【独学】南米周遊7ヶ月で実際に必要だったスペイン語はこれだけ

南米

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、南米旅に必要な最小限のスペイン語について!

チリのサンティアゴから南米入りをし、7ヶ月かけて南米を周遊してきました!南米に入り、一番最初に感じたことは「スペイン語の重要性」。思っていたよりも英語が通じません。

そこで僕は、チリのゲストハウスで住み込みの仕事を1ヶ月し、その間に独学でスペイン語の勉強をしました。実際に得ることができたのは、基礎の基礎だけですが、それでもこれでかなり南米旅が楽に、かつ楽しくなったと自負しています。

しかし、実際に使っているスペイン語はわずかで、その少しのスペイン語だけで十分。旅をするだけであれば、文法なんていりません。

また、スペイン語の発音は日本語に似ていて、日本人には簡単。なので、フレーズを覚えるだけで、田舎のお爺ちゃんお婆ちゃん相手でも、結構通じました。英語のように、発音が悪くて伝わらないということがないのが嬉しい!

付け焼き刃で、全然問題なし!覚えたての言語でちゃんと会話ができると、結構感動します!会話ができるかできないかで、旅の楽しさ、容易さが格段に変わってくるので、少しで良いので覚えておくと良いと思います!

ということで、この記事では、知っておくべき必要最低限のスペイン語について紹介します!

スペイン語について

スペイン語はスペインと、ブラジルを除くラテンアメリカで使用されている言語で、その使用者数は4億人以上。公用語とする国、地域は20以上あるとされ、世界で4番目に多くの国で使われている言語です。

上述のように、中南米ではブラジルなどを除くほとんどの国で使用され、旅をする上で、スペイン語の習得はかなり重要。旅に出る前に、グアテマラやメキシコなど、物価の安い国で数週間〜数ヶ月、スペイン語学校に通うバックパッカーも多いです、

語学学校も良いですが、なるべくお金を節約したい!という方には、独学もオススメ!実際に僕は1ヶ月の独学で、そこそこスペイン語を覚えることができました。

僕は、割と文法から入りたいタイプなので、結構がっつり勉強したのですが、一度旅に出るとそんなの関係なくなりました。笑

実際は、いくつかのフレーズと、その応用しか使っていません!

「文法からしっかりと覚えたい!」という方は、上記の記事を参考にして頂ければと思いますが、「とりあえず必要最低限のことだけ知りたい!」という方は、以下に進んで下さい!

 

旅に必要なスペイン語

僕が感じた、南米周遊で必要最小限のスペイン語は、以下の項目です。

  • 数字
  • ちょっとした会話(挨拶など)
  • 疑問文
  • 自分の意思を伝える

しかし、これを全部覚えようとすると結構大変。ということで、ここではこれらを省略し、本当に僕がいつも使っているフレーズのみを紹介します!

上記の4つの詳細をしっかり身につけたい場合は、以下の記事を参考にしてください!

 

本当に本当に必要最低限なスペイン語はこれ!

「会話はいらない!必要なことだけ教えて!」という人のために、実際に僕が旅中に本当によく使っているフレーズだけ厳選したのがこちら。

  • Quiero 〜(キエロ〜):〜したい
  • Donde es 〜?(ドンデ エス〜?):〜はどこですか?
  • Cuanto cuesta?(クアント クエスタ?):いくらですか?
  • Que hora es?(ケ オラ エス?):それは何時ですか?
  • Tienes〜?(ティエネス〜?):〜を持っていますか?

正直、この5フレーズしか使っていません。まずは、「Quiero」で自分の意思を伝えてから、疑問文を入れるのがポイントで、簡単に伝わります。

 

上記のフレーズを学ぶ

〜したい(Want)

  • Quiero 〜(キエロ〜)〜したい
  • Quiero ir 〜(キエロ イル〜):〜へ行きたい

「Quiero」は英語の「Want」で、これを覚えておけば、宿、レストラン、バスターミナルや駅などで、何かをオーダーしたり、どこかへ行きたい時に便利。「〜したい」といえば、大体のことは伝わります。

「Want to〜」のように、その後に動詞をつけるときは、「Quiero ir」のように、動詞の原形をつけるだけ。覚えておくと便利な動詞は以下。

  •  ir (イル):行く
  • comprar(コンプラール):買う
  • comer(コメール):食べる
  • beber(ベベール):飲む
  • utilizar(ウティリザール):使う
  • quedar(ケダール):泊まる
  • llegar(リェガール):着く

 

〜はどこですか?(Where)

  • Donde es 〜?(ドンデ エス〜?)〜はどこですか?

「Donde」は「Where」にあたり、場所を聞くフレーズは「ドンデ エス」。この後に、聞きたい場所を付ければOK。よく聞く場所をいくつか覚えておきましょう。

  • Baño(バーニョ):トイレ
  • Hostal(オスタル):ホステル
  • Comedor(コメドール):ご飯屋さん
  • Terminal(テルミナル):ターミナル
  • Estación(エスエスタション):

 

〜はいくらですか?(How much)

  • Cuanto cuesta?(クアント クエスタ?)いくらですか?

「Cuanto」は英語の「How much」で、数を聞くことができます。さらに派生して、以下の事を聞くことも可能。

  • Cuanto tiempo?(クアントティエンポ?):どれくらいの時間ですか?

※tiempo:time

 

〜は何時ですか?

  • Que hora es?(ケ オラ エス?)それは何時ですか?

「Que hora」は、「What time」を示します。覚えておくと良いフレーズは以下。

  • Que hora es próximo autobus / tren?(ケ オラ エス プロキシモ オウトブス/トレン?):次のバス/電車は何時ですか?

※próximo:next, autobus:bus, tren:train

 

〜を持っていますか?、〜を下さい(Please)

  • Tienes〜?(ティエネス〜?)〜を持っていますか?
  • Por favor(ポルファボール)〜を下さい

モノを頼む時や、店にモノがあるかどうかを聞く時のフレーズです。

  • Tienes papel?(ティエネス パペル?):紙ありますか?(紙を下さい)
  • Por favor una cerveza(ポルファボール ウナ セルベサ):ビールを1本下さい

※papel : paper, cerveza : beer

 

応用編(実際の使い方)

覚えておくべき、最低限のフレーズをもう一度おさらい。

  • Quiero 〜(キエロ〜):〜したい
  • Donde es 〜?(ドンデ エス〜?):〜はどこですか?
  • Cuanto cuesta?(クアント クエスタ?):いくらですか?
  • Que hora es?(ケ オラ エス?):それは何時ですか?
  • Tienes〜?(ティエネス〜?):〜を持っていますか?

これらの実際の使い方を説明していきます。

まずは、「Quiero」で自分の意思を伝えてから、疑問文を入れるのがポイントで、簡単に伝わります。いくつか例を挙げていきます。

 

(ケース1)バスターミナルで、チケットを買いたい場合

  • Quiero ir a 〜(キエロ イル ア〜):〜へ行きたいです

を、最初に伝えてから、自分の聞きたいことを続けると、会話がスムーズに。

  • Quiero comprar boleto(キエロ コンプラール ボレト):チケットを買いたい
  • Que hora es proximo autobus?(ケ オラ エス プロキシモ オウトブス?):次のバスは何時ですか?
  • Cuanto tiempo?(クアントティエンポ?):何時間かかりますか?

こんな感じです。もちろん、単語もいくつか必要になってきます。大体、上で挙げた単語を覚えていれば、旅に支障はないかと思います!

 

(ケース2)町でビールを買いたい場合

  • Quiero beber cerveza(キエロ ベベール セルベサ):ビールを飲みたいです

を、最初に伝えてから、続けます。

  • Tienes cerveza?(ティエネス セルベサ?):ビールありますか?
  • Cuanto cuesta?(クアント クエスタ?):いくらですか?
  • Donde puedo comprar?(ドンデ プエド コンプラール?):どこで買えますか?

※puedo : can

 

(ケース3)宿でもう一日、延泊したい場合

  • Quiero quedar una noches más(キエロ ケダール ウナ ノーチェス マス):もう一泊延泊したいです

を、最初に伝えてから、続けます。

  • Tienes vacante?(ティエネス バカンテ?):空きはありますか?
  • Puedo?(プエド?):可能ですか?
  • Cuanto cuesta?(クアント クエスタ?):いくらですか?」

※una : 1, más : more

と、こんな感じです!

単語のボキャブラリーは多少必要ですが、基本的な構図(フレーズ)はそんなに多くありません!上記のフレーズと、よく使う単語(僕であれば、ビールとか笑)だけ覚えて置けば、なんとか応用が利くようになってきます!

 

オススメの独学スペイン語本

これはとても有名な本。日本にいる場合は、これがオススメです。

僕は既に海外にいたので、Kindle対応しているこの本を購入しました。

基本はPCで独学しましたが、その前に飛行機やバスの中で、これを一通り読んだ事で、入って来やすかった。初心者にもわかりやすく、スラスラ読めてオススメです。

 

まとめ

ということで、南米周遊に必要最小限のスペイン語についてでした。

まずは上記のフレーズから入ってみるのが良いと思います。結構簡単に伝わるようになって、テンション上がりますよ!笑

これらのフレーズがそこそこ身についてきて、「もっと現地の人と話してみたい!」となったら、以下の記事を参考に、次のステップに進むと良いと思います!

この記事では、数字について省いてしまいましたが、値段を聞いたり、時間を聞いたりするのに、数字を知らないと理解できないですよね!とりあえず言いたいことを言えるようになったことは、大きな一歩です!次は、以下記事で、数字を勉強していきましょう!

この記事では、旅に必要な簡易スペイン語として記載しました。「el」「la」といった、英語で言う「the」「a」のような冠詞は省いています。実際に省いても伝わるので。

See you!

Always think easy, go easy.