【10万円高く売れた!】ニュージーランドでの車の売り方(2018年版)

New Zealand
Shozza
ハロー!ニュージーランドでワーホリ中のShozzaです!

ニュージーランドと言えば、ワーホリや語学留学で大人気で、日本人も多い!

僕もワーホリビザでニュージーランドに来てから早いもので1年が経とうとしています。そこで、この1年の中で知ったことや、役立つことを紹介していきたいと思っています。

ニュージーランドのワーホリで車購入をオススメする理由(2018年版)」で、ニュージーランドでも車事情について紹介しました。1年、半年の滞在であろうと、ニュージーランドでは車購入がオススメです!なんと言っても、ほぼ無料(ガソリン代のみ負担)で車を所有することができます。その理由が、車を買った時と同額、または高額で売ることが簡単に出来るからです!

なんと僕は、20万円で購入した車を、30万円で売る事に成功しました!

この記事では、ニュージーランドでの車の売り方について説明したいと思います。

ニュージーランドでの車の売り方

基本的には「車の買い方」と同じです。要領を掴むためにも、先に下記の記事を読むことをオススメします。

 こちら >>> 【めっちゃ簡単】ニュージーランドでの車の買い方 大公開!(2018年版)

具体的な方法は以下の通りです。

  1. Facebookのグループでやりとり
  2. trademeという、日本でいうメルカリのような売買サイトでやりとり
  3. バックパッカーズ(安宿)などの掲示板に投稿
  4. 「On Sale」と書いて、路上駐車する
  5. 公園等で行われるCar Fair(車のフリマ)に行く
はい、完全に同じです(ほぼコピペ)

買い方と同様、ここでもFacebookのグループが主流で、ほとんどこれだけでOKです。しかし、売るための時間がない時などは、1〜5を駆使する必要があります。

 

Facebookのグループでやりとり

ニュージーランドの車売買で、最も主流な方法が「Facebookのグループ」です。

オススメのグループは以下の通り。

前半の2つはニュージーランド全体での投稿があり、後半の2つはそれぞれオークランド、クライストチャーチでの都市別のグループです。その他にもウェリントンや、クイーンズタウンなどの大都市でもグループがあるので、自分の住んでいる場所のグループに参加してみて下さい。

 

売却までのステップ

売却までは、以下のステップになります。

  1. グループへの参加申請
  2. 承認後、自分の車の広告を掲載
  3. 買い手からのメッセージを待つ
  4. メッセージが来たら、車の見学をしてもらう
  5. 買い手が気に入れば、購入の手続きへ
  6. お金を受け取り、郵便局で名義変更の手続きを済ませる(所要3分)

まずは「参加ボタン」を押し、グループに参加します。いくつかの質問に答え、グループ参加申請すると、1〜2日程で承認されます。

次に「販売する」ボタンを押します。

広告の掲載ページが出るので、必要事項を記入します。

内容も、金額もいつでも変更可能です。

金額を変更すると、以前の金額に横棒をつけて表示されるので、お得感が出ます。初めは高めに設定して、安くしていくことをオススメします。

広告の掲載後は、買い手からの連絡を待ちます。どれくらいで連絡が来るかは、時期や車にも寄ると思いますが、僕の場合、掲載後1週間は全く連絡がありませんでした。

連絡が来たら、見学してもらう(出来るだけ早めがオススメ)を、買い手が見つかるまで繰り返します。

その1週間後に急に、1日に2〜3件連絡が来るようになり、一人目の見学で即効売却できちゃいました

連絡が来てから見学までの間を開けると、その間に他の車に決めちゃう可能性が高いので、できればその日か翌日がオススメです。

買い手が見つかった後のステップ、「お金の受け渡し」「郵便局での名義変更」は、【めっちゃ簡単】ニュージーランドでの車の買い方 大公開!(2018年版)のページを参考にしてください。

 

trademeでやりとり

Facebookグループに次いで有名なのが「trademe」と呼ばれる、日本で言うメルカリのようなフリマサイト。

が、しかし!!

僕、車売るのに、trademe使ってないんです

(Facebookで簡単に売れちゃったから、、)

ということで、わかりません!

とは言え、広告を出した後のステップはFacebookと同じです!正直、Facebookだけで十分だろうというのが本音ですが、心配であれば、挑戦してみると良いと思います。

trademe:https://www.trademe.co.nz/

 

バックパッカーズなどの掲示板に掲載

ニュージーランドのゲストハウス、バックパッカーズなどには掲示板があり、仕事の求人情報や、車の広告などが貼られています。

車の売却のためにオークランドなどの大都市の宿に滞在している場合は、掲示板に貼ってみるのがオススメです!ワーホリを始めたばかりの人などが、車を探して滞在していることも多いです。見学もすぐに出来て、手早く便利!

 

「On Sale」と書いて、路上駐車する

ニュージーランドでは、路上駐車されている車が売りに出されていることがあります。

正直「これはどうなんだろう」という気がしますが、安宿(ワーホリ滞在者が多い)などが多い通りで、人通りも多ければ、有効だと思います。

どうせ停めているだけであれば、やってみても良いかも?

 

Car Fair(車のフリマ)に行く

オークランドには「Car Fair」という、車のフリマが毎週日曜日の午前中に行われています。

買い手は無料で、売り手は$35を払えば、誰でも出品可能です。他の手段よりも手っ取り早いですが、週1であることと、午前中の3時間しかないこと、お金がかかるというデメリットもあります。

しかし、その場で車を見せながら説明できるので、結構効果は大きいと思います。

僕も1週間後に売れていなかったら、その後の日曜日は毎週行くつもりでした。

Car Fair:http://www.carfair.co.nz/

 

高く車を売るためのテクニック

車の売り方がわかったところで、「高く車を売るための方法」を伝授します!

はい、ここ大事。テスト出ます。

 

売却には10〜11月がベスト。12〜1月もOK

実はニュージーランドでの車の売買には、それぞれ最適の時期があります。

車の売買 最適時期
  • 購入:6〜7月
  • 売却:10〜11月(12〜1月も)

購入は6〜7月頃、売却は10〜11月がオススメです。

これは何故かというと、主に車を購入するのは欧米出身のワーホリ滞在者が多いのですが、彼らの多くは高校・大学を卒業してすぐにニュージーランドにやって来ます。

そうです。

欧米の学校は9月が学期末となるので、10月から旅に出る旅行者が圧倒的に多いのです。実際、僕の友達のドイツ人(高校卒業後すぐNZへ)は、オークランドで偶然にも高校の友達に、3人もあったそうです。それだけ、欧米人が多い。

彼らがニュージーランドに来て、まず始めにするのが、車探し。この時期(10〜11月)のオークランドには、本当に車を探している欧米人が多いです。

買い手が多ければ、高く売れるのが需要と供給

自分の旅程と合えば、この時期に車を売るのがオススメです!実際に、僕も10月中旬から広告の掲載を始めたため、高値で売る事に成功しました!

また一方で、ニュージーランドでの冬にあたる7月の前に帰国する欧米人が多い。帰国前に車を売りたいが、冬ということもあって、買い手も少ない。つまり需要が低いので、必然的に価格も安くなります。ニュージーランドで車を買う予定があれば、この時期(6〜7月)がオススメです。

逆に言えば、この時期に売るのは本当に大変だそうです、、気をつけて、、

 

説明文を充実させる

そして、説明文を充実させることも重要な要素の一つです。

自分が買い手であった時に知りたかった情報を全て載せましょう。具体的には以下の内容を書いておくと良いと思います。

  • 車種(製造年)
  • 走行距離
  • シート数
  • ガソリンの種類
  • ギアの種類(オートマorマニュアル)
  • エアコンの有無
  • オーディオの有無
  • WOFの期限
  • REGOの期限
  • (燃費)
  • 調理器具やキャンプ道具
実際に僕の掲載分を下に載せておきます

写真を充実させるのもポイントです。適当な写真が並ぶよりも、魅力的な写真が沢山あった方がイメージが湧きやすいです。

ちなみに僕はよりイメージしやすいように、動画を作成し、公開しました。

 

まとめ

僕が車を売ったフランス人

ということで、ニュージーランドでの車の売り方についてでした!

ポイントは最適時期に売る事で、よっぽどオンボロでなければ、この時期(10〜1月)なら苦労せずに売る事ができると思います。

うまくやれば、簡単に買った時よりも高く売ることもできますよ!

<<< 関連記事 >>>

ニュージーランドのワーホリで車購入をオススメする理由(2018年版)

【めっちゃ簡単】ニュージーランドでの車の買い方 大公開!(2018年版)

【ニュージーランドの車事情】車検、保険、税金まるわかり!(2018年版)

【ニュージーランドワーホリ】ヴィンヤードでウーフ体験!(WWOOF)

ニュージーランドと言えば!野生のペンギンを探してオアマルへ!

See you!

Always think easy, go easy.

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。