【2017年版】ラオスの首都ビエンチャンからバンコクへ。快適な寝台列車旅!

Laos
Shozza
ハロー!ニュージーランドでワーホリ中のShozzaです!

最近、思い出しながらラオスの旅行記を書いていますが、いや〜ラオス最高だったね〜、、(しみじみ)

こちら >>> 【2017年版】ラオスのルアンパバーンを楽しむ方法!バイク旅が最高!

この記事では、ラオスの首都ビエンチャンから、タイの首都バンコクまでの移動手段について紹介します!

ビエンチャンからバンコクへ(バンコクからビエンチャンも同様)

ビエンチャンからバンコクまでは約650kmほど離れています。移動方法としては、以下の三択。

飛行機

  • 所要時間:1時間
  • コスト:5000〜20000円

直行便も多数あり

バス

  • 所要時間:10〜12時間
  • コスト:約3000円

朝、昼発あり

鉄道

  • 乗車時間:12〜13時間
  • コスト:約3000程

朝、昼発あり

列車が2017年にリニューアルし、ピッカピカ!

なんと鉄道が最近リニューアルし、綺麗でめちゃめちゃ快適なんです!

飛行機のようにコストをかけたくない場合は、バスではなく、寝台鉄道を利用しましょう!

もちろん、逆ルート(バンコクからビエンチャン)もあります

 

寝台列車のチケットの買い方

行き方を決めたら、まずはチケットです。

実はビエンチャンから直接バンコクまでいけるかというと、そうではありません。バンコクまで行くには、下記の3ステップを踏む必要があります。

ビエンチャンからバンコクまで鉄道で行くには
  1. ビエンチャンの街から、ラオス国境付近のタナレーン駅まで行く
  2. タナレーンから、タイ国境のノンカーイ駅まで国際列車に乗る
  3. ノンカーイから、寝台列車でバンコクまで行く

め、めんどくせえ、、

安心してください!ゲストハウスで、この3ステップをまとめたチケットを販売しています!

手数料も大した額でないので、これを買っちゃうのが一番楽です。

 

ラオス国境のタナレーンからタイ国境のノンカーイまで

ゲストハウスに到着したトゥクトゥクに乗り込み、タナレーン駅へ向かいます。

ここで、トゥクトゥクの運転手が窓口へ行き、全員分のチケットを配ってくれました。

そして、出国手続きをします。ここで出国税として1万キップ(130円)を支払います。

ホームで電車を待ちます。

急にラオスが愛おしい、、

そして列車が到着しました。この列車はおよそ10分程度。国境の川を越えると、あっという間にタイに着いてしまいます。

ラオス側の様子

そしてタイ側へ。国境を越えるといつも思いますが、国境って何だろうね。

そして、あっという間にタイ国境の駅、ノンカーイに到着しました。

ここで今度は入国審査をします。3週間ぶりのタイ入国。

 

ノンカーイから寝台列車でバンコクへ

駅で寝台列車を待ちます。日も暮れて来ました。

ようやく到着し、乗り込みます。なんと、入り口もトイレも、扉は全部自動ドア。

車内も噂通りピッカピカで綺麗!

1段目は窓もついていて、車窓からの景色を楽しむことができます。

僕は安い2段目を選択。窓はありませんが、広々としていて快適です。

足もしっかり伸ばすことができます。

それぞれの席に充電スペースもあり、至れり尽くせり!

カーテンもしめることができるので、プライバシーも守れます。

しかし、ここで困ったことが、、

謎に24時間電気が消えません。寝台列車の意味!寝かせてくれ!

ガンガン点きっぱなしの明かりには困りましたが、なんだかんだ爆睡。あっという間にバンコクまで到着しました。

 

まとめ

ということで、ビエンチャンからバンコクまで移動する際は、寝台列車がオススメです!アイマスクをお忘れなく!

<<< 関連記事はこちら >>>

【2017年版】タイからラオスのルアンパバーンにスローボートで移動する方法

【2017年版】ラオスのルアンパバーンを楽しむ方法!バイク旅が最高!

【ラオス観光】ルアンパバーン北の田舎町、ノンキアウが最高!

【タイ観光】他には載ってない!パーイを100倍楽しむ方法(2017年版)

See you!

Always think easy, go easy.

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。