【ニュージーランド観光】日帰りでクイーンシャーロットトラックへ!

New Zealand
Shozza
ハロー!ニュージーランドでワーホリ中のShozzaです!現在、南島の北部、ブレナムのヴィンヤードで仕事をしています!

【ニュージーランドワーホリ】ブレナムのヴィンヤードでペインティング

2018.07.28

ヴィンヤードでの仕事はいくつか工程があって、僕らの「ペインティング」は「プルーニング」と呼ばれる枝の剪定の直後。先日、このプルーニングが遅れて、ペイントする枝がなくなってしまったため、急遽三連休に!しかも珍しく三日間快晴!

ということで、家でくすぶってはいられません。

この三連休を活かして、マールボロサウンドは「クイーンシャーロットトラック(Queen Charlotte Track)」 に行って来ました!通常、5日程かけて全行程を歩くトラックですが、僕は日帰りで「Eatwells Lookout」のみ登って来ました。

今回の記事では、この「Eatwells Lookout」について紹介します!

クイーンシャーロットトラックとは

「クイーンシャーロットトラック」とは、ニュージーランド南島の北部、マールボロ地域の入り組んだ入江「マールボロサウンド」に位置する、全長71kmのロングトレッキングコースです。

コース内には多数のキャンプサイトがあり、一般的に3〜5日かけて歩きます。もちろん片道です。トラック内には数カ所、海岸に寄る場所があり、終点の「Ship cove」や「Anakiwa」だけでなく、中間地点からもフェリーに乗船することも可能です。

詳しくは、DOCのサイト、またはフェリー会社のサイトを確認してください。

 

全行程を歩かなくても、ピンポイントにつまみ食いが可能

ここが他のトレッキングコースと少しだけ異なる点!

他のトレッキングコースは一旦スタートすると、完全な山道となり、車での侵入はもちろん不可能。ニュージーランドのトレッキングコースは周回して戻ってくるか、別の出口に出ることが大半。つまり、スタートポイントは数カ所に限られています。

一方でクイーンシャーロットトラックは、縦長に伸びるコースの脇をずっと車道が走っているため、好きなところからコースに合流することができるのです!「コースのここからここまでだけ」、「一つのLookout(見晴らしポイント)だけ」、「疲れたところで下山」などが可能というわけです!

今回、僕も絶景が見られるという「Eatwells Lookout」のみ、つまみ食いして来ました!

 

Eatwells LookoutへGO!

いよいよトレッキング開始です!

ここから片道6km、2時間程のトレッキングになります!実際にはGoogle mapの言う通り、1時間半程で到着しました。

登山道は森林部に入って行きます。

道中にはこうした可愛い手書きのサインがたくさんあります。

実はここ、DOCの管理区域ではなく、私有地なのです。自分達だけのものにするのは良くないと、私財でコースを作ったそう。

サインが本当に沢山あります。時々、ゴリ押しが過ぎることも。
わかったわかった。ありがとね
だからわかったって

行くって。そのために来てんのよ

過剰なサインにイライラしてると、何やら横で、ゴソゴソゴソ!

イノシシが2匹、僕に気付いて、高速で走り去って行きました。

いや〜ビビった。ビビりながらもしっかりカメラを向けるあたり、もはやプロである。

ここで、今夜キャンプする予定の入江がチラッと見えて来ます。

ニュージーランドはどこを歩いてもすぐに湖に出くわすので、勝手にこいつも湖だろうと思っていましたが、どう見ても干潮で水が引いてます。

あっそうか、入りくみまくってわかりにくいけど、あれ、一応海なんだ。

すると、また茂みで ガサガサ!

遠くの方から、山羊がこっちを警戒しています。最近日本から送ってもらった望遠レンズが活躍します。

山道を登ること1時間程で、「EATWELLS LOOKOUT」の看板が!

ここからラストスパート。15分程で頂上です。

いよいよゴールが見えて来ました

ムムム!

なんかおる!

子ヤギを含む、3匹の山羊の家族です。

遠くから様子を伺っていましたが、僕の姿に気が付き、動き出してしまいました。

子ヤギがお母さんのミルクを飲む姿が可愛いです。動画でどうぞ。

 

山頂に到着!

そしてようやく山頂に到着!この大パノラマ!

雰囲気は、瀬戸内海、天草のような感じ。うん、やっぱニュージーは日本に似てるよ。

この絶景を見ながら遅いランチをとります。

さっきとは異なるブラウンや黒の山羊たちも、続々と山頂にやって来ます。やって来て、僕の姿に驚いて逃げては、またやってくる。さっきの3匹の白山羊ファミリーにも再会。

夢中になって子山羊をずっと追っかけてました。可愛い。。

ついには出て来てくれました!

親山羊がメーメー!と、おそらく子山羊になんか言っていますが、お構いなし。人間に興味津々です。

かわい過ぎる。。

そして僕と戯れること、15分程。子山羊に異変が。

急に走り回り、「メエエエエ!メエエエエ!!」と叫び出しました。

そうです。

親山羊たちとはぐれてしまったのです。正直、すぐに見つかるだろうと思っていましたが、数十分経っても見つからない。鳴き声も次第と小さくなってきます。

「このまま見つからなかったら、こいつはどうなるんだろう?」「僕と遊んでいたせいかな」と、不安になってきます。このまま見放すわけにはいかず、一緒に山の中を探すことにしました。

 

親山羊を探して山の中を歩き回る

「メエメエ」わめくので、「メエちゃん」と名付けました。

※メーちゃんではなく、あくまでもメエちゃんです。アクセントは「永ちゃん」と一緒です。下がるのではなく、上がります。

ということで、「踊るメエちゃん親山羊大捜査線」開始です。

最初は僕に怖がっていましたが、僕が「メエメエ」叫んで振り返っては山に入っていくと、距離は取りつつも、恐る恐る付いてくるようになりました。正直ここで少し泣きました。笑

また、ここで見つからなかったら連れて帰ろうと決意。僕の働くヴィンヤードの隣にヤギを飼っている家があって、最近子ヤギも産まれたので、そこに頼んで世話してもらおうと。

そんなことを考えながら歩いていると、前からガサガサっと音が!

ヤギの群れです!

ここで、逃げ去られては困ると全力で鳴きます!

植野が全力でメエメエ鳴きます!

ここぞとばかりメエメエ鳴き散らします!!!

すると、植野の異変に気付いたのか、メエちゃん(永ちゃんのアクセントです)が走り出します!そして、メエちゃんが山羊の群れに飛び込みました!

植野は嗚咽まじりにメエメエ泣き散らします!

感動の再会を経て、メエちゃんは安堵した様子。

すかさず一緒に草を食べ始めます。植野はまだ嗚咽が止まらないのに。

メエちゃん、立ち直り、早いっすね〜

しかし、お気付きでしょうか。

そうなんです。山羊の色が違うんです。いわゆる「イロチ」です。最初の親山羊はメエちゃんと同じく「白」でしたが、この山羊達は「茶色」と「黒」。確実に違う山羊達です。

「これで良いのか?」と思いながらも、嬉しそうに草を食べるメエちゃんを見て、一応は安心。これで良かったことにします。

僕の行く道の上で、草を食べるメエちゃん達。仕方なく近付いていくと、ササッと逃げて行きます。

すると、ここで目を疑いました。

木陰に隠れて見えていませんでしたが、近くに白山羊もいたのです!しかも2匹!

ただ白いというだけでは、さっきの親山羊かわかりませんが、早く歩けと蹴ったり、ジャレたりしていたので、多分さっきの親山羊です。

そして、茂みに消えていく間際、メエちゃんだけはこっちを振り返って、じっと見つめてきました。

メ、メエちゃん?

言うまでもなく、泣き散らしました。

そして数秒間、最後の挨拶を見届けた親山羊が、後ろからメエちゃんを蹴って前に押しやり、山に消えて行きました。

結果、良かった。

「踊るメエちゃん親山羊大捜査線」は大成功。感動のエピローグを迎えました。

しかし、何でしょう、この感情は。

クゥゥウウー!!

 

まとめ

この後、キャンプサイトで見た夕暮れ

ほぼほぼ、メエちゃんの話になってしまいましたが、「Eatwells Lookout」はお手軽に、マールボロサウンドの大パノラマを見ることが出来て最高でした!

時間があれば「クイーンシャーロットトラック 」も全部歩きたい!

See you!

Always think easy, go easy.

👇 関連記事はこちら 👇

【ニュージーランド観光】マールボロサウンドへショートトリップ!

2018.08.12

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。