【カウチサーフィンの始め方】簡単にホストを見つけるテクニック!

カウチサーフィン

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、Couchsurfing(カウチサーフィン)の使い方について!

皆さんは、「カウチサーフィン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?日本ではあまり人気がなく、馴染みがないですが、旅をしていると結構この名前を聞くことも多いかと思います。

ざっくりと説明すると、カウチサーフィンでは、現地の人の家にタダで泊まらせてもらうことができます。カウチサーフィンを知らない方は、以下の記事を参考にしてください。

そんなカウチサーフィンですが、ホストを見つけるのは簡単ではありません。人気の町だと、結構競争率も高い。しかし、めちゃめちゃ難しいかと言うと、そうではありません。コツがあります。

ということで!この記事では、カウチサーフィンでのホストの見つけ方について紹介します!

Couchsurfing(カウチサーフィン)とは

Couchsurfing(カウチサーフィン )とは、「宿泊費を抑えたい!」という旅行者と、「新しい人と会いたい!」というホスト(宿側)をつなぐ、ソーシャルウェブサイトです。

ざっくりいうと、「無料で泊まらせてもらえる人を探せるサイト」です。

これだけ聞くと、めちゃめちゃ危なそうに聞こえるかもしれませんが、その辺はもちろんしっかり対策を取られています。カウチサーフィンの詳細については、以下の記事で詳しく説明しています。

ちなみにカウチサーフィンは年会費がかかります。たまに、初年度は無料キャンペーンがやっている時もありますが、基本的には年会費25ドル程度です。

 

カウチサーフィンの始め方

アカウントの作成

まずは、カウチサーフィンのサイトにアクセスし、アカウントを作る必要があります。

Facebookを使っている人であれば、左のFacebookリンクボタンをクリックすると、楽にアカウントが作れます。

 

プロフィールの作成

年会費を支払い、自分のアカウントを作ったら、プロフィールを作っていきます。

この時、なるべく細かく記入することをオススメします

それによって、ホストからの返事が変わってきます。

特に始めたてでレビューがない場合は、ホスト側からしたらプロフィールのみから判断しなければいけないので、ここを充実させて信頼してもらえるようなプロフィールにすることが大切です。

特にしっかりとした方が良い点が以下。

  •  Profileを100%にする(全項目埋める)
  • カウチサーフィンの使用目的をちゃんと書く
  • シェアできることがあれば書く
  • プロフィール写真を複数枚貼る

 Profileを100%にする(全項目埋める)

プロフィールでは、いくつか記入項目がありますが、ちゃんと全て埋めておきましょう。そうすると、プロフィール上に「Prifile 100% complete」と表示されます。

 

カウチサーフィンの使用目的をちゃんと書く

プロフィールには、「Why I’m on Couchsurfing(カウチサーフィンの使用目的)」という項目があります。ここをちゃんと書くことで、ホスト側もゲストが何を求めているかがわかります。

「無料だから」ではなく、「出会いを大切にしたい」などと書くことをオススメします。

 

シェアできることがあれば書く

同様に、プロフィールの「What I Can Share with Hosts(シェアできること)」の項目も重要です。

料理(日本食だとより良い)や、旅の情報、日本についてなど、ホストに役立つことがあれば書いておくと、ホストからOKが来やすいです。

 

プロフィール写真を複数枚貼る

プロフィール写真も重要です。

自分も、相手がどんな人か気になるはずですよね。一枚ではなく複数枚貼っておく方が好ましいです。

 

ホストを探す

条件を絞り、ホストを探す

アカウントを作ったら、いよいよホストを探しましょう!

まずは、上の「Where are you going?」のタブに行き先を入力します。ここでは、「Paris」としました。

するとホストが出てきました。ここでは、まだ条件を絞っていないので、パリにいるホストが全員出てきてしまっています。

まずは、滞在予定日程(ARRIVEとDEPART)と、人数(# OF TRAVELLERS)を入力しましょう。さらに、「More Filters」をクリックし、詳細で絞ることをオススメします。

オススメするのは「Have References(レビュー評価あり)」にチェックを入れること。これがない場合は、信用できません。

「Accepting Guest(ゲストを受け入れている)」、「Maybe Accepting Guest(ゲストを受け入れられるかもしれない)」にチェックを入れることも忘れずに。

さらに、性別や年齢などで絞ることも可能です

条件を絞ったら検索!結果が出てきます。ここで、見ておくべき点は以下です。

  • 緑のチェックマークが付いてる(個人情報がちゃんと認められている証拠です)
  • Reference(レビュー)の数
  • ホストの話せる言語
  • 「Accepting Guest」か、「Maybe Accepting Guest」のどっちか

上記の項目を確認しながら、良さそうなホストがいたら詳細を見てみましょう。

 

ホストにメッセージを送る

気に入ったホストがいたら、「Send Request」をクリックします。

すると、メッセージの送信画面になります。ここで、滞在したい日程と、人数、メッセージを記入します。ここでポイントは以下。

  • 滞在日程は長過ぎないように(長くても5〜7日)
  • 「Date is flexible(日程調整可能)」にチェックを入れておく
  • メッセージを充実させる(情熱を伝える)

 

ホストからの返事を待つ

あとはホストからの返事を待つだけです。メッセージは、上の封筒のマークで確認できます。また、返事が来た場合も、ここでやりとりができます。

メールアドレスを登録しておくと、メッセージが来た時にそっちに連絡が来るようになって便利です。 

ちなみにホストからの連絡は、場合によっては全く来ないことも多いです。

それには、上記で説明した内容に加えて、いくつかのコツがあります。それを以下で紹介します!

 

ホストからの返事が来るようになるためのテクニック

ホストから返事をもらえるようになるためには、最初は少し時間がかかります。以下の内容を実践してみると、手っ取り早いかと思います。

 

とりあえずコピペで送りまくる

まずはこれです。とりあえず送りまくりましょう。コピペでOKです。

本当に泊まりたいホストだけを厳選して送っていても、そのホストがその日が忙しかったりすることも勿論あります。彼らにも生活があるので。

とりあえず送りまくって、返事が来てから考えるくらいでないと、中々返事が来ません。

 

アクティブなホストを見つける

上で「とりあえず送りまくれ!」と言いましたが、送る相手も少しだけ選びましょう。それが「アクティブユーザーかどうか」です。

上の写真の彼女を見てみると、「Last login(最後のログイン)」が9ヶ月前になっています。つまり、9ヶ月間カウチサーフィンを開いてすらいないんです。

こんなホストにメッセージを送っても、多分ほとんど返事が来ません。

次に彼女。Last loginは6時間前なので良さそうですが、「response rate(返信率)」が14%とかなり低い。これでは、返事が来る可能性が低いですね。

嫌な言い方ですが、彼女のように頻繁にカウチサーフィンにログインしているにも関わらず返信率が低い人は、ゲストを何かしらの基準で選別しているため、下心ありきでカウチサーフィンをしている可能性もあります。笑

それが嬉しい場合は、どうぞメッセージを送ってみてください。笑

 

好ましいホストの例

完璧なホストは彼のような場合。

  • Accepting Guestである
  • response rateが100%
  • Last loginも近い
  • Referencesも、friendsも多い
彼であれば返信率100%なので、滞在NGの場合でも返信をしてくれます。

親切なホストは滞在NGでも、向こうから別の日程を提案してくれたり、「現地で何かあったら連絡して!」と連絡先を教えてくれたり、「ランチだけなら!」「週末の街案内ならできるよ!」という場合も結構よくあります。

こういうホストを見つけることができると、本当に旅が充実して楽しくなります!ホテルに引きこもる旅はもうやめましょう!

 

まとめ

ということで、カウチサーフィンの始め方についてでした!

まだまだ日本人には馴染みがなく、抵抗もあるかもしれませんが、一度やってみると結構クセになります!笑

特に一人旅では、寂しくなることも多い。そんな時に、現地で友達を作ることができて、新しい文化や価値観、考え方に触れることも!旅では本当にオススメです!

次の記事では、スカイプを使った国際電話のかけ方について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.