【帰国後の手続き】帰国届(国外転入届)は、2週間過ぎても大丈夫!【コロナ】

コロナウイルス

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、帰国時に提出する帰国届(国外転入届)について!

これまでの記事で紹介したように、急遽、南アフリカから帰国しました。帰国時に空港で受けたPCR検査も無事に陰性。現在は、2週間の自己隔離生活も終わり、通常の生活を送っています。

ようやく自由に外に出ることができるようになり、一番最初にやったことは、役所での事務手続き。帰国届(国外転入届)や、国民保険、年金関係など、やるべきことが沢山あります。

ここで問題になってくるのが、帰国届は、通常2週間以内に提出する必要があります。しかし、コロナのせいで、2週間は外出ができない。そのため、現在では、2週間を過ぎても提出が可能です。

ということで、この記事では帰国届(国外転入届)について紹介します。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキングに参加しています。

上の「世界一周」ボタンがクリックされるとランキングが上がります。

励みになるので、ご協力ください!:D

日本帰国後のフローまとめ

まずは、簡単に日本帰国後の流れをまとめておきます。

  1. 日本到着
  2. PCR検査の順番待ち
  3. 迎えが来ている場合は、そのまま帰宅
  4. 政府指定のホテルに滞在する場合は、そのまま待機
  5. シャトルバスで指定のホテルへ(2泊)
  6. 2泊3日間待機(食事付き、外出禁止)
  7. PCR検査が陽性の場合:病院へ
  8. PCR検査が陰性の場合:指定の場所で2週間自己隔離

詳しくは、以下の記事で詳細に書いているので、帰国予定の方はチェックしておいてください。

 

帰国届(国外転入届)

まずは、帰国届について。正式には「国外転入届」です。

これは、海外からの帰国者が全員提出する訳ではありません。提出が必要なのは、出国時に住民票を抜いた人。具体的には、出国時に「国外転出届」を提出した人です。

つまり、出国時に「国外に出ます!」と宣言した人は、帰ってきたら「帰ってきました!」と言わないといけないということですね!

なので、最初から、住民票を抜いていない人は、ずっと日本にいたことになっている(旅行扱い)ので、提出の必要はありません。

また、1〜2ヶ月程度の一時帰国であれば、転入届を出す必要がないことが多いです。むしろ、出せない場合もあるよう。その辺は、役所によって変わるので、一度確認をしに行くのがベストです。転入届を出していないことで、トラブルに巻き込まれることを避けるためにも。

住民票を抜く(国外転出届を出す)メリットとしては、その間は、住民税や健康保険代などを支払う必要がないこと。

短期の旅行であれば、必要はないかと思いますが、1年以上の長期で海外に出る場合、住んでもいない住民税を支払う必要がなくなるので、意味があります。

 

帰国届(国外転入届)は、通常2週間以内の提出がマスト

ということで、住民票を抜いた人は、帰国時に国外転入届を提出する必要がある。そして、この手続きは、通常、帰国から2週間以内に行う必要があります。

しかし、これまでの記事でも紹介しているように、コロナウイルスが流行っている現在、海外からの帰国者は、政府指定の場所での2週間の自己隔離が必須です。

つまり、帰国から2週間以内に役所へ行くことができない。

ということで、今だけ特別に2週間を過ぎてもOKとしている役所がほとんどです。この対応は、役所によって異なるので、確認が必要ですが。

もちろん、その際は、パスポートや、Eチケットなど、帰国時が確認できる書類が必要になります。

 

帰国届(国外転入届)提出に必要なもの

  • 本人確認書類(免許証、パスポートなど)
  • 印鑑(私は不必要でした)
  • 帰国時がわかる書類(パスポート、Eチケットなど)

必要なものは、そんなにありません。私の場合、パスポートしか持っていきませんでした。

ただし、帰国時に自動ゲートを通ったため、パスポートに帰国日を確認できるスタンプがなかったので、スマホでEチケットを提示する必要がありました。

所要時間は30分程度です。

 

帰国届(国外転入届)を提出すると発生すること

  • 国民健康保険の支払い義務
  • 国民年金の支払い義務
  • 住民税の支払い義務

国外転入届を提出すると、発生するのは、この辺。まあ、普通に日本で生活していれば、誰でも支払っているものですね。日本に帰ってきているのに、転入届を出さないのはNGです。

ちなみに、国民年金は、場合によっては免除も可能です。さらに、住民税の支払いも、場合によっては当分支払う必要もありません。

この辺も、また記事を書きます。

 

まとめ

ということで、帰国後の転入届についてでした!

帰国するまで、色々と大変だと思いますが、今は、日本到着後のこともしっかりと考えなければいけません、、

短期間の一時帰国であれば、不必要ですが、一定期間帰国する場合、転入届の提出はマストです。コロナが流行っている現在は、2週間を過ぎても問題はないので、焦らずに。

See you!

Always think easy, go easy.

著者からのお願い

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

記事が参考になったと感じたら、上の「世界一周」ボタンをクリックして頂けるとランキングが上がって励みになります!宜しくお願いします!

 

2年半の集大成!世界周遊まとめ動画(完成版)が公開!

かなりの長作となり、時間がかかっていたのですが、ようやく完成版が公開できました!かなり見応えのある動画になっているので、楽しんでもらえると嬉しいです!

 

旅に役立つ情報

世界一周前に揃えたい旅の便利グッツ

旅の準備で一番重要なこと。それは荷物の準備。最近では、旅の便利グッツが毎日のように進化を遂げていて「こんな便利なものがあるの!」という驚きの連続。便利グッツが一つあるだけで、旅の快適さが全く違ってきます。

絶対買うべき!便利なトラベル用品ベスト5(+α)を紹介!【世界一周準備】

2020年4月12日
 

旅中にブログを書いて生活する

長期の旅となると、空いた時間も多い。そんな時間で気分転換&頭の整理にブログを書いて、それで他の旅人の役に立ち、かつ旅資金も得られる。こんなにWin-Winなことはないです。

【フリーランス】旅をしながら働ける!?ノマドワークって何?その種類は豊富!

2019年6月13日
 

海外旅行に便利なクレジットカード

海外旅行では、クレジットカードは必須。特にキャッシングと海外旅行保険対策にクレジットカードは欠かせません。上手に使いこなすと、かなりお得に旅ができますよ。

【2019年版】海外旅行に持っていくべきクレジットカード6選!

2019年5月17日
 

海外旅行保険:クレジットカード付帯保険でお得に

海外旅行保険は絶対に削ってはいけません。何かあった時に、本当に地獄を見ます。年会費無料のクレジットカードだけでも、有料の保険と遜色ないくらい補償も充実しているので、オススメです。

海外旅行保険なし!クレジットカードの付帯保険で賄う方法!

2019年5月16日
 

現地での日本語ガイドツアー申し込み :タビナカ

旅をしていると、たまに「日本語ガイド」の必要性を感じることがあります。特に、遺跡や秘境を歩く時には日本語のガイドを付けてみると、満足度が全然違います。 現地で「やっぱり日本語ガイドをつけたい!」と思った時に使いやすいのが、【タビナカ】です。