【水と塩だけ】コンタクトレンズ保存液は自作できる!【緊急用】

旅に役立つ情報

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、コンタクトレンズの保存液について!

旅をしていたり、急に外泊をすることになってしまった時などに困るのが、コンタクトレンズについて!

日本であれば、コンビニに行けば数百円でキットを購入できますが、海外にいると中々簡単には手に入らない。夜で、既に薬局が閉まっているなんてことも。しかも、薬局ではかなり高額であることもあります。

「家に帰ればあるのに、、」「新しく買いたくない、、」なんて、いつも思ってしまいます。

しかし!実は、コンタクトレンズの保存液は、塩と水だけで自作可能です!もちろん、正規品の購入が望ましいですが、どうしようもない場合には有効。

僕も、今回、海外で薬局が閉まっており、仕方がなく自作する方法を選びました。

ということで、この記事では、コンタクトレンズ保存液の自作方法について紹介します!

コンタクトレンズの保存液とは

コンタクトの保存液は、コンタクトレンズの洗浄と保存用に使用される液体です。コンタクトレンズを使用している方であれば、誰もが使ったことがあるかと思います。

旅先や、急な外泊で困るのが、この保存液。

手元にない場合、水や、目薬など、何かで代用できないかと考えがちですが、実はこれはかなり危険

水を使用すると、コンタクトレンズ内の含有水分量が変わり、レンズが変形してしまいます。また、目薬の場合も同様に、保存液との成分が異なるため、レンズへ悪影響を及ぼす可能性があります。

 

塩と水で自作可能(緊急時のみ)

しかし、実は保存液はある簡単なもので、緊急用として、自作することも可能です。

それが、塩と水

保存液の代用として使えるもの、それは「生理食塩水」と呼ばれるもので、薬局などでも購入可能。これは、点滴などでも使用される、人間の体液とほぼ同様の食塩水です。塩化ナトリウム濃度は、0.9%。

つまり、要約すると、0.9%の塩水です。塩と水だけでできます。

 

0.9%生理食塩水の作り方

作り方は簡単。水に塩を溶かすだけです。必要なのは以下。

  • 水:500ml
  • 食塩:4.5g
  • 500mlのペットボトル

500mlのペットボトルに4.5gの塩と、500mlの水を入れ、シェイクします。4.5gの塩は、ペットボトルのキャップ1杯弱ほどです。塩は、岩塩などでなく、また他の添加物の入っていないものを選びましょう。

 

あくまでも緊急用で、常用はNG

緊急用の保存液として代用ができると言いましたが、常用はできません。

それは、生理食塩水には洗浄作用がないためです。一方で、専用の保存液には、洗浄効果のある添加物が含まれています。

生理食塩水はあくまでも緊急用として使用し、外泊先から帰宅後は、専用の保存液でしっかりと洗浄し、レンズのケアをしましょう。

 

まとめ

ということで、コンタクトレンズの保存液についてでした!

急な外泊でいつも困っていたコンタクトレンズの保存液。特に海外では、コンビニがないため、結構困ります。

今回、パリでこの対処法を知り実践してみましたが、何の問題もありませんでした!朝、ドキドキしながら目に装着した瞬間の感動が忘れられません。笑

See you!

Always think easy, go easy.