ヤンゴン観光

  • English (United States)
  • 日本語

 

ハロー!

ラオス北部のど田舎、Nong Khiawから12時間かけてVang Viengまで移動してきました!Shozzaです!

 

ブロブも落ち着いてきたので、ミャンマー観光について再開します!今回はYangonについてです!

 

↓ ミャンマー観光の総括についてはこちら! ↓

【2017年版】1週間でも大満喫!ミャンマーでやるべき5つのこと

 


そして!読む前にこちらもクリック!!

クリックして貰えると、元気が出るので是非よろしくお願いします!

↓ クリック! ↓

にほんブログ村 旅行ブログへ


 

 

Yangon(ヤンゴン)ってどこ?

 んココッ!


ミャンマー南部の都市で、2006年にネピドーに遷都するまで、ミャンマーの首都でした。街の規模で言えば、実質的にはネピドーよりも大きく、ミャンマー第一の都市です

 

日本からミャンマーに行く場合、玄関口は、ヤンゴンもしくは北部のマンダレーの二択になると思いますが、便の数的にヤンゴンになる可能性が高いです。

 

 

ヤンゴンの見所

ヤンゴン市内

正直言うと、見所はそんなに多くありません。ゴールデンロックなどの1日観光の拠点、またはバガンなど北部へのハブ的な場所と捉えると良いと思います。

 

市内はそこまで大きくなく、街歩きは結構楽しめます。

 

ヤンゴン市内の様子

 

 

街中には結構、本屋が沢山ありました。勤勉な性格が伺えます。

 

ミャンマービール

ミャンマービールは本当に飲みやすくて美味しいです。

 

見所の少ないヤンゴンですが、いくつか市内の観光スポットを紹介したいと思います。

 

 

①シュエダゴン・パゴダ

シュエダゴン・パゴダ

『ヤンゴンには見所はそんなにない』と言いましたが、ココだけは必見です。

Don’t miss here! 本当に素晴らしい!いわゆる仏教の仏塔(パゴダ)で、ミャンマー、またはヤンゴン市内の至る所に沢山ありますが、桁違いに広く、大きく、そして豪華です!本当に話していましたが、雰囲気はなんかディズニーランドのアトラクションにいる気分になります。笑

ちなみにパゴダの中にはブッダの髪の毛が入ってるそうです!

 

そして、絶対に見逃して欲しくないのが、夜のライトアップです。

これが本当に息を呑むほど美しい!なかなか見れない美しさです。

 

夜のシュエダゴン・パゴダ
夜のシュエダゴン・パゴダ
このご時世、お坊さんも現代的です

オススメとしては、日没の1時間前に行って、昼のパゴダを鑑賞。その後、パゴダ前に座りながら、徐々に日が沈んで行くのを楽しむ。完全に真っ暗になってからのライトアップも綺麗ですが、サンセットとのコラボも美しいです。

 

 

 

②スーレー・パゴダ

スーレー・パゴダ

正直、シュエダゴン・パゴダで満足したら、行く必要はありません。笑

そんなに広くもないですし、入場料も取られます。市内の真ん中にあって、アクセスは良いですが。2個目で早くも “オススメしない” ってところで察してください。。笑

 

お祈りをする人

 

 

何やら、お供え物を船に載せます。

 

 

神に捧げます。

 

 

 

③ヤンゴン川鑑賞・クルーズ

ヤンゴン川

めちゃめちゃオススメって訳ではありません!(おい)

そんなに綺麗でもないってか、全然綺麗じゃないです!(おおい!)

 

まあ、東南アジアの川は大体こんな感じですね。僕は好きですよ。(うおい!)

 

 

けど、何故かわかならいですが、川に近づくと、

『ジャパニーズ?Oh!日本人はフェリー無料だよ!』

と、言われます。

 

最初は『はいはい』と思って無視していましたが、皆言ってきますし、『お金は払わないけど、近くまで見てくるよ』って言って中に入っても何も言われないし、その後普通に出てきても何もなし。よくわからないけど、本当に無料な感じがしました。笑

 

彼ら曰く、日本人がこのフェリーターミナルとか、船を作ってくれたから、日本人は無料だとのこと。ミャンマー人は親日らしいので、本当にありえるなと思います。僕らは、対岸にいきたいと全く思わなかったので、スルーしてしまいましたが。笑

 

川よりも、川周辺のマーケットも楽しめました。ミャンマー人は本当に穏やかで、みんな笑顔で癒されます。顔に塗っている伝統の日焼け止め、“タナカ”もみんなスタイルが違って面白いです。オシャレの一貫何でしょうね。

 

ヤンゴン川付近のマーケット

 

タナカを塗ったミャンマー人達

 

 

 

ヤンゴン環状線(鉄道)に乗る

ヤンゴン環状線

実はこれが、ヤンゴン観光でシュエダゴン・パゴダに次ぐ、2つ目のオススメです!

 

環状線と聞けばわかると思いますが、ヤンゴンの中心駅から走っている環状の鉄道です。しかし、上述したように、ヤンゴン市内はそんなに大きくありません。

 

そうです。

 

これは山手線のように、市内を一周する訳ではなく、結構遠くの田舎まで行って戻ってくる鉄道です。1周、3時間かかります。笑 しかし、これが有り難い。ヤンゴン郊外の綺麗な田園風景を見に行く、ちょっとしたツアーみたいなものですからね。しかも、嬉しいことに、この列車の運賃が200チャット(20円)。笑

 

3時間ツアーで20円って。笑

 

フォームの様子

電車はヤンゴン市内のヤンゴン中心駅から乗車可能です。右回り、左回りあります。

 

車窓からの風景

風景、最高です!!

 

そして、ここで日本人にのみ嬉しい特典があります。

 

 

ヤンゴン環状列車は日本の中古列車をリユースしている

ヤンゴンでリユースされている日本の中古列車(JR久留米線)

写真のように、日本で昔使われていた車両がそのまま、ヤンゴンで走っているんです!

しかも、行き先プレートもそのままで!!笑

そこは変えれば良いのに。。笑

 

なので、変な話、“九州を走ってた電車と、北海道を走ってた電車がすれ違う” なんて、鉄道オタクには嬉しい(んですか?笑)景色が見られたりするんです!今では見られない車両が見れるとあって、そのために見にくる日本人も多いようです。

確かに何十年も前に乗っていた、思い入れのある列車がまだ動いていると聞いたら、ちょっと見に行きたくなる気持ちもわかります。

車内に残る日本のプレート

こんなものも、そのまま残ってます。

 

 

車内では、市場が開かれています。笑

車内で開かれる市場

 

車内で食べ物を売るウェイトレス

 

車内の様子

 

車内の様子

 

 

車内キスは禁止です

車内キス禁止

気をつけてください。

 

 

まとめ

 

ということで、ヤンゴン観光についてでした。

 

シュエダゴン・パゴダと、鉄道旅! 

これだけで十分だとまで、俺はもう言う!(ビッグダディ)

 

 

ビッグダディ、古くない?って思った方は、こちらをクリック!

↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

 

 

See you!

Always think easy, go easy.

 


PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です