【2017年版】ルートバーントラックの歩き方大公開!

New Zealand
Shozza
ハロー!ニュージーランドでワーホリ中のShozzaです!

現在、ニュージーランド 南島の一大観光地、クイーンズタウンで働きながら生活しています。

大自然の宝庫であるニュージーランドでは、トレッキングが大人気!

その中でも、世界一有名と言っても良いであろう「ミルフォードトラック 」に次いで、ニュージーランドで二番目に人気のトレッキングコースが「ルートバーントラック」。

この記事では、ルートバーントラックについて紹介します。

 ミルフォードトラックはこちら >>> 【2017年版】ミルフォードトラックの行き方、歩き方〜1日目〜

ルートバーントラックの行き方

ルートバーントラックの場所

ルートバーントラックはニュージーランドの南島「フィヨルドランド国立公園」に位置します。

有名なミルフォードサウンドなどを有するフィヨルドランド国立公園内には、多数のトレッキングコースがあり、大自然の宝庫です。

ミルフォードサウンド

 ミルフォードサウンドはこちら >>> 絶景の連続、ミルフォードサウンド!10ドルで行く方法大公開!

 

ルートバーントラックのトレッキングコースは、クイーンズタウンの北の町グレノキー周辺の「ルートバーンシェルター」から、ミルフォードサウンドの手前の「ディバイド」を結んでいます。

コースは周回ではない(同じ場所に戻ってこない)ため、自分の車で行く場合少し不便です。

僕の場合は自分の車で行ったため、ルートバーンシェルター側から登り始め、トップのハリスサドルで引き返すパターンを選びました。

多少お金はかかりますが、400ドルほどで車を反対側に送り届けてくれるサービスもあるみたいです。あとは、ヒッチハイクも主流です。

 

ハット、もしくはキャンプサイトの予約が必須

ミルフォードトラックのように1日の入場人数制限はありませんが、寝泊まりするハット、もしくはキャンプサイトの予約が必須になります。(そういう意味では、制限あり)

予約は、ニュージーランドの環境保全省DoCのサイトでオンライン予約できます。

DoCでのオンライン予約

ルートバーントラックだけでなく、ミルフォードトラックやその他のトレッキングコースのハット、キャンプサイトの予約が可能です。

DoCサイト

一般的には、2泊3日のコースで、「ルートバーンフォールズハット」と、「マッケンジー湖ハット」に2泊するのが主流です。(コストを抑える場合はキャンプサイト泊も可能)

ミルフォードトラックと同様、人気のコースなので事前予約が必要です。

 

ルートバーントラック、トレッキング開始!

いよいよトレッキンが開始です!

 

1日目

ルートバーンシェルター▶︎ルートバーンフラッツ・キャンプサイト

キャンプ泊する場合、1日目はめちゃめちゃ楽です。1つ目のキャンプサイトがスタートポイントから1.5-2.5時間程しか離れていないためです。上りも約150mほど。

こんな感じの山道を歩いて行きます。

あっという間に本日の宿泊地「ルートバーンフラッツ・キャンプサイト」に到着です。

しかし、ここで悲劇が。

ルートバーントラックのトレッキングの主流は、もう少し登った先にある「ルートバーンフォールズハット」に泊まります。その場合、ここルートバーンフラッツは単なる休憩地。

僕らもてっきり、キャンプサイトもルートバーンフォールズにあるものだと思っていました。

ということで“本当はここが本日のゴールである”にもかかわらず、テントを含む重いキャンプ用品を持って再び登り始めます。しかも、ルートバーンフラッツからルートバーンフォールズまでは結構な急勾配!

三人ともヘトヘトです。そこで、一旦休憩を。

ここで、機転の効くShozzaが行動に出ます!

「本当にルートバーンフォールズで良いの?」

そうです、何かのお告げを聞いたかのように、急に疑念を抱き始めたのです。

そして、マップは当然の返答を繰り出します。

「ちげぇよ」

これはまずい、ミ○ビ様のブチギレ必死、、

僕がアタフタしてると何やら視線を感じ、その視線の先に振り返ります。

あああ、あかん。

もう既に何かを察し、睨みつけておられる。。しかし、伝えなければいけない。真実を。

ええ〜〜とですね。みなさん、ちょっとすみません。今回のトレッキングについてですけどもね。もう一度コース内容からですね。順に追って確認して行きたいなとですね。わたくし思うん
miyabi様
いいから早く言えよ
我ら引き返します☆!

無言の下山

楽しい登山となりそうです!

ということで、ルートバーンフラッツに再び戻ってきました!1日目の登山にしては物足りなかったから、ちょうど良い運動になったかも!☆

(無言)

というのは冗談で、さてと早速テントを貼っちゃいましょう!(汗)

テント泊

ここも大絶景のキャンプサイトです!

今夜の晩御飯はパスタ。

しかし、サンドフライの数が尋常じゃないため、全身に虫除けを振りまいた上、最大限肌を出さないようにして、外でトランプをします。(虫嫌いのカズキは蚊帳を持参)

そして、1日目が終了です。

 

2日目

ルートバーンフラッツ・キャンプサイト▶︎ハリスサドル▶︎ルートバーンフラッツ・キャンプサイト

さて2日目!今日は結構ハードな1日です!

ルートバーントラックのトップである「ハリスサドル」まで行き、戻ってきます。往路4時間、復路2.5時間のコース。

さらに時間があれば、ハリスサドルから更に登った「コニカルヒル」にも行こうと考えています。(これが往復1.5時間ほど)

2日目開始です。1.5時間ほどでルートバーンフォールズハットに着き、軽く休憩して、更に登ります。

少しすると、開けたところに出ます。ここが、ロードオブザリングの世界の様な場所で、綺麗です。

動画で見ると、その世界観が伝わると思います。

ハリス湖

ハリス湖を過ぎると、ついに目的地、ハリスサドルが見えてきました!

いえーい!やりました!

ここから、更に片道1時間ほどかけて、コニカルヒルに登ります。

登って来た道がはるか向こうに。

絶景です。

しかし、頂上付近についた途端、天候が急転。視界が真っ白に。

ということで、コニカルヒルからさっさと引き上げて、ルートバーンフラッツまで下山します。18時頃キャンプサイトに着いて、終了。

翌日、朝一にキャンプサイトを出て、昼前に駐車場に帰り着きました。

念願のルートバーントラック、絶景続きで最高でした!次はミルフォードトラック!

<<< 関連記事 >>>

【2017年版】ミルフォードトラックの行き方、歩き方〜1日目〜

【ニュージーランド観光】マウントクックはフッカーバレートラックを歩こう!(2018年版)

【ニュージーランド観光】ワナカのトレッキングは「Isthmus Peak」がオススメ!

ニュージーランドと言えば!野生のペンギンを探してオアマルへ!

テカポじゃなくても綺麗!ワナカのキャンプサイトで星空観測!

See you!

Always think easy, go easy.

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。