【超簡単】オススメの海外バス検索・予約方法!全部教えます!

旅に役立つ情報

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!今回の記事は、海外でのバス検索・予約方法について!

バックパッカーにおいて、海外旅行中、一番多く使う移動手段。それがバスです。

時間はかかりますが、何より安い。そして、その土地の雰囲気を味わうのに、バス移動は最適です。夜行バスも便利だけど、時間があるときは、景色を見ながらの昼間のロードトリップも良い!

そして「いざ、バス移動するぞ!」という時に、オンラインでバスの時刻表検索や、予約(しかも席の指定も!)ができたら、めちゃめちゃ便利ですよね!特に、現地に行く前に、移動のルートを考えたい時には必須。

しかも、ここで紹介するRome2rioというサイト一つで、世界中全てのバス予約が出来ちゃいます。笑

ということで、この記事では海外でのバスの検索・予約方法について紹介します!

基本的なバスの乗車方法

基本的にバスに乗る方法は以下の3つ。

  1. 直接バスに乗り込む
  2. バスオフィスでチケット購入
  3. オンライン予約

 

直接バスに乗り込む

説明するまでもないですが、乗りたいバスを見つけて「エイ、ヤー」でバスに乗り込む方法です。もちろん空席があればですが。

メリット

  • 乗りたい時にバスに乗れる
  • ギリギリなので、割引きされる事がある

デメリット

  • バタバタする。笑
  • 空席がない場合がある
  • 席が選べない

 

バスオフィスでチケット購入

これが一番、一般的な方法かと思います。ルートが決まったら、バスオフィスに行って、バスの日程・空席を聞いて、チケットを購入する。

メリット

  • マンツーマンでチケットが買える

デメリット

  • 空席がない場合がある
  • スタッフによっては、席が選べない(勝手に指定される)
僕もこの方法を使う事も多いですが、その場合、基本的には事前にオンラインで確認しています。

 

オンライン予約

僕が一番オススメする方法です。

その理由は、もちろん好きな時にバスの確認・予約ができるからです。

ルートを決める時に、安宿やカフェで「次、どこ行こうかな〜」と、バスの時間を見ながら考える事ができる。バスオフィスに行ってからでは、めんどくさい!

メリット

  • 事前に、バスの日程、空席、料金を知る事ができる(旅程が組める)
  • バスオフィスに行く必要がない
  • そのまま予約できる
  • 席が選べる

デメリット

  • オンライン予約手数料がかかる事がある
オンライン予約では、別途手数料がかかる事があります。その場合は、以下の方法をオススメします

▶︎席に余裕がある

→ バスオフィスに行き、購入

▶︎席に余裕がない、バスオフィスが遠い、絶対にそのバスを逃せない

→ オンライン予約

状況に合わせて、使い分けてみましょう!以下では、オススメサイトを紹介します!

 

バス予約サイトの決定版、Rome2rio

バス検索・予約のオススメサイトがRome2rioです。

昔はいくつかのサイトをオススメしていましたが、現在ではこのサイトだけで、世界中どこでも問題ないです。僕にとって、バス版SkyScanner的存在。

そして、何よりも本当に使いやすい。以下、説明していきます

 

 Rome2rioをオススメする理由

Rome2rioをオススメする理由をまとめました。

  • 世界中どこでも網羅している
  • 他のサイトよりも安い
  • 小さな田舎町、小さなバス会社でも、ちゃんと出てくる
  • いくつかのルート案を、提案してくれる
  • バス以外の方法(飛行機やフェリー)も、提案してくれる
  • そのまま予約可能(席、グレードも選べる)
  • 地図上でルートを選べるので、わかりやすい
  • 国境越えもOK

オススメする理由は沢山ありますが、何と言ってもその使いやすさ。

直感的にスイスイ検索できます。どうすればユーザーが使いやすいかを、よく考えているというのが伝わります。Rome2rioを使ってしまうと、もう他が使えない。笑

以下、使い方を説明していきます。

 

 Rome2rioの使い方

まずは、Rome2rioのページアクセスし、出発地と目的地を入力し、検索。

すると、いくつかの検索結果と共に、地図が出てきます。

左の枠には、上からバス、電車とバスを使う場合、別のルートのバスの場合、ドライブの場合、そして飛行機を使う場合の検索結果が出てきています。

所要時間と、おおよその料金が出てくるので、とてもわかりやすい。右の地図は、バスの場合のルートを示しています。ここで、左の枠のバスをクリックしてみます。

すると、バスの検索結果が出てきました。

緑の部分が、バス会社。

青のタブで、日程と時間を設定可能。

赤のタブで更に沢山の検索結果を表示可能。

ここで、気になったバスをクリックしてみます。

バスの停車駅を含め、より詳しい情報を見ることができます。

検索結果を下にスクロールすると、上記で出てきたバス会社(緑丸)のリンク先が出てきます。

ここで予約したい場合は、気に入ったバスの会社のリンクをクリックし、予約に進みます!ここまでで、Rome2rioの使い方は終了です!

バス会社によっては、すぐに予約画面に飛ぶ場合もあれば、そのバス会社のサイトで再度検索が必要、または稀にオンライン予約ができない会社の場合もあります。

 

Rome2rioのスゴイところ

一度、最初の画面に戻り、バス以外の手段を見てみます。Rome2rioのすごいところはココ。他のサイトでは真似できません。

電車とバスの部分に触れると、その乗り継ぎ地図が右に出てきます。そこをクリックしてみます。

電車とバスの詳細情報が出てきます。「電車もあるんだ!」とか、「電車の方が早いし、安いじゃん!」とか、バス以外の手段を気付かせてくれます。

更に凄すぎるのが、緑丸の部分。ここは、電車とバスの乗り継ぎの徒歩の時間を示しています。しかし、ここがクリックできる仕様に。

クリックしてみると、なんと徒歩の詳細まで出てくるんです。笑

そこまでやりますか?でも、こういう気配りが嬉しいし、安心する!

この場合は近いので良いですが、乗り継ぎが離れている場合も。そんな時には、乗り継ぎにかかる時間、移動方法がわかるのは助かります。少し離れた場合は、タクシーの時間と料金も出てきます。本当に、至れり尽くせり。

上記は電車とバスの乗り継ぎの場合でしたが、バスとバスの乗り継ぎの場合も、仕様は同じです。また、乗り継ぎ前後で、バス会社が異なる場合は、それぞれのバス会社のリンクに飛び、それぞれのバスを予約します。

 

まとめ

ということで、海外でのバスの検索、予約方法についてでした!

この方法を一つ知っていると、世界中のどこでもバス予約に困ることがないのでオススメです。南米でも、アジアでも、ヨーロッパでも、どこでも使えます。

海外旅行で一番使う移動手段ですので、効率良く、お得に、何より楽しく!移動できると良いですね!

ちなみに、恐る恐る検索してみたら、日本でも当然のように使えて、感動しました。笑

次は、この記事がオススメ!

▶︎【南米周遊】語学学校はいらない!独学でスペイン語を勉強する方法!

▶︎【総括】大満喫するためのニュージーランドワーホリ方法!勉強?仕事?まずは、遊びまくれ!

▶︎【完全保存版!】パタゴニアで絶対行くべきスポット全部公開!(2019年)

▶︎【パタゴニアでヒッチハイク】天国と地獄を味わう13時間。でも簡単!

See you!

Always think easy, go easy.