【2019年最新版】パタゴニアではSIM(ネット)が使えないよ!買わなくてOK!

Argentina
Shozza
ハロー!パタゴニアでトレッキング三昧のShozzaです!

今回の記事は、アルゼンチンでのSIMについて!

チリのサンティアゴから南下し、チリのプエルトモントから、アルゼンチンのバリーロチェへと抜けてきました。パタゴニアに南下する際の人気のコースで、私のように、バリローチェからアルゼンチンinする人も多いと思います。

アルゼンチンに入国したら、まず始めにやりたいことが、アルゼンチンペソの入手SIMの入手。SIMの購入、アクティベーション自体は簡単で、安く、特に問題はなかった。

が、しかし!なんとパタゴニアではネットが繋がりません!

ということで、この記事では2018年末、最新のアルゼンチンSIM事情について紹介します!

バリローチェについてはこちら >>> 【2019年最新版】バリローチェ丸わかり!市内観光から登山まで!

アルゼンチンのSIM

アルゼンチンでもSIMカードは簡単に入手可能で、カード自体も150円程とかなり安い。ネットも、1週間2GBで300円程。

主な業者は以下の3つ。

  • Movistar
  • Claro
  • Personal

SIMの価格も、ネット料金もそんなに変わらないそう。Claroは山に強いという話も聞いたことがありますが、どうかはわかりません。

 

SIMの買い方

キオスク

SIMの買い方は、それぞれの販売店に行くか、キオスク(どこにでもあるコンビニのようなもの)で買うことができます。僕は、その後のアクティベートも手っ取り早くやってもらうために、一番近くにあったMovistarの販売店に行きました。

ここで、以下のお金を支払いました。

  • SIM代:50ペソ(150円)
  • チャージ金:200ペソ(600円)

ネットや、電話の使い方は、一度自分のアカウントにお金をチャージして、パッケージ(1週間とか、1ヶ月とか)を買うというもの。

僕は、1週間2GB(100ペソ)を使うつもりだったので、200ペソチャージし、その場で100ペソ使って1週間分購入しました。また、1週間後にSMSで「D7」とメッセージを送ると、1週間分の購入ができるという訳です。

ちなみに、チャージはキオスクでもできます。

 

バリローチェより南、パタゴニアではネットが繋がらない!

バリローチェでSIMアクティベート後、バリローチェでは快適にネットが使えていました。

が、しかし!

バリローチェから、ついにパタゴニアの中心へ南下していくと、徐々に電波がなくなって行き、その後は全く繋がらなくなりました。エルチャルテンの街で聞いてみると、「パタゴニアでは電話はできるけど、ネットは繋がらないよ」とのこと。

なんやねん!

SIMカード自体、そんなに高くないから損した気はしないけど、なんか悔しい!

てか、パタゴニアだけって言うけど、アルゼンチンの南部の一部って言うけど、大きさ的には日本がスッポリ入るくらいあるんよ。そこに住んでる人はネット使えないって、いいの?WiFiは繋がるんだけど、同じ通信設備使ってるんじゃないの?謎である。

とは言っても、これから行くウシュアイアや、エルカラファテなどの大都市では繋がる可能性はあります!チャージした100ペソ(1週間分)がまだあるので、それで様子見してみます!

 

まとめ

ということで、アルゼンチンペソでのSIM事情についてでした!

パタゴニアだけの観光であれば、SIMの購入はそんなに必要ないかな?と感じました。ブエノスアイレスや、他の都市に行く場合は、利用価値はあると思います!

エルカフラファテや、ウシュアイアの情報がわかり次第更新します!

<<< 関連記事はこちら >>>

【2019年最新版】バリローチェ丸わかり!市内観光から登山まで!

【バリローチェ観光】ジャオジャオ(Llao Llao)のトレッキングがオススメ!(2018年版)

【バリローチェ観光】カテドラル山が半端ない!最高にオススメ!(2018年版)

【2019年最新版!】アルゼンチン、バリローチェでの両替事情について!

【2019年最新版】プエルトモントからバリローチェへのバス移動について!

【南米観光】チリ、アルゼンチンのバス検索・予約方法(2018年版)

See you!

Always think easy, go easy.

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。