【リオ】インスタ映えで人気!Trilha Pedra do Telégrafoへの行き方!

Brazil
Shozza
ハロー!リオ近郊のリゾート、Cabo Frioを満喫中のShozzaです!

今回の記事は、リオの有名観光地、Trilha Pedra do Telégrafoについて!

ブラジルのリオと言えば、カーニバル!

2019年、僕も行くことができました!これがハンパない、、規模がおかしいです。笑

>> 【2019年版】リオのカーニバルは本当に世界一の祭りだった!

そしてもちろん、リオはカーニバルだけじゃない!他の見どころも多い!

その中で、最近インスタで人気沸騰中のスポットが「Trilha Pedra do Telégrafo」。リオの景色をバックに、崖っぷちでアクロバットしている写真を見たこと、ありませんか?

しかし、実はここ、リオの町からアクセスがかなり悪い!バスや鉄道を乗り継いで3時間以上かかります!さらに、1時間ほどのトレッキングも必要!

ということで、この記事では「Trilha Pedra do Telégrafo」の行き方について紹介します!

リオデジャネイロとは

リオデジャネイロとは、言わずと知れたブラジルのメガシティ。人口600万人強を有し、サンパウロに次ぐブラジル第二の都市です。

山と海に囲まれた盆地の中に立ち並ぶビル群の景観は、世界でも無二。市内に位置する高台、コルコバードの丘の上に立つキリスト像は、リオデジャネイロを代表するシンボルになっています。

また、市内から地下鉄で数十分の距離に位置するコパカバーナビーチは、ブラジル有数の人気ビーチの一つ。大都会からすぐ近くに綺麗なビーチがあるという都市は、そんなに多くないかと思います。

さらに、市内には多数の博物館や美術館があり、町歩きも楽しい!

>> 【完全保存版】大満喫!リオデジャネイロの歩き方、全全全部公開!(2019年)

 

「Trilha Pedra do Telégrafo」とは

「Trilha Pedra do Telégrafo」は、リオデジャネイロ近郊にある、最近話題のインスタ映えスポット。

リオの海岸と山々を一望できる景観はそれだけでも、一見の価値がありますが、それだけじゃない。

 

View this post on Instagram

 

Bruno Muñozさん(@brunitomunoz)がシェアした投稿

こんな写真を撮ることができるんです!

 

View this post on Instagram

 

Trilhas e pontos turísticos-RJさん(@trilhas_rjj)がシェアした投稿

凄くないですか!?!?

そうです!

凄くないんです!!(ドドン!)

真実をどうぞ。

はい、そうなんです。

全然、凄くないんです.

しかし、写真の撮り方と、SNSの拡散力ってすごいですよね。

ただのこんなことなだけなのに、僕も何年か前からこの写真を見たことがあって、「行ってみたい!」と、思ったことがありましたし、実際に、SNSで拡散されてから観光客が爆増して、地域おこしになっているんだとか。

 

行く場合は朝早く出発しよう!

人気になったのは良いですが、そのおかげでこの有様

この写真を撮るためだけに、観光客が爆待ち

そんなに人の列も長くなさそうに見えますが、例の写真を撮るのにはそこそこ時間がかかる。しかも、一人で何パターンも撮ったり、グループ内で取り合ったりをするため、1グループで短くても5分以上かかります。

衝撃の事実を聞きたいですか?

この日のこの行列、

何と、2時間待ちです。

僕は待たずに、写真をパパッと撮って、帰りました。一緒に行った欧米人も、2時間待ちと聞いて「じゃあいいや」と。

しかし、南米人だけは違います。全員、絶対に撮ると、残ることに。よく見ると、並んでいるのはほとんどラテン系です。

南米人、インスタ大好きですからね、、

ということで、どうしても写真が撮りたい場合は、早めに出発しましょう!午前中は比較的、人が少ないらしいです!

 

「Trilha Pedra do Telégrafo」行き方

上述したように、行き方は決して簡単ではありません!かと言って、難しい訳でもないので、ご安心を!

何と言っても、乗り継ぎが多いんです!

コパカバーナからの行き方は、こんな感じ。

  1. メトロ(L1かL4)で、終点のJardim Oceânico駅
  2. BRT(BRT40)に乗り換え、Terminal Alvorada駅
  3. BRT(BRT12)に乗り換え、Ilha de Guaratiba
  4.  バスに乗り換え、登山口付近
  5. 頂上まで登る

公共機関を4回乗り継ぎ、さらに1時間のトレッキングが必要になります。

 

いざ、「Trilha Pedra do Telégrafo」へ

まずは地下鉄で終点まで移動します。

Jardim Oceânico駅で、BRTに乗り換えます。

地下鉄に乗る際は、RIOカード(SUICAのようなカード)の購入は必須ではありませんが、BRTに乗る場合は必須になります。

BRTは青の綺麗な電車です。

車内も綺麗。

BRTを2本乗り継ぎ、Ilha de Guaratiba駅に到着。ここまでで、コパカバーナから2時間弱。

駅から外に出て、路線の下、写真のあたりで待っていると、バスが来ます。バスの番号は、874A。

 

トレッキング開始!

バスは、市内のビーチ沿いで止まります。そこで下車して、登山口へ歩きます。

道のりは結構な急勾配です。

いよいよトレッキング開始。ここから1時間ほどの道のり。

45分ほど歩くと、絶景ポイントが。この付近で売っているアイスが激ウマでした。

そして、ようやく到着!

僕たちは11時頃にホステルを出発して、15時頃到着。一番混む時間だそうで、写真を撮るためには、2時間待ちでした。

しかし、ここからの景色は圧巻なので、是非訪れてほしい!

 

(おまけ)並ばなくても良い写真が撮れる!

本当は上のような写真が撮りたいところですが、

何時間も並ぶのはイヤだ!

という人には、オススメの写真ポイントがあります!

それが、例の撮影スポットの右横。

左の行列の先が、例のスポットになります。この右側は、ほぼいつも空いていました。

例の写真みたいにはいきませんが、ここでも十分に良い写真を撮ることができます。

 

まとめ

ということで、「Trilha Pedra do Telégrafo」の行き方についてでした!

まだまだ日本人には有名じゃないスポットなので、インスタ映えすること間違いなしです!写真を撮る場合は、なるべく朝早くに出発しましょう!

次は、リオのニテロイ現代美術館について紹介します!

<<< 関連記事はこちら >>>

【2019年版】リオのカーニバルは本当に世界一の祭りだった!

【完全保存版】大満喫!リオデジャネイロの歩き方、全全全部公開!(2019年)

リオからバスで3時間!カボフリオ(Cabo Frio)のビーチが天国すぎる!

【リオ】コルコバードの丘の行き方!事前予約がオススメ!(2019年版)

【インスタ映え】リオのニテロイ現代美術館が美しすぎた!(2019年版)

マナウスのアマゾンツアー!期待した野生動物には出会えなかったけど、楽しい!

See you!

Always think easy, go easy.

ShozzaTripをフォローしよう!

メールアドレスを記入してフォローボタンをクリックすれば、更新をメールでお知らせします!
Instagramのフォローも待ってます!