見所満載の屋久島をレンタルバイクで一周しよう!

Japan
Shozza
ハロー!現在、ニュージーランドでワーホリ中のShozzaです!

昨年の夏、日本出国前にずーーっと行きたかった「屋久島」に初上陸してきました。

有名な「縄文杉」を見るトレッキングが一番の目的でしたが、それ以外にもビーチや温泉、バイクでの島一周、そして屋久島のグルメと、屋久島を堪能することができました!

今回の記事では、バイクでの島一周の仕方、見所について紹介します!

👇 屋久島の総まとめはこちら 👇

日本のマダガスカル!動植物の楽園「屋久島」を大満喫!

2018.08.06

屋久島一周ルート

屋久島は縄文杉トレッキングだけじゃない!島の至る所に見所が!

そんな屋久島を回るにはレンタルバイクがおすすめです!

僕たちは約5時間程で、以下の場所を回りました。

屋久島一周ルート
  1. トローキの滝
  2. 平内海中温泉
  3. 大川の滝
  4. 西部林道
  5. いなか浜

約100km、バイクのみの所要時間で3時間弱ほどの道のりです。

 

レンタルバイクの借り方

屋久島滞在のメイン拠点になる「宮之浦」には、いくつかレンタルサイクル、レンタルバイクショップがあります。

僕たちは今回、一番安かった「ゆうこレンタル」さんでレンタルしました!

6時間のレンタルで2800円。中々良心的な価格設定です。

ゆうこレンタル

 

屋久島一周へGO!

この時期は、7月末。猛暑の屋久島を半裸で駆け抜けました。

 

トローキの滝

宮之浦から屋久島を右回りに、ちょうど1/3程きたところに位置する「トローキの滝」

海に直接落ちる滝は珍しいらしく、日本では北海道知床の「カムイワッカの滝」と、このトローキの滝しか見つかっていないそう。

とは言っても、上の写真以上近づくことができず、迫力も、、なので感動は少ないです。

「レアな滝」として、テンション上げておくくらいです。

 

平内海中温泉

か、“海中” 温泉!?

そうなんです!この温泉、「海中」にあるんです!

この「平内温泉」、温泉が海岸付近で沸いていて、普段は海中にありますしかし、1日2回の干潮時にのみ、海水と温泉が混じり合い、最適温度の温泉となるのです!

海と一体化した温泉は開放感、迫力満点で最高です!

干潮時間は日によって異なるので、下のウェブサイトで確認が必要です。

http://sio.mieyell.jp/select?po=84622

 

大川の滝

「大川の滝」は、落差88mを誇り、屋久島の里にある滝では最大級の滝です。

滝下まで近づくことができ、マイナスイオンを沢山浴びることができます。

屋久島一周もここで2/3程。リフレッシュするのにも最適な場所です。

 

西部林道

はい、来ました。

屋久島一周のハイライト。

大川の滝を超えて、県道78号線を更に進むと、一気に緑が濃くなります。

はい、そうです。

野生動物の楽園、「西部林道」に入りました。

バイクを走らせると、すぐにオ☆デ☆マ☆シ!野生の「ヤクシカ」です!

その後も続々と!

人間を全く恐れることもありません。

かわええ!かわええんです!

しかし、興奮はここまで。

「ヤクシカいすぎ問題」です。

およそ10分ほどで見慣れて来て、ヤクシカが道を歩いていても、減速どころか、振り返りもしなくなります。笑

しかし、そんな時でした。

数十匹のヤクシカを爆速で素通りし、更に林道を突き進むと、何やら見慣れぬシルエットが。

「ヤクシマザル」達です!

子供達がお母さんのお乳を探して遊んでいます。。可愛い。。

更に、ヤクシカとヤクシマザルのコラボも。喧嘩することもなく、仲良く共存していました。

お母さんのお乳を飲む子ザルと、ママザルの毛づくろいをするパパザル

これ、野生ですよ。。泣

大感激。。

 

いなか浜

「いなか浜」日本一のウミガメの産卵地として有名です。

日本一はもちろんのこと、世界有数の産卵地でもある「いなか浜」は、保全活動が行われていて、産卵期、および子ガメの孵化時期にはビーチへの立ち入りが禁止されています。

ウミガメの観察は、「観察会」に参加する必要があります。詳しくは以下ホームページを確認ください。

永田ウミガメ連絡協議会

ウミガメを見ることはできませんでしたが、「いなか浜」からの夕日は最高でした!

 

まとめ

宮之浦に戻って、三岳で晩御飯

ということで、約5時間のドライブを終え、無事に宮之浦に戻って来ました。正直、この5時間は結構早めです。

できるなら、もう少しゆっくりしたいところです。僕らの場合は、フェリーで到着日に島一周をしてしまう必要があったため、急ぎめの一周となりました。

  • 12:30 島に到着
  • 13:00 ゲストハウスチェックイン
  • 13:30 バイクレンタル
  • 14:00 出発
  • 19:00 バイク返却

今回お世話になったゆうこレンタルさんは、19時閉店であったため、何としてもそれまでに帰る必要があったわけです。

とは言っても、5時間で本当に満喫することができました!屋久島一周はぜひレンタルバイクで!

See you!

Always think easy, go easy.

👇 関連記事はこちら 👇

日本のマダガスカル!動植物の楽園「屋久島」を大満喫!

2018.08.06

屋久島でトレッキング!縄文杉と白谷雲水峡を1日で踏破する方法

2018.08.04

屋久島で僕らを待っていたのは、縄文杉ではなく最高での出会いだった

2018.07.31

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。