【アルゼンチンSIM】バリローチェでのSIM購入方法【2018年版】

アルゼンチン

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事はアルゼンチンのバリローチェでのSIM購入について!

海外旅行時の携帯、インターネット接続事情は人それぞれ。カフェやホテルのWiFiのみの人、日本からポータブルWiFiを持ってきている人、そして現地SIMを購入する人に分かれるかと思います。

長期旅行では、現地SIMがオススメです。

アルゼンチンでもSIM購入は格安で、設定も一瞬でした。

ということで!この記事では、バリローチェでのSIM購入について紹介します!

アルゼンチンのSIM

アルゼンチンの主な業者は以下の3つ。

  • Movistar
  • Claro
  • Personal

SIMの価格も、ネット料金もそんなに変わらないそう。Claroは山に強いという話も聞いたことがありますが、どうかはわかりません。

 

SIMの買い方

キオスク

SIMの買い方は、それぞれの販売店に行くか、キオスク(どこにでもあるコンビニのようなもの)で買うことができます。僕は、その後のアクティベートも手っ取り早くやってもらうために、一番近くにあったMovistarの販売店に行きました。

お店に入って、携帯のSIMカードの入り口を指差して「キエロ コンプラール チップ(チップを買いたい)」と言えば、簡単に伝わります。ちなみに、スペイン語でSIMは「Chip(チップ)」と言い、「SIM(シム)」では伝わりません。

僕が購入したプラン、料金は以下。

  • 会社:Movistar
  • SIMカードの料金:50ペソ(150円)
  • チャージ金額:200ペソ(600円)

ネットや、電話の使い方は、一度自分のアカウントにお金をチャージして、パッケージ(1週間とか、1ヶ月とか)を買うというもの。

僕は、1週間2GB(100ペソ)を使うつもりだったので、200ペソチャージし、その場で100ペソ使って1週間分購入しました。また、1週間後にSMSで「D7」とメッセージを送ると、1週間分の購入ができるという訳です。

ちなみに、チャージはキオスクでもできます。

 

(注意!)エルチャルテン 、エルカラファテでは繋がらない!

バリローチェでSIMアクティベート後、バリローチェでは快適にネットが使えていました。

が、しかし!

バリローチェから、ついにパタゴニアの中心へ南下していくと、徐々に電波がなくなって行き、その後は全く繋がらなくなりました。エルチャルテンの街で聞いてみると、「パタゴニアでは電話はできるけど、ネットは繋がらないよ」とのこと。

ちなみにその後、ウシュアイアの市内では問題なく使えました!しかし、街からバスで出るとすぐに電波はなくなります。

 

バリローチェでオススメの安宿

バリローチェでオススメの宿は、Hostel Inn Barilocheです!

なんといっても、テラスからのこの景色!バリローチェはずっと天気が良かったので、ここからの朝食、夜のビールが最高でした!

部屋も綺麗で、シャワーもWiFiもOK。寒い時は、室内からも景色を眺められます。1泊1000円程。

宿の詳細

  • 料金:★★★★☆
  • ロケーション:★★★★★
  • 清潔さ:★★★★☆

  • 雰囲気:★★★★★
  • シャワー:★★★★☆
  • WiFi:★★★☆☆

 

パタゴニア観光に役立つ本

「古代文明〜スペイン統治〜現代」までの中南米の歴史がわかりやすく書かれていて、小説感覚で読めます。

これを読んでおくだけで、町歩きが数倍楽しくなる。Kindleもあるので、南米周遊前、周遊中に読んでおきたい一冊です!

 

まとめ

ということで、アルゼンチンペソでのSIM事情についてでした!

パタゴニアだけの観光であれば、SIMの購入はそんなに必要ないかな?と感じました。

ブエノスアイレスや、他の都市に行く場合は、利用価値はあると思います!

See you!

Always think easy, go easy.