ラオスの自然、アクティビティの良い所取り!バンビエン!

Laos
Shozza
ハロー!ニュージーランドでワーホリ中のShozzaです!

さて!皆さんは、ラオスのバンビエンという町を聞いたことがありますか?

ラオス旅行を考えたことがなければ、まず馴染みのない名前だと思いますが、ラオスの首都ビエンチャン、ラオス1の観光都市ルアンパバーンに次ぐ、三番目に有名な町です。

このバンビエンがかなり良い!

この記事では、バンビエンの見所、歩き方を紹介します!

バンビエンの行き方

バンビエンはラオスの首都ビエンチャンと、観光都市ルアンパバーンのちょうど中間あたりに位置する町です。イメージとしては、この2つの都市をつなぐオアシス的なイメージ。

というのも、バンビエンは大自然を利用したジップラインや川下り、ブルーラグーンで泳いだりと、自然アクティビティの宝庫。欧米人に大ウケの町です。

という事で、街中には欧米人を中心に観光客が多いですが、ルアンパバーン程ではなく、お洒落なカフェも多いです。

 

バンビエンの街歩き

ひとまず、町歩きに出かけます。

ミニストップを見つけましたが、明らかに違う。ただの旅行代理店でした。

だ、そうです。

知りませんでした。

景色の良さそうなカフェを見つけました

絶景です。

 

ナム・ソング川へ

バンビエンの代名詞、ナム・ソング川に向かいます。

見えて来ました!

後ろの山々と相まって秘境感があります!

また、川沿いにはカフェが沢山あって、良い雰囲気!京都の川床的な感じです。

お洒落なカフェも多いです。

バンビエンと言えばの川下り。

黄色の大きめのタイヤに乗って、上流から下ってくるだけのシンプルな遊びです。これが結構人気で、町中では大量のタイヤ大量の欧米人を乗っけたトラックを、毎日見ることができます。笑

 

ビューポイントへ

ラオスで絶景を見るというと、これ。“ビューポイント”です。

そのままなのが良いですね。(何が)とにかく高いとこに登って、町を見わたす場所です。

山に囲まれたバンビエンの町にも、もれなくこのビューポイントがあります。

という事で、レンタサイクルを借りて、早速向かいます。

まずは川を渡ろうと、橋に向かいます。

すると、んっ!?

バギーが走り抜けて来ます。

いや、結構くるやん

実は、町のレンタサイクル屋さんでは、自転車やバイクだけでなく、なんとこのバギーもレンタルしてるんです。

大体はお金が有り余った中国人がこれをレンタルして、町中でもブイブイ言わせています。

バギーチャイニーズをかわして川を渡りきると、のどかな農村部に入ります。

そして目的のビューポイントが見えて来ました。

毎度のこと、入場料もしっかり取られます。3万キップ(400円)

入り口はこんな感じ。結構っていうか、かなり雑です。笑

これ大丈夫かよっていうハシゴを登っていきます。もはや登山というより、ハシゴ登りです。

そして、頂上の旗が見えて来ました。

これが、もう本当に大絶景!山と田園風景が美しい!

 

ハイキングへ

ビューポイントから下山すると、入り口の奥に散策道があることに気がつきました。もちろん突入します。

ここまでは入ってくる観光客もいないので、完全に一人。

鳥や動物の鳴き声しか聞こえない癒し空間でした。

 

バイクを借りて郊外へ

もはや、ラオス旅でお馴染みのバイク旅。その名も『どこまでも行く』

小学生の頃にやっていた、自転車で知らない町まで、とにかく決めた方角に永遠と走り続けるという遊びです。大人には大したことなさそうに聞こえますが、小学生にとって知らない町に出かけて行くことは結構怖いんです。

それでも、“その帰れるかわからない”というスリルが癖になって、しょっちゅう出かけては半ベソをかいて帰宅していました。

今思えば、この頃から旅好きが始まっていたんだなと思います。

という事で、バイクを借りて適当にまっすぐ進みます。

外国人がバイクに乗って、こんな町にまでやって来たとあって、子供達も興味津々です。

牛たちも戸惑っています。

綺麗な湖も見えて来ました。

走り始めて2時間程で、小さな町が見えて来ました。

人が少ないですが雰囲気が気に入り、お腹も減ったので、ここで休憩します。

どこで何を食べても、美味しいです。

そして、少しお店でゆっくりして、日も暮れて来たのでバンビエンの町まで帰りました。

See you!

Always think easy, go easy.

ブログランキングに参加しています

バンビエン行ってみたい!って思った方はこちらのボタンをクリック!

にほんブログ村 旅行ブログへ