【1000日後に帰国する植野】日本を出て1000日目!旅を振り返ります!

その他

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

なんと、今日で旅に出て1000日目なんだとか!

まさか、1000日間も旅に出るとは思っていなかった、、やばくない?1000日って。笑

3月に日本帰国が見えた時、「あ、あと数ヶ月で1000日なるやん、、でもええわ。帰ろ」ってなった。そしたら、まさかの南ア脱出失敗。そしてロックダウン。

ずっと忘れていたんですが、最近、日本帰国が見えて、ハッと。数えてみたら、1003日目に南アを出て、1005日目に日本に着くことがわかりました。

いや、「1000日後に帰国する植野」やん。もう、それ。ワニの格好で帰国したろかな。

ということで、この記事では、1000日間の振り返り(ザックリ)について紹介していきます!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキングに参加しています。

上の「世界一周」ボタンがクリックされるとランキングが上がります。

励みになるので、ご協力ください!:D

1000日間の旅を振り返る

これがザックリ、1000日間で回った場所。この1000日間には入ってないのですが、出国する前に九州・中国・東北地方を周遊。

その後、フィリピン、タイ、ミャンマー、ラオスと、アジアを回って、ニュージーランドへ。

ニュージーランドでは、1年間ワーホリしてました。

その後、南米のチリに飛び、パタゴニア、アルゼンチン、ボリビア、ブラジル、ペルー、エクアドル、コロンビア。そこからメキシコに飛び、グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、と中南米を周遊。8ヶ月ほど。

そして、アメリカで友人と合流し、彼の家族の「独立記念日」キャンプ旅に同行。オハイオからフロリダまで、アメリカをキャンピングカーで縦断しました。

その後、パリで2ヶ月エアビー生活。ただただ贅沢な毎日。今すぐ戻りたい。パリの後は、フランスのリオンまで南下し、友達の家で1週間ほど滞在。

そこからセルビアに飛び、東欧周遊が始まります。セルビア、モンテネグロ、アルバニア、マケドニア、コソボ、ブルガリア、ルーマニア、モルドバ、沿ドニエストル、ウクライナと周遊。

次は、ウクライナからアルメニアに飛び、コーカサス/中東周遊へ。アルメニア、ナゴルノ=カラバフ、ジョージア、トルコ、イスラエル、パレスチナ、ヨルダン、エジプト。

最後はアフリカ周遊。エジプトからケニアに飛び、ウガンダ、ルワンダ、タンザニア、サンビア、ジンバブエ、ボツワナ、ナミビア、南アフリカ、レソト。そして、現在の南アフリカロックダウンに至ります。

1000日間に渡る旅のまとめ動画はこちら。かなり見応えのある動画になっているので、楽しんでもらえると嬉しいです!

 

2017年9月:フィリピン

フィリピンへは、1ヶ月の語学留学のため、訪問。ほぼ、意味はなかったですね。笑

授業が始まる少し前にセブに向かって、カウチサーフィン。到着したその日からお邪魔して、次の日には、セブ南部のリゾートへ連れて行ってもらいました。そこでも友人宅なので、お金もかからない。最高に楽しかった。

授業は適当に受け流して(おい)、1ヶ月で卒業。そもそも、この時、僕は既に結構英語が話せていました(じゃあ、なんで行ったん)。

 

2017年10-11月:タイ、ミャンマー、ラオス

タイに行った理由は、皆さんご存知「スネークファーム」。格安で予防接種が受けれる、バックパッカーには有名な場所。安いと言っても、打つワクチンは同じです。

予防接種は、時間をおいて、二度目、三度目を打つことになるので、その間に、ミャンマーやラオスへ。そのため、フィリピン→バンコク→ミャンマー→バンコク→ラオス→バンコクという、謎のバンコク縛りルートに。

ミャンマーもラオスも本当によかった、、

ちなみにタイ、北部でコムローイ祭りにも参加できました。これもラッキー。

さらに、パーイでは、1週間の瞑想修行。これ、本当に最高でした。

 

2017年12月:ニュージーランド到着

アジアを抜け出し、ニュージーランドへ、人生初のワーホリがスタートです。特に何もエージェント等を通していないので、とりあえずニュージーに着いた形。

着いた翌日に、事前にコンタクトを取っていた、ウーフ(ボランティア)の元へ向かいます。バスで5時間ほどの田舎。

ウーフとは、働く代わりに、宿と食事をタダで賄ってもらうシステム。仕事は、路上でフルーツを売る仕事。

30人のボランティアと共に、一つ屋根の下で暮らし、最初の情報収集&友達作りにはもってこいの場所でした。

 

2018年1-10月:ニュージーランド

1ヶ月、上述のウーフに滞在した後は、南島へ行き、車を購入。

車の中にベッドとキッチンをDIYして、キャンパーを作成。

この車で、NZのキャンプサイトを周遊しながら、クイーンズタウンの中華屋や、ヴィンヤードで働いたり、ファームや、ゲストハウスでウーフをしたりして、ワーホリを満喫。あっという間の1年でした。

 

2018年11月-2019月6月:中南米

上記が中南米の周遊ルート。期間は8ヶ月間。特に南米はデカくて、見どころが沢山。8ヶ月あっても、全然見たりませんでした。ただ、後半はずっと変わらない「ラテン文化」に飽きてきていましたがね。

なんと言っても、一番感動したのは、パタゴニア。本当に絶景。色々なところでトレッキングをしてきましたが、ダントツでNO1です。

ペルーも言うまでもなく最高。マチュピチュばかフューチャーされがちですが、それ以外にも見どころが多い。

メキシコも最高に楽しかった。特にご飯の美味しさには、本当に驚き。これまで、僕の中で、グルメ大国は「タイ、ネパール、中国」だったのですが、完全にメキシコ が入り込んできました。

後は、ブラジルですね。

アマゾンも、リオのカーニバルにも参加できた。本当に嬉しい。ブラジルはスキップしてしまう人も多いのですが、絶対にもったいないですよ。

 

2019年6月:アメリカ

長かった中南米周遊を終え、久しぶりに先進国へ。キャンピングカーでのアメリカ縦断が始まります。

今でこそ一番戻りたいのは中南米なのですが、やはり8ヶ月もいると飽きてくる。街並みも、ご飯も。なので、このアメリカ行きは、本当に決まった日から何ヶ月も楽しみにしていた。

1週間寝泊りするのは、このキャンピングカー。トレーラーですね。かなりデカイ。

中はこんな感じ。キッチンもトイレもシャワーもついている。

ベッドルームもあります。半端ない。

写真の人たちは、今回このキャンピングカーでの旅に招待してくれたキャメロンの親戚。アメリカ独立記念日を祝うために、このキャンプサイトにアメリカ全土から親戚が大集合。何処の馬の骨や、言うのは、完全に僕一人です。

何から何まで「映画で見てきたアメリカ」の世界。大感動でした。快く迎えてくれたキャメロンの家族、親戚一同に大感謝です。

ちなみに、フロリダまでの道中では、ケンタッキーで乗馬をしたり、

アラバマのNASAスペースセンターを訪れ、大満喫でした。

 

2019年7-8月:パリ、リオン

アメリカの後は、パリへ。お盆休みで友達がパリに来れることになったので、それまで2ヶ月弱、パリのエアビで過ごすことに。ちなみに、家賃は、パリ中心部までメトロで20分ほどのところで、4万/月。めっちゃ良い。

みんな、4万でパリに住めますよ

しかも、パリで購入した格安SIMは、月29ユーロで100GB分のデータ通信量があったので、PCを持って、セーヌ川沿いや、公園に行って、ブログを書く日々。理想の生活でした。また戻りたい。

帰りに、マルシェに寄ってお買い物。夜は家で自炊です。パリの物価は鬼高い。

パリ周辺には友人が多く(と言っても、他国ですが笑)、スコットランドや、フィンランド、さらにはモスクワから週末遊びに来てくれました。そう言う時は、オシャンバーでディナー。普通にビール一杯1500円とかします。

彼らのほとんどは、南米で出会った人達。ヨーロッパの都市からパリまでは、LCCで3000円くらいで来れるからね、、羨ましすぎる。

あのサントシャペルで、ディナーコンサートにも参加。これ、めっちゃオススメです。普段は入れない夜のサントシャペル。雰囲気抜群。

8月後半は、フランス第二の都市、リオンへ。ここでは、友人の家に1週間滞在。

彼に出会ったのは、2014年のギリシャのメテオラという場所。そこで意気投合して、2年後に彼がスロバキアのブラチスラバに移住した時に、遊びに行って以来、会っていなかった。

彼はブラチスラバで、写真に写っているセルビア人の奥さんと出会って、事実婚。リオンに戻ってきていました。

アレックスが、リオンに戻った理由はこのエンジェル!このタイミングで僕も会えて、ラッキー!げきかわでした。

 

2019年9-10月:バルカン半島/東欧

ここから、久しぶりに旅再開。セルビアから入り、上記のルートでウクライナのキエフまで抜けて行きました。期間は2ヶ月。

まだ暖かい時期だったので、モンテネグロ、アルバニア、マケドニアあたりではビーチを堪能。

アルバニアでは、有名なトレッキングルートであるヴァルボナバレーへ。久しぶりのトレッキングでテンション劇アゲでした。

想像以上に良かったのがブルガリア。

首都ソフィアも良いですが、琴欧洲の故郷である、ヴェリコ・タルノヴォが最高でした。物価もちょうど良い。そしてご飯も美味しい。

ルーマニアでは、ドラキュラ城へ行き、

モルドバでは、人生初の未承認国家「沿ドニエストル共和国」へ。世界で唯一のプラスチックコインをゲットしました。

ウクライナでは、「愛のトンネル」へ。この時期は紅葉。1年で1〜2週間しか見ることのできない絶景です。

 

2019年10-12月:コーカサス/中東

ウクライナのキエフから、アルメニアのエレバンへ。ここから、コーカサス/中東周遊がスタートです。期間は3ヶ月。

想像以上に良かったのが、アルメニア。アルメニアは世界で最初にキリスト教を国教にした国。なので、国中に歴史のある修道院が沢山あります。雰囲気も全然違う。

南部にあるタテブ修道院も必見です。

中東で一番長くいた国、それがトルコです。本当に見どころが多い。なんと言っても、カッパドキアはやはり、圧巻です。これまで見た中でも、奇妙な町の一つ。

イスタンブールも本当に良かった。アジアとヨーロッパの境目。世界中の全てが、ここにある気がしました。

この旅で、絶対に行きたかった場所ベスト3に入る町。それがエルサレムでした。なんと言っても、歴史溢れる街。至る所に、その痕跡が残っている。こんなに町歩きが楽しい町はなかなかありません。物価が高いのが、マイナスポイントですが、、

そして、パレスチナにも訪問。多くがエルサレムから日帰りで行く一方、僕は1週間以上滞在しました。是非、自分の目で見て欲しい。パレスチナで何が起きているのか。毎日、彼らがどんな苦難の上、生活しているのか。

ヨルダンでは、ペトラ遺跡に。ここも欠かせないですね。入場料は鬼です。

そしてエジプトです。ここも、言うまでもなく、絶対に来たかった国。もう、毎日のように「ため息」をついていました。規模が違いすぎます。

 

2020年1-3月:アフリカ縦断

エジプトからケニアのナイロビに飛行機で飛び、アフリカ縦断スタート。ワクワクが止まらん。最後に、南ア軟禁生活が待っているとは、夢にも思わない。そりゃ、そうだ。

最初はやはりケニアでサファリ。もう感動しっぱなしでした。2泊3日のマサイマラでのサファリの後、ナクル湖にも日帰りで行っちゃいました。ここで、BIG5を全制覇。

ケニアに次に訪れたのは、ウガンダ。ここからは、レイナちゃん、マイちゃんと一緒に行動を始めます。二人とは、最終的に、南ア軟禁生活まで一緒でした。笑

ウガンダで唯一したこと。それは、「動物園の飼育員始めました」のみ。思いの外、コスパは良くなかったけど、楽しかった。

その次は、ルワンダへ。ルワンダといえば、キテンゲ(アフリカ生地)でのオーダーメイドが人気。格安で作ることができる。僕も、トートバッグとショーツを作りました。

ルワンダの後は、タンザニアへ。タンザニア最初の町は、ムワンザという町。

ここで、レイナちゃん、マイちゃんと一旦別れ(3日だけ笑)、一人で久しぶりにカウチサーフィン。そしたら、なんと、色々と紆余曲折あって、超ローカルの村に泊まることに。笑

家の裏の小屋を間借りしている親子がいるような家でした。僕はここに3泊。誰も英語を話せないけど、とても良い時間だった。ありがとう。

ムワンザを後にし、国内線で一気に、楽園ザンジバルへ。

ここで、レイナちゃん、マイちゃんと合流。さらに、セン&チハル夫婦、シンゴ君も参戦。6人でエアビしながら、最高に楽しい日々を送ります。

ザンジバルを満喫した後は、タンザン鉄道で一気に南下。

ここでも、最高に良い出会いに恵まれました。楽しかった。

ザンビアのリビングストンで、ザンビーフをエンジョイして、

すぐにジンバブエへ。世界三大瀑布の一つ、ビクトリアフォールズ。イグアスの滝には去年行っているので、残りはアメリカのナイアガラの滝だけに。

ボツワナでは、チョベ国立公園でボートサファリ。ケニアのサファリとは、全然違った風景を楽しむことができて、大満足!

ボツワナ、めちゃめちゃオススメです!これしかないけど、、それでももう一回行きたい!

そしてナミビアに到着。ナミビアではレンタカーを借りて、一周します!

アフリカで一番美しい民族と呼ばれるヒンバ族や、

デッドフレイ。ナミビアは、見どころ満載です!

ナミビアの次はいよいよ、南アフリカ。最初はケープタウン。ここから、南アでもレンタカー旅へ。

ケープタウンからレンタカーで、希望峰、ポートエリザベス、レソトを周り、ヨハネスブルグへ。旅の終着地点、希望峰。感慨深いです。まあ、この後、軟禁ですが☆

 

2020年4月〜現在:南ア軟禁中

この後は、ご存知の通りです。ロックダウンギリギリ直前で、南アの脱出に失敗。写真は、予約したはずなのに、スッカラカンのチェックインカウンターを見て傷心する僕です。

そして、現在も滞在中の南アの首都プレトリアにて、絶賛軟禁生活中。

 

まとめ

ということで、1000日の旅のまとめについてでした!

いや、長いようであっという間の1000日間でした。こうして記事にしてみると、凄い色々あったなと。楽しい思い出ばかり。特に一番思ったのは、本当に良い人たちに巡り合えている。

クサいセリフで「僕は恵まれている」とは言いません。誰でも、旅に出れば良い人に巡り会えます。100%です。つまり、それだけ、この世界には良い人が沢山いるということ。悪い人なんて、ほとんどいない。

辛いこととか、悲しい事件はもちろん沢山あるけど、世界中の人達はみんな素晴らしい。99.99%の人は、他人を愛することができる。尊重することができる。それを実感した旅だった気がします。

そして旅で出会った皆さん、本当に有難う御座いました。

See you!

Always think easy, go easy.

著者からのお願い

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

記事が参考になったと感じたら、上の「世界一周」ボタンをクリックして頂けるとランキングが上がって励みになります!宜しくお願いします!

 

2年半の集大成!世界周遊まとめ動画(完成版)が公開!

かなりの長作となり、時間がかかっていたのですが、ようやく完成版が公開できました!かなり見応えのある動画になっているので、楽しんでもらえると嬉しいです!

 

旅に役立つ情報

世界一周前に揃えたい旅の便利グッツ

旅の準備で一番重要なこと。それは荷物の準備。最近では、旅の便利グッツが毎日のように進化を遂げていて「こんな便利なものがあるの!」という驚きの連続。便利グッツが一つあるだけで、旅の快適さが全く違ってきます。

絶対買うべき!便利なトラベル用品ベスト5(+α)を紹介!【世界一周準備】

2020年4月12日
 

旅中にブログを書いて生活する

長期の旅となると、空いた時間も多い。そんな時間で気分転換&頭の整理にブログを書いて、それで他の旅人の役に立ち、かつ旅資金も得られる。こんなにWin-Winなことはないです。

【フリーランス】旅をしながら働ける!?ノマドワークって何?その種類は豊富!

2019年6月13日
 

海外旅行に便利なクレジットカード

海外旅行では、クレジットカードは必須。特にキャッシングと海外旅行保険対策にクレジットカードは欠かせません。上手に使いこなすと、かなりお得に旅ができますよ。

【2019年版】海外旅行に持っていくべきクレジットカード6選!

2019年5月17日
 

海外旅行保険:クレジットカード付帯保険でお得に

海外旅行保険は絶対に削ってはいけません。何かあった時に、本当に地獄を見ます。年会費無料のクレジットカードだけでも、有料の保険と遜色ないくらい補償も充実しているので、オススメです。

海外旅行保険なし!クレジットカードの付帯保険で賄う方法!

2019年5月16日
 

現地での日本語ガイドツアー申し込み :タビナカ

旅をしていると、たまに「日本語ガイド」の必要性を感じることがあります。特に、遺跡や秘境を歩く時には日本語のガイドを付けてみると、満足度が全然違います。 現地で「やっぱり日本語ガイドをつけたい!」と思った時に使いやすいのが、【タビナカ】です。