ヤンゴンからゴールデンロックへ日帰りで行くオススメの方法!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ミャンマー

Shozza
ハロー!ラオス中部の街、バンビエンに滞在中のShozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、ミャンマーのゴールデンロックについて!

ミャンマー観光と言えば、同国最大都市のヤンゴンから近い「ゴールデンロック」が有名です。しかし、ヤンゴンから片道5時間もかかる、、

しかし!朝早くにヤンゴンを出発すれば、日帰り観光も可能です!

ということで!この記事では、ヤンゴンから日帰りでゴールデンロックに行く方法を紹介します!

ゴールデンロックって何?

「ゴールデンロック」は、岩の上に丸い岩が絶妙なバランスで乗っかっている面白い観光地。

その奇跡の光景から、ミャンマー仏教の神聖な場所となっています。正式には、チャイティーヨ・パゴダ(Kyaikhtiyo pagoda)という名前がついています。これもパゴダ(仏塔)なんですね。

 

ゴールデンロックのうんちく

ゴールデンロックって、なんで落ちないの?

実は驚くことに、ちゃんとした理由があるんです!その理由は、岩と岩の間にブッダの髪の毛があるから

なるほどね〜

 

ゴールデンロックの行き方

ゴールデンロックへ行くにには、以下のルートで行く必要があります。

  1. ヤンゴンのバスターミナルから、キンプンまでバスで行く
  2. キンプンから、トラックで山頂まで行く

グーグルマップでは4時間ほどの距離ですが、バスで行き場合、乗り継ぎも合わせて片道5〜6時間かかります。

しかし、朝早くにヤンゴンを出れば、日帰りも可能です!

 

日帰りで行く方法

朝5時頃、市内のゲストハウスを出て、6時前にバスステーションに着くように出発します。そして4時間かけて、麓の町「キンプン」まで行きます。

キンプンの町からゴールデンロックまでは、トラックの荷台にぎゅうぎゅう詰めになった状態で、1時間かけて山を登ります。このトラックがなかなかアトラクション感覚で楽しい!笑

時間のある方は、トレッキングもできるみたいです。

山頂に着くと、お土産物屋や、宿泊施設など、小さな街があります。日帰りじゃない方は、ここに宿泊するのも良いと思います。

なぜなら、夕日や朝日に照らされたゴールデンロックはかなり綺麗で、日帰りでは時間的に、絶対に見ることはできないからです。

屋台も沢山あります

脇道を入ると、めちゃめちゃ可愛い犬のファミリーが遊んでいて、癒されました。この町を抜けると、ゴールデンロックが見えてきます。

修行僧の子達が沢山。聖地ですね。

そして、ようやくゴールデンロックがお出ましです!

山の淵にたたずむその姿は圧巻!そして、山頂ということもあって、ここからの山の景色もかなり綺麗です。

 

バスのチケットの買い方

バスのチケットはバスステーションはもちろん、街中やゲストハウスでも買えます。

しかし、バスステーションが市内から車で40分程も離れているので、ゲストハウスで購入して、朝のタクシーも呼んでもらうのが楽かと思います。

片道のバス代は、ゲストハウス購入で8000チャット(800円)程でした。

 

ヤンゴンでオススメの安宿

ヤンゴンでオススメの宿はスコット アット 31ST ストリート (Scott@31st Street)です。レセプションはカフェと併設しているので、とてもお洒落です!

部屋も清潔で、一つ一つのベッドにカーテン、コンセント、電気がついているので、とても便利!ミャンマーにいることを忘れさせます。笑

シャワーも綺麗ですが、服を置くところがないことだけが欠点。そんなに問題ではないですが!オススメです!1泊800円程。

宿の詳細

  • 料金:★★★★☆
  • ロケーション:★★★★★
  • 清潔さ:★★★★★
  • 雰囲気:★★★★★
  • シャワー:★★★☆☆
  • WiFi:★★★★★

 

まとめ

ヤンゴンに来たら、ゴールデンロックは必見です!

ゴールデンロックに行くまでの道のりも楽しめるのでオススメです!

時間のある人は1泊して、サンライズやサンセットを見るのも良いと思います

See you!

Always think easy, go easy.