ニュージーランドのワーホリをもっと楽しくする3つの方法

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
New Zealand
Shozza
ハロー!ニュージーランドでワーホリ中のShozzaです!

ワーホリでニュージーランドを選ばれる方は多いと思いますが、その目的はおそらく英語の勉強ですよね。

”ニュージーランド、ワーホリ” で検索して出てくるブログのほとんどが、オークランドやクライストチャーチ等の大都市で語学学校に通いながら、アルバイト。仕事や学校の休み、もしくは帰国前に、少し遠出してニュージーランド各地を旅行。

というものが多かったです。日本からワーホリで来る方のほとんどが、日本でエージェントを使っているため、テンプレのワーホリ、旅行は手軽なオプショナルツアー参加。になってしまうのかなと思います。

 

それが、僕がニュージーランド渡航、2ヶ月で感じたことです。勉強も大事ですが、もっともっと矢澤、ニュージーランドの大自然、アクティビティを堪能してほしい!しかも目的の英語力アップにも繋がります!

この記事では、英語の勉強も抜かりなく、ニュージーランドのワーホリをもっともっと楽しくさせる方法をお伝えします!

 

思い切って車を買う

日本と違って、ニュージーランドも他の海外の国同様、電車で何処へでも行ける訳ではありません。ましてや、日本と同程度の国土を持ちながら、人口が500万人しかいないニュージーランドでは、車所有は必須条件です。

後半で記載するキャンプ旅では、もちろん一番の必需品になってきますし、都会でのワーホリ中も、休みに気軽に遠出するきっかけになってくるかと思います。

何よりも、ニュージーランドの中古車購入は、安い!簡単!便利!の三拍子揃い!

 

安い!

中古車であれば10万円くらいから買えます。

ニュージーランドで知り合った中国人の友達は、かっちょええ赤のオープンカーを25万で買ってました。

 

簡単!

ニュージーランドでの車購入は非常に簡単です。

中古車販売店に行く他に、Facebookのグループや、trademeという売買サイトで簡単に出品者とやりとり、購入、手続きが可能です。どちらかというと、販売店に行くよりも後者の方が安く、主流だと思います。

しかも、購入時と同様に、いらなくなったら上記方法で簡単に売却可能!ネットでは全て言い値でのやりとりなので、売却のタイミングによっては、購入時よりも高く売る事も簡単にできます。

車検や、税金等の手続きも気になると思いますが、これもめちゃめちゃ安く、簡単です。

 

便利!

ニュージーランドの中古車は通常の車の他に、”キャンパー”という後部座席を取っ払って、ベッドやテーブル、キッチンを設置しているものが沢山あります。

つまり、自作の簡易的なキャンピングカーです。このキャンパーがあれば、車が移動手段だけでなく、宿に早変わり!後半記載のキャンプ旅で大活躍します!

値段もそこまで高くない

マットレスを引いただけものであれば12万円程度から。テーブル(ベッド化する)、収納スペース、キッチン、水回り、簡易トイレと、利便性が上がるに従って高くなっていきます。上記が全部揃った”self-contained”と呼ばれているもので、大体30万円程度から。

実際のFacebookページ

 

Self-contained, $3500 (約28万円)

Self-contained, $4800 (約38万円)

車探しサイトリンク

※Facebookグループは、内容を見るためにはグループへの参加が必要です。申請から1日程で承認されると思います。

また、車売買のFacebookグループは沢山あるので、この他にも自分で探して参加してみる事をオススメします。(検索例:”car new zealand Christchurch(滞在街名)”)

 

Workaway、Wwoofで世界中のワーホリ滞在者と一緒に働こう!

Workaway, Wwoofとは

”ワーホリで働く”というと、大都市のカフェやレストラン、ホテル、または農場で働くというのが主流だと思います。

Workaway、Wwoofも仕事内容としては、そこから大きく外れることはないのですが、一つ異なることは、無給であるということ。1日3〜4時間働く代わりに、住まいと3食の食事をもらうというものです。

このサービスは日本ももちろん、世界中どこでもホストが存在しますが、ニュージーランド、オーストラリア、カナダでは特にポピュラーです。

 

Workaway, Wwoofの良いところ

①欧米人の利用者が多い

日本人がレストランやカフェで働こうとすると、コミュニケーションの理由からどうしてもジャパレスなどになりがち。

Workaway, Wwoofには日本人はもとより、アジア人が少ないので、英語の勉強になります。しかも、滞在者はフランス人、ドイツ人、南米人が主流で彼らも英語の勉強に来ているので、互いに助け合いながら英語の勉強ができます。

一つ屋根の下で、一緒に寝食を共にするので、英語力の向上は言うまでもなく、アルバイト以上の絆が生まれてくると思います。
②数日からの滞在が可能

ボランティアなので、数日からの滞在が可能ですし、気に入らなかったらすぐにやめる事も可能です。

『旅行中にワイン農園の近くに来たついでに、数日ボランティアでワイン作り体験!』なんて事も可能です。むしろ、利用者のほとんどが、こうした利用をしています。

③仕事内容も豊富

都会でのカフェやホテル、ホステルもあれば、農場やワイナリー、個人宅でのガーデニングやDIYのお手伝いから、ペットの世話やベビーシッティングまで多彩です。

いろんな仕事を転々として、沢山の友達や経験を得るのも良いと思います。

写真は、僕が路上でのフルーツ売りの仕事をしていた時のものです。

サイトURL

どちらも年会費3000円程度かかりますが、ホスト先の検索は無料で可能です。

さて!次は旅に出ましょう!

 

12