【スローボート】タイ・チェンライからラオス・ルアンパバーンへ!

ルアンパバーンに向かうスローボート
タイ

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、タイからラオスのルアンパバーンまでのスローボートについて!

ラオスNo.1の観光地、ルアンパバーン。その行き方ですが、どこからラオスに入国するかで変わって来ます。

僕のようにタイのチェンコンから入国した場合、ルアンパバーンまでスローボートと呼ばれる、面白い移動方法が選べます。

なんと、バスであれば数時間で行けるところ、メコン川をボートでゆっくりくだり、2日かけてルアンパバーンまで行くという!これがめっちゃ楽しい!

この記事では、スローボートについて紹介します!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキングに参加しています。

上の「世界一周」ボタンがクリックされるとランキングが上がります。

励みになるので、ご協力ください!:D

ラオスNo.1の観光地、古都ルアンパバーン

「ルアンパバーン」は、ラオスの首都ビエンチャンよりも、有名かつ人気の観光地です。

14〜18世紀頃まで盛えた、ラオ族王朝の首都であったこの街は、鎌倉や京都のように今日まで古都の姿を残しています。また、アジアの中でも比較的早い時期に世界遺産に登録された街でもあります。

ラオスで一番有名な街ということで、ラオスに来る旅行者で、ルアンパバーンを訪れない方はいないと思います。

 

タイ北部からルアンパバーンへ向かう

ルアンパバーンに行く場合、ラオス国内から飛行機やバスで来る他、ベトナムや中国、タイなど、隣国から来ることができます。

実はこの時、タイ北部のチェンマイで毎年行われる「コムローイ祭り」に参加しており、そこからラオスへ向かうことに。

チェンマイ→チェンライ→(国境超え)→ルアンパバーンのルートで向かおうと考えました

 

チェンライからルアンパバーンへ行く方法(バス)

チェンライからルアンパバーンに行くには、バスで行くこともできます。

バスでチェンライからルアンパバーンへの行く方法

チェンライ→チェンコン(タイ国境)→フアイサイ(ラオス国境)→ルアンパバーン

  • チェンライからチェンコン:ローカルバス(70B)
  • チェンコンからフアイサイ:国境の友好橋を越えるバス(20B)
  • フアイサイからルアンパバーン:長距離バス(900B)

 

チェンライからルアンパバーンへ行く方法(ボート)

上記のルートでは全行程バスになるのですが、ラオス入国後に、フアイサイからルアンパバーンまで、メコン川をくだってボートで行くこともできるんです!

しかも2日もかかるんです!(ドドン!)

島田夫妻
カンツォーネッ!!

チェンライからのルートはこんな感じ↓

  • 青:バス(チェンライ→チェンコン→フアイサイ)
  • オレンジ:ボート(フアイサイ→パックベン→ルアンパバーン)

スローボートの総距離、なんと300km弱!東京から名古屋まで、川下りで行くと考えてみてください!

ゲェ出るほど楽しそう!(←え)

 

ボートの種類は2つ

このボートですが、スピードボートと、スローボートの2種類あります。

スピードボートは6時間ほどでルアンパバーンに着くのに対し、スローボートでは2日かかります。笑(上記写真)フアイサイとルアンパバーンの中間地点のパックベンという街で1泊し、1日目6時間、2日目9時間の乗船になります。

 

ボートの値段

ちなみにこのスローボート、バスやスピードボートに比べて倍以上の時間がかかるのですが、特に安い訳ではありません。なんならバスの方が安いです。

はあ?
フアイサイからルアンパバーンまでの運賃
  • スピードボート:1700B(5100円)
  • スローボート:1200B(3600円)
  • バス:900B(2700円)

しかし、2日かけて、ボートでルアンパバーンまで行くという面白さに惹かれて、多くのバックパッカーがスローボートを利用します。

実は、タイ北部からルアンパバーンに抜けるのに、バスよりも人気な方法なんです。

何よりも、メコン川の景色が本当に美しい。水牛の群れを至る所で見ることができますし、運が良いと象も見ることができます。もはや、立派な観光 ですね。

 

スローボートの旅

チケットの買い方

チケットは国境付近でも買うことができます。

国境を超える人はみんな、ルアンパバーンに行くので、国境付近にはチケット売りが沢山います。多少割高になりますが、国境からボート乗り場までのトゥクトゥク料金も含まれているので、これが一番楽だと思いました。

 

ボートの出発時間と、チェンライ出発時間

ボートの出発時間は毎日11時。つまり、遅くても10時にはラオス国境を超えたい。

日本人は、国境でビザの申請が必要ないので、欧米人のように長い時間待つことがなく、比較的簡単に国境越えできます。実際僕は、タイ出国からラオス入国まで、15分で完了しました。

15分で終わったとは言え、余裕は持っておきたいところ。遅くても9時半までにはタイ国境側にいた方が良いです。となると、チェンライを7時半には出発する必要があります。

7時半に出れば、国境でトラブルでもない限り、11時のボートには間に合うと思います。

 

乗船(重要!)

スローボートは大人気で、ハイシーズンはほぼ満席になります!乗船にあたって、知っておくべき最も大事なことが以下!

スローボートでは心を鬼にして、席取り合戦!チケットの番号なんて関係ない!瞬時に最良の席を選び、すぐに確保してください!

チケットにも席にも、番号が書いてあるのですが、手書きの紙が席の上に置いてあるだけ。良い席を取ろうと、全員が番号札を捨てて、関係なく座ります

いつから、この無法地帯化が始まったのかは知りませんが、僕もそう書かれた記事を読みましたし、乗船客は皆その事を知っているため、冗談じゃなく、本当に「コレ」が実践されています。笑

郷に入っては郷に従え!!余裕をこいてると、一瞬で席がなくなります。ここで乗り遅れた欧米人が席がなく、1日中トイレの横の地べたに座らさせられていました。。

何と言っても、1日6時間とか、9時間の長旅。

いかに良い席を確保するかで、このスローボート旅を、快適に終えられるかどうか決まってきます。

 

出発です

いよいよスローボート出発です。出発して15分くらいで、既に人里離れた大自然の中に入っていきます。さすがは国土の8割以上が山間部のラオスといった感じです。外を見ればいつでも絶景。

至る所に水牛の群れが。スローボートの上では、近くの人とおしゃべりをしたり、本を読んだり、景色を見てたり、ラオビアを飲んだり、みんなが思い思いに自由にゆっくりとした時間を送っていました。本当に気持ち良い時間です。

あっという間に1日目、2日目と終わり、ルアンパバーンに到着してしまいました。

 

パックベン宿泊

中間地点のパックベンでの宿泊ですが、現地で宿を探すことも可能です。しかし、スローボートに乗っている乗客のほとんどが、一斉に宿を探しに回るので、ワチャワチャして結構大変。

僕はネット予約していたので、すんなりでした。しかし、チェックアウトを済ませ、シャワーを浴びて、町歩きに出ると、まだホテルを探している人達が沢山いて驚きました。

しかもスローボートで疲れた後、重い荷物を持って川から町に少し上り坂になるので、ネット予約しておくことを全力でオススメします!

 

パックベンでオススメの安宿

パックベンでオススメの宿は、DP ゲストハウス (DP Guesthouse)です。

雰囲気もオシャレで居心地が良い!少し高いですが、個室しかないのでしょうがない。2人で泊まれば、安いです!ツレがいない場合は、ボート上で仲良くなった他のバックパッカーに持ちかけてみるのもオススメです!

朝食もついていて、メコン川を見ながらの朝食は最高でした!

宿の詳細

  • 料金:★★☆☆☆
  • ロケーション:★★★★★
  • 清潔さ:★★★★☆
  • 雰囲気:★★★★★★★★
  • シャワー:★★★★☆
  • WiFi:★★★☆☆

 

ルアンパバーンでオススメの安宿

ルアンパバーンでオススメの宿はササラオ(Sa Sa Lao)です。

ここ、本当に最高!超おすすめです!町から少し離れていて、料金も少し高いのですが、それでも僕はまたここに泊まります!

その理由は立地!メコン川沿いにあって、めちゃめちゃ広々しています!ハンモックが最高!ここからの夕日が本当に半端なかったです。

食事は別途料金かかりますが、お手頃価格で嬉しい。オススメの宿です!1泊400円程。

宿の詳細

  • 料金:★★★★★
  • ロケーション:★★★☆☆
  • 清潔さ:★★★★★
  • 雰囲気:★★★★★★★★★★
  • シャワー:★★★☆☆
  • WiFi:★★★★☆

 

まとめ

少し疲れるかと思いますが、景色は最高ですし面白いネタにもなるので、体力と時間に余裕のある方は、是非試して見てください!

次の記事では、ルアンパバーンの歩き方について紹介します!

著者からのお願い

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

記事が参考になったと感じたら、上の「世界一周」ボタンをクリックして頂けるとランキングが上がって励みになります!宜しくお願いします!

 

2年半の集大成!世界周遊まとめ動画(完成版)が公開!

かなりの長作となり、時間がかかっていたのですが、ようやく完成版が公開できました!かなり見応えのある動画になっているので、楽しんでもらえると嬉しいです!

 

旅に役立つ情報

世界一周前に揃えたい旅の便利グッツ

旅の準備で一番重要なこと。それは荷物の準備。最近では、旅の便利グッツが毎日のように進化を遂げていて「こんな便利なものがあるの!」という驚きの連続。便利グッツが一つあるだけで、旅の快適さが全く違ってきます。

絶対買うべき!便利なトラベル用品ベスト5(+α)を紹介!【世界一周準備】

 

旅中にブログを書いて生活する

長期の旅となると、空いた時間も多い。そんな時間で気分転換&頭の整理にブログを書いて、それで他の旅人の役に立ち、かつ旅資金も得られる。こんなにWin-Winなことはないです。

【フリーランス】旅をしながら働ける!?ノマドワークって何?その種類は豊富!

 

海外旅行に便利なクレジットカード

海外旅行では、クレジットカードは必須。特にキャッシングと海外旅行保険対策にクレジットカードは欠かせません。上手に使いこなすと、かなりお得に旅ができますよ。

【2019年版】海外旅行に持っていくべきクレジットカード6選!

 

海外旅行保険:クレジットカード付帯保険でお得に

海外旅行保険は絶対に削ってはいけません。何かあった時に、本当に地獄を見ます。年会費無料のクレジットカードだけでも、有料の保険と遜色ないくらい補償も充実しているので、オススメです。

海外旅行保険なし!クレジットカードの付帯保険で賄う方法!

 

現地での日本語ガイドツアー申し込み :タビナカ

旅をしていると、たまに「日本語ガイド」の必要性を感じることがあります。特に、遺跡や秘境を歩く時には日本語のガイドを付けてみると、満足度が全然違います。 現地で「やっぱり日本語ガイドをつけたい!」と思った時に使いやすいのが、【タビナカ】です。