ルアンパバーンにはスローボートでゆっくり移動!

  • English (United States)
  • 日本語

 

ハロー!

ついにアジアを飛び出し、ニュージーランドに出発しました!Shozzaです!

 

 

つい先日まで、ラオスを満喫して来ました!!今回は、ラオスで最初に訪問したルアンパバーンについて。

 

ラオス一の観光地、ルアンパバーンへの行き方ですが、どこからラオスに入国するかで選択肢が変わって来ます。

僕のようにタイ北部のチェンコンから入国した場合、国境からルアンパバーンまで行くのに、“スローボート” と呼ばれる、面白い移動方法が選べます。

 

 

今回は、その  “スローボート”  についてです。

 

 


そして!こちらもクリック!!

リックして貰えると、元気が出るので是非よろしくお願いします!

↓ クリック! ↓

にほんブログ村 旅行ブログへ


 

 

ラオス一の観光地、古都ルアンパバーン

ルアンパバーン

ルアンパバーンは、ラオスの首都ビエンチャンよりも、有名かつ人気の観光地です。14〜18世紀頃まで盛えた、ラオ族王朝の首都であったこの街は、鎌倉や京都のように今日まで古都の姿を残しています。

また、アジアの中でも比較的早い時期に世界遺産に登録された街でもあります。

 

ラオスで一番有名な街ということで、ラオスに来る旅行者で、ルアンパバーンを訪れない方はいないと思います。

 

タイ北部からルアンパバーンへ向かう

 

ルアンパバーンに行く場合、ラオス国内から飛行機やバスで来る他、ベトナムや中国、タイから来ることができます。

 

僕の場合、タイ北部のチェンライから国境を超え、ルアンパバーンに向かおうと考えました。

 

 

チェンライからルアンパバーンへ行く方法

チェンライからチェンコンまでのバス

チェンライからルアンパバーンに行くには、基本的にはバスになります。

 

チェンライ → チェンコン(タイ国境) → フアイサイ(ラオス国境) → ルアンパバーン

  • チェンライからチェンコン:ローカルバス(70B)
  • チェンコンからフアイサイ:国境の友好橋を越えるバス(20B)
  • フアイサイからルアンパバーン:長距離バス(900B)

 

 

しかし!

 

上記のルートでは全行程バスになるのですが、

 

 

ラオス入国後、

 

フアイサイからルアンパバーンまで、

 

 

メコン川をくだって、

 

 

 

ボートで行くこともできるんです!

 

(しかも2日もかかるんです!)

 

 

カンツォーーネッ!!

 

チェンライからのルートはこんな感じ↓

 

  • 青のルートがバス(チェンライ→チェンコン→フアイサイ)
  • オレンジがボート(フアイサイ→パックベン→ルアンパバーン)

 

スローボートの総距離、なんと300km弱!

東京から名古屋まで、川下りで行くと考えてみてください!笑

 

楽しそうである!!笑

 

 

ボートの種類は2つ

スローボート

このボートですが、スピードボートと、スローボートの2種類あります。名前の通り、ボートのスピードが違います。スピードボートは6時間ほどでルアンパバーンに着くのに対し、スローボートでは2日かかります。笑(上記写真)

 

フアイサイとルアンパバーンの中間地点のパックベンという街で1泊し、1日目6時間、2日目9時間の乗船になります。

 

 

ボートの値段

 

ちなみにこのスローボート、バスやスピードボートに比べて倍以上の時間がかかるのですが、特に安い訳ではありません。

なんならバスの方が安いです。

 

◆フアイサイからルアンパバーンまでの運賃比較(タイバーツ)

  • スピードボート:1700B(5100円)
  • スローボート:1200B(3600円)
  • バス:900B(2700円)

 

しかし、“2日かけて、ボートでルアンパバーンまで行く” という面白さに惹かれて、多くのバックパッカーがスローボートを利用します。

タイ北部からルアンパバーンに抜けるのに、一番メジャーな方法です。

 

スローボートからの景色

何よりも、メコン川の景色が本当に美しい。水牛の群れを至る所で見ることができますし、運が良いと象も見ることができます。

 

“移動” と捉えるのではなく、“観光” ですね。

 

 

スローボートの旅

 

チケットの買い方

タイ国境とラオス国境の間を超えるバスのチケット

チケットは国境付近でも買うことができます。

国境を超える人はみんな、ルアンパバーンに行くので、国境付近にはチケット売りが沢山います。

 

多少割高になりますが、国境からボート乗り場までのトゥクトゥク料金も含まれているので、これが一番楽だと思いました。

 

 

出発時間と、チェンライ出発時間

 

出発時間は毎日、11時になります。つまり、遅くても10時にはラオス国境を超えたい。

 

日本人は、国境でビザの申請が必要ないので、欧米人のように長い時間待つことがなく、比較的簡単に国境越えできます。

実際僕は、タイ出国からラオス入国まで、15分で完了しました。

ラオスのイミグレ

余裕を持って9時〜9時半にはタイ国境側にたどり着きたいですね。

 

となると、チェンライを遅くても7時半には出発する必要があります。

7時半に出れば、国境でトラブルでもない限り、11時のボートには間に合うと思います。

 

タイ国境の様子

 

 

乗船(重要!)

スローボート内の様子

スローボートは大人気で、ハイシーズンはほぼ満席になります!

 

乗船にあたって、知っておくべき、最も大事なことがコレ!↓

 

 

スローボートでは心を鬼にして、席取り合戦!

 

 

もちろんチケットには席番号がありますし、席にも番号がふってあります。

しかし番号と言っても、手書きの紙が席の上に置いてあるだけなので、良い席を取ろうと番号札を捨てて関係なく座ります。笑

 

いつから、この “無法地帯化” が始まったのかは知りませんが、僕もそう書かれた記事を読みましたし、乗船客は皆その事を知っているため、本当にこのカオスが実践されています。笑

 

おそらく記事を読んでいなかったら、状況把握できず地獄を見ていたと思います。笑

 

 

『本当にやってもいいかな?』とか、

『後ろの方にもっと良い席があるかも、、』とか、

 

 

余裕をこいてると、一瞬で席がなくなります。何と言っても、1日6時間とか、9時間の長旅。

 

 

ここでいかに良い席を確保するかで、このスローボート旅を快適に終えられるかどうか決まってきます。

 

 

早起きが大嫌いな欧米人も2日目には皆、めちゃめちゃ早く起きてボートに待機してました。笑

 

 

出発です

スローボートからの景色

いよいよスローボート出発です。出発して15分くらいで、既に人里離れた大自然の中に入っていきます。さすがは国土の8割以上が山間部のラオスといった感じです。外を見ればいつでも絶景。

至る所に水牛の群れが

スローボートの上では、近くの人とおしゃべりをしたり、本を読んだり、景色を見てたり、ラオビアを飲んだり、みんなが思い思いに自由にゆっくりとした時間を送っていました。本当に気持ち良い時間です

メコン川の夕日

あっという間に1日目、2日目と終わってしまいました。

 

 

パックベン宿泊

ホテルから見る朝靄のメコン川

中間地点のパックベンでの宿泊ですが、もちろん事前にネットで宿を予約することも可能です。しかし、ネットで予約するよりも、現地で交渉した方がだいぶ安くなります。

そもそもラオスの物価が高い、特に宿代が高いってことに加え、パックベンは田舎でドミトリーがないので結構高いです。

ですので、現地で交渉した方がベターだと思います。

 

 

まとめ

下船時の様子

体力に自身のない方は少し疲れるかと思いますが、景色は最高ですし面白いネタにもなるので、体力と時間に余裕のある方は、是非試して見てください!

 

僕はまた乗りたいと思いますが、5年以内の再訪だったらバスで良いかなって、それくらいの感じです。笑

 

スローボート気になる!って思った方は、こちらをクリック!

↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

 

 

See you!

Always think easy, go easy.

 


PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です