【完全保存版】大満喫!リオデジャネイロの歩き方、全全全部公開!(2019年)

Brazil
Shozza
ハロー!ついに、ペルーのクスコに到着しました!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、ブラジルの大都市、リオデジャネイロについて!

ブラジルのリオと言えば、カーニバル!2019年、僕も行くことができました!これがハンパない、、規模がおかしいです。笑

>> 【2019年版】リオのカーニバルは本当に世界一の祭りだった!

そしてもちろん、リオはカーニバルだけじゃない!コロニアルの街並みからビーチ、博物館、山と、見どころも多い!

ということで、この記事ではリオデジャネイロの歩き方について紹介します!

リオデジャネイロとは

リオデジャネイロとは、言わずと知れたブラジルのメガシティ。人口600万人強を有し、サンパウロに次ぐブラジル第二の都市です。

山と海に囲まれた盆地の中に立ち並ぶビル群の景観は、世界でも無二。市内に位置する高台、コルコバードの丘の上に立つキリスト像は、リオデジャネイロを代表するシンボルになっています。

また、市内から地下鉄で数十分の距離に位置するコパカバーナビーチは、ブラジル有数の人気ビーチの一つ。大都会からすぐ近くに綺麗なビーチがあるという都市は、そんなに多くないかと思います。

さらに、市内には多数の博物館や美術館があり、町歩きも楽しい!

以下、リオのオススメスポットについて紹介していきます!

 

ランドマーク編

ここでは、「これぞ!リオ!」というところを紹介します。

コルコバードの丘(キリスト像)

リオデジャネイロと聞いて、一番最初に思い付くのが、このキリスト像ではないでしょうか。実際に見てみると、かなり大きく迫力満点です。

しかも、リオで一番高い丘の上にあるため、リオの街並み、海、山々、シュガーローフまで、全てを一望可能です!

>> 【リオ】コルコバードの丘の行き方!事前予約がオススメ!(2019年版)

 

シュガーローフマウンテン(Pão de Açucar)

コルコバードの丘に次いで有名なのが、ポン・ヂ・アスーカル(Pão de Açucar)、通称シュガーローフマウンテンです。

リオの市街から上を向けば、常にそこにある奇怪で馬鹿でかいその岩は、リオの景観の象徴とも言えます。

しかも、この岩、ロープウェイで登ることができるんです!

シュガーローフの上からはリオの街並みと、その上に君臨するキリスト像を見ることができますよ!

 

コパカバーナビーチ

コパカバーナビーチは、セントロからメトロで30分ほどでアクセス可能な、リオを代表するビーチです

しかし、波がかなり強いので海水浴にはそこまで向いていません。それでも、観光客やカリオカ(リオっ子)で常に賑わっています。ビーチには露店や、売り子も沢山いるので、そこでビールやカイピリーニャを買って、ゆっくりするのも最高です。

ビーチでオススメなのがこいつ。ただの焼いたチーズにコショウや、スパイスを振りかけただけのシンプルなもの。チーズはその場で、簡易七輪を使って焼いてくれるので、ホクホク!

これがビールに合う!

 

イパネマビーチ

イパネマビーチは、コパカバーナビーチから更に奥に、メトロで数駅行ったところにあるビーチです。基本的に海の感じはあまり変わりませんが、コパカバーナと比べて、観光客も比較的少なく、落ち着いた雰囲気があります。

イパネマからのサンセットは最高です!

 

町歩き編(セントロ)

ここでは、セントロ付近の町歩きスポットについて紹介します。

リオデジャネイロ大聖堂

リオの市内には、教会や古い建物が沢山ありますが、ここだけはオススメです!

だって、世界広しと言えど、こんな教会見たことない!この形で大聖堂って!

しかも、内部もすごい。

コンクリートで作られた、ただただあっけらかんとした聖堂内。その四方に張り巡らされたステンドガラス。

その4本のステンドガラスの帯が、天井で交わって、クロスを作ります。

すごい、、美しすぎる、、

 

Escadaria Selaron

次は人気のインスタ映えスポット、「Escadaria Selaron」。

カラフルな階段がずっと上まで続き、ここで写真を撮らんと、インスタに上げんと!観光客が押し寄せています。

Escadaria Selaronに続く道沿いのストリートアートも綺麗です。

また近くには、Carioca Aqueductもあります。

 

明日の博物館(Museu do Amanhã)

リオでミュージアムに行きたければ、絶対にオススメなのが「明日の博物館」です。

ふざけた名前の割に展示物は、「人類がこれからの50年、どうやって世界を作っていくのか」というお堅いテーマを掲げている博物館。

しかし、お堅いかと言うと、そうではない!めっちゃオシャレ!楽しい!

館内はとにかくオシャレで、展示方法も映像と写真を駆使して、こだわっています。

写真のように、寝っ転がって映像を見るコーナーもいくつかあり、面白い体験ができます。

>> 【リオ】町歩きに疲れたら明日の博物館(Museu do Amanhã)がオススメ!

 

リオ郊外編

ここでは、リオから少し離れた場所にあるオススメスポットを紹介します!

ニテロイ現代美術館

ここは郊外と言って良いかわかりませんが、リオの対岸、ニテロイ地区にある現代美術館です。宇宙船を彷彿させる、その形が美しく、インスタ映え間違いないスポットです。

美術館自体はそんなに広くないですが、対岸からシュガーローフや、キリスト像を含むリオの町を俯瞰できるので、海辺の散策も楽しい。

また、ニテロイに行くには、フェリーに乗ることになるので、それも含めて楽しめます!

>> 【インスタ映え】リオのニテロイ現代美術館が美しすぎた!(2019年版)

 

Trilha Pedra do Telégrafo

Trilha Pedra do Telégrafoは、ここ数年で有名になった、大インスタ映えスポットです。

上記写真のような断崖絶壁ギリギリに立った写真が、お手軽に撮れるんです。

え?危なそう?

真実をどうぞ。

そう、トリックアートなんです。リオから3時間ほどと結構離れていますが、この写真を撮ろうと、観光客が沢山訪れています。まだまだ、日本人にはあまり知られていないので、先陣を切って自慢しちゃいましょう。

トリックアートを撮らなくても、ここからの景色は絶景なので、トレッキングコースとしてもオススメです。

また、道中にはビーチもあるので、トレッキング後のリラックスにも最適です。

>> 【リオ】インスタ映えで人気!Trilha Pedra do Telégrafoへの行き方!

 

カボフリオ(Cabo Frio)

カボフリオは、リオからバスで3時間程のところにあるビーチリゾートです。

コパカバーナやイパネマとは比べ物にならない程、綺麗!

リオ市内観光も終えて時間がある!ビーチに行きたい!という場合には、自信を持ってオススメします!

>> リオからバスで3時間!カボフリオ(Cabo Frio)のビーチが天国すぎる!

 

まとめ

ということで、リオデジャネイロの歩き方についてでした!

リオといえば、やっぱりカーニバルが最高ですが、町歩きもめちゃめちゃ楽しいです!流石は、ブラジル屈指の大観光都市!

次の記事では、ブラジル周遊の総括について紹介します!

<<< 関連記事はこちら >>>

【2019年版】リオのカーニバルは本当に世界一の祭りだった!

リオからバスで3時間!カボフリオ(Cabo Frio)のビーチが天国すぎる!

【リオ】コルコバードの丘の行き方!事前予約がオススメ!(2019年版)

【リオ】インスタ映えで人気!Trilha Pedra do Telégrafoへの行き方!

マナウスのアマゾンツアー!期待した野生動物には出会えなかったけど、楽しい!

【プエルトイグアス】イグアスの滝が壮大すぎて鳥肌!(2019年版)

See you!

Always think easy, go easy.

ShozzaTripをフォローしよう!

メールアドレスを記入してフォローボタンをクリックすれば、更新をメールでお知らせします!
Instagramのフォローも待ってます!