではプエルトナタレスから直接ウシュアイアに行く方法について紹介します!

パタゴニアとは

パタゴニアとは南米大陸の南部分、チリとアルゼンチンにまたがる地域の総称です。パタゴニアのイメージといえば、アウトドアブランドの「patagonia」のイメージ通り、「山」と「大自然」。

雄大かつユニークな形状をした山々を誇るパタゴニアは、世界中のトレッカー憧れの地です。

縦に長いパタゴニアを、僕は上から下に南下しました。

こちら >>> 【完全保存版!】パタゴニアで絶対行くべきスポット全部公開!(2019年)

 

プエルトナタレスとは

プエルトナタレスとは、チリ南部の都市で、パタゴニアのハイライトの一つ「トーレス・デル・パイネ国立公園」の拠点となる町です。

パイネ国立公園といえば、もちろんコチラ!

3本の巨石からなる「トーレス・デル・パイネ」で、国立公園の名前にもなっています。パタゴニアのフィッツロイに並ぶ、トレッキングの聖地です。

こちら >>> 【パタゴニア観光】トーレス・デル・パイネ!日帰りトレッキング (2019年最新版)

この国立公園の最寄りの町が、プエルトナタレスであり、町にはアウトドアショップが沢山あります。むしろ、それ以外には見所は特になく、この町を訪れる観光客の、ほぼ100%がパイネ国立公園のために滞在しています。

 

ウシュアイアとは

次にウシュアイアは、アルゼンチンにある世界最南端の町(City)です。

実際にウシュアイアに着いてから知ったのですが、実際にはウシュアイアよりも少し南の、チリ側にも人口3000人の町があるのですが、人口5000人以下は「City」ではないというのが、ウシュアイアの言い分だそうです。

ちなみにウシュアイアの人口は5000人きっかり。なんて都合の良い、、

とりあえず、この「世界最南端の町」、「世界最果ての地」、「世界の終わり」、「エンド・オブ・ザ・ワールド」という殺し文句に惹かれて、世界中から観光客を集める一大観光地です。

僕は別にそんな殺し文句にヤラれて来たわけではないですよっ!

ペンギンちゃんですよ!

そうです!

このウシュアイアには大量のペンギンを見ることのできるコロニーがあり、このツアーが大人気!しかも、12〜1月には、歩けるようになったばかりの赤ちゃんペンギンを見れるとあって、そのためにやって来ました!

また、その他にも、町の近くには美しい山や、湖も多く、「世界最南の国立公園」もあります。「世界最南の鉄道」も!

結構、見所が多いんです

 

プエルトナタレスからウシュアイアへ行くには

プエルトナタレスからウシュアイアへ行くには、基本的にはバス移動。その距離は770km。

バスで

しかし、直接ウシュアイアへ行くバスは毎日出ている訳ではなく、週に3〜4回程のようです。

ちなみに、プエルトナタレスから南に250kmの所に位置するプンタアレーナスへは、1時間に1本 のペースでバスが出ていて、プンタアレーナスからウシュアイアへのバスはほぼ毎日出ているみたいです。

僕も一度プンタアレーナスを経由する方法を考えましたが、「プンタアレーナス〜ウシュアイア」のバスは朝早く出発するため、これに乗るにはプンタアレーナスに前日泊する必要があり、2日がかりになるため、諦めました。

プエルトナタレス〜ウシュアイアのバスはアルゼンチン入国後に、リオ・グランデという町で一度バスを乗り継ぎ、合計14時間の移動となります。料金は42000チリペソ(7000円程)でした。

 

飛行機で

飛行機で行く方法もありますが、プエルトナタレスからは飛行機は出ていません。

プンタアレーナスへ行くか、アルゼンチンのエルカラファテに行く必要があります(しかも高い)。

 

いざ最果ての地、ウシュアイアへ!

朝6時、プエルトナタレス発。バスターミナル近くのホステルを予約しておいて良かった。チケットは3枚綴り。

  • プエルトナタレス → プンタアレーナス
  • プンタアレーナス → リオ・グランデ
  • リオ・グランデ → ウシュアイア
結局、プンタアレーナス行くんかい

しかし、実際は、プンタアレーナスには行きませんでした。

バスに乗っていて気付いたのですが、どう考えても、プンタアレーナス発のバス(2枚目のチケット)の時間に間に合わない。

「おかしい!」と思って、運転手に確認すると、プンタアレーナスとウシュアイアの分かれ道で、バスを待つとのこと。

プンタアレーナスまで行かずに、☆マークのところで下車して、待つんです。

無駄がなくて素晴らしい!

しかも、バスを下車して、5分程で次のバスが到着。南米にしてはやりおる。

プエルトナタレスを出発して、5時間。11時頃、フェリー乗り場へ。

このフェリーにバスごと乗り込み、ウシュアイアを有するフエゴ島を目指します。このフエゴ島の意味は、スペイン語で「燃える島」

こんな南極近くの極寒の島が、なんで燃える島?

その理由も面白い!

マゼランがフエゴ島にたどり着いた時、寒くて、こんな不毛な地に人間なんていないと思っていた。しかし、実際には先住民達がして、至る所で松明を燃やしていたそう。

その火を、船の上から見て、島が燃えているように見えたことに由来するそうです。

30分ほどで、フエゴ島に到着。再度、バスに乗り込みます。

更に2時間ほど走り、ようやくチリ側ボーダーへ。

いつもながら、バスでの国境越えは時間がかかります。30分くらい。

ここでお昼を購入できました。他に買う場所がないので、バスに乗る前日に朝ごはんやスナックを購入しておいた方が良いです。

普通にうまい

30分ほど走って、次はアルゼンチン側。毎回毎回、これですが。どうにかなりません?2回やる意味。

プエルトナタレスを出発して10時間。16時頃、リオ・グランデに到着。

ここで、麻薬犬のチェックを受けました。

あれ?国境でやらなかったの?

次のバスはこちら。ここからは別のバス会社のようです。小さなバンで、快適でした。

雲も近くて、道中は絶景の連続。

リオ・グランデから3時間半。合計14時間ぴったり、ウシュアイアに到着!長かった!

ちなみに、緯度の低いウシュアイアでは、夏は22時過ぎまで日が沈みません。23時過ぎでも全然明るい。上の写真は21時の様子です。

宿泊先のAirBnBの、ワンちゃん&ニャンちゃんに癒されます。

どっちも生後2〜3ヶ月らしく、お互い興味津々。かわええ!

 

まとめ

ということで、プエルトナタレスからウシュアイアまでの移動についてでした!

プンタアレーナスに行く必要がなければ、直接ウシュアイアまで行ってしまった方が楽です!ウシュアイアでは、ペンギンツアーに参加してきます!

ウシュアイアは、他にも見どころが多いです!

<<< 関連記事はこちら >>>

【ウシュアイア観光】赤ちゃんペンギンを見るなら、12-1月がオススメ!(2019年版)

【パタゴニア観光】トーレス・デル・パイネ!日帰りトレッキング (2019年最新版)

【パタゴニア観光】エルカラファテ、ペリトモレノ氷河の行き方&歩き方(2019年最新版)

【パタゴニア観光】フィッツロイで3日間キャンプ!ハンパない!(2019年最新版)

【2019年最新版】アルゼンチン、バリローチェでの両替事情について!

【南米観光】チリ、アルゼンチンのバス検索・予約方法(2018年版)

See you!

Always think easy, go easy.

ShozzaTripをフォローしよう!

メールアドレスを記入してフォローボタンをクリックすれば、更新をメールでお知らせします!
Instagramのフォローも待ってます!