【2019年版】パタゴニア周遊!観光スポット、ルート、安宿紹介!

チリ

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、パタゴニア周遊の総まとめについて!

南米周遊のハイライトの一つとも言える、チリ、アルゼンチンにまたがるパタゴニア。

その範囲は広大で、日本が余裕でスッポリ入るほど。しかも、その広大な土地に見どころが沢山!全てを見ようとしたら、いくら時間があっても足りません。

実際に、私は1ヶ月弱かけてパタゴニアを周りましたが、それでも時間の都合で行けなかった場所は沢山あります。

この記事では、僕が実際に訪れた町や、ルート、オススメの宿、SIM事情、実際にかかった費用など、パタゴニア周遊のまとめ情報を紹介していきます!

パタゴニアとは

パタゴニアとは南米大陸の南部分、チリとアルゼンチンにまたがる地域の総称です。

その範囲は広大で、上記写真の赤の線より下、全てがパタゴニア。日本と比較すると、いかに大きいか分かるかと思います。もはや、そこそこ大きめの一つの国として考えて良いほどです。

パタゴニアといえば、言うまでもなく大自然。

雄大かつユニークな形状をした山々を誇るパタゴニアは、世界中のトレッカー憧れの地です。

その地形は、アンデス山脈を挟んで、チリとアルゼンチン側で異なります。チリ側は、氷河期時代に形成した氷河によるフィヨルドが広がるのに対し、アルゼンチン側は広大な砂漠が広がります。

そのため、パタゴニアでは、氷河、山、砂漠、高原、海と、変化に富んだ景色を楽しめます。しかも、どれもが規格外の大きさ、美しさを誇ります。

 

パタゴニア周遊ルート

僕がパタゴニアで周ったルートは、上記の写真の通り。

サンティアゴから南下して、プエルトモントに入り、そこからアルゼンチンin。そこから南下し、ウシュアイアまで行き、プンタアレーナスから飛行機でサンティアゴへと戻りました。

  • プエルトモント(チリ)
  • バリローチェ(アルゼンチン)
  • フィッツロイ(アルゼンチン)
  • ペリートモレノ氷河(アルゼンチン)
  • トーレスデルパイネ(チリ)
  • ウシュアイア(アルゼンチン)
  • プンタアレーナス(チリ)

 

パタゴニアのオススメスポット

フィッツロイ

パタゴニアで、間違いなく一番最初にオススメしたいのが、フィッツロイです。

アウトドアブランド、「patagonia」のロゴになっている山で、ユニークな形が美しい、世界中のトレッカー憧れの山の一つです。

オススメは、フィッツロイ観光の拠点となる、エルチャルテンという町でキャンプ用品をレンタルし、キャンプをしながら回ること。

フィッツロイ以外にも見どころが多いので、キャンプをしながらゆっくり周るのがオススメです。

 

ペリトモレノ氷河

フィッツロイからバスで3時間ほどと、比較的近くにあるペリトモレノ氷河は、世界で3番目に大きい氷河です。しかもこの氷河は、現在も成長を続けていて、湖に向かって伸び、先端が崩壊するのを繰り返し続けています。

数分に一回は、写真のような氷河の崩壊が轟音と共に起こります。

フェリーに乗って、近くまで行くことも可能です。

 

ウシュアイア

ウシュアイアは、アルゼンチンにある世界最南端の町で、最も南極に近い場所です。近くには国立公園もあり、トレッキングも楽しめます。

しかし、何と言ってもオススメなのが、野生のペンギンやアザラシ、クジラなどに出会える、ビーグル水道ツアーです。

規格外の数に腰を抜かします。笑

 

バリローチェ

バリローチェはパタゴニアの北部に位置する山あいの町で、夏はトレッキング、冬はスキーで賑わいます。また、町は山と湖に囲まれ「南米のスイス」と呼ばれる程に美しい。

そして美味しいチョコレートが楽しめます。

それだけでなく、美しい山々が多くトレッキングが楽しい。

他にもサイクリングなどアクティビティも豊富なので、長く滞在して、ゆっくりしたい町です。

 

トーレス・デル・パイネ

トーレス・デル・パイネはチリにある国立公園で、フィッツロイに並ぶ人気のトレッキングスポット。しかも、トレッキングコースは豊富で広く、最大で1週間以上かけるコースもあります。

しかし、キャンプサイトは予約必須で、この予約が取りにくい(テント泊であっても)。そのため、僕は日帰りで行きました。

しかも、このキャンプサイト使用料が高い上に、国立公園入園時に入山料も払わなくてはいけない。さらに、、拠点となる最寄りの町プエルトナタレスは、バスで3時間ほどの距離にあり、全然最寄りじゃない。

正直、高い入山料を払うなら、ゆっくりキャンプして、山を楽しみたい。それができないのが、痛いところでした。

一方で、上述したフィッツロイは、入山料&キャンプサイト使用料を払う必要はなく、宿から5分でトレッキングスタートできる。ということで、僕は完全にフィッツロイをオススメします。

 

プンタアレーナス

プンタアレーナスチリ最南端の都市で、ウシュアイアのチリ版のような存在。ウシュアイア同様、ペンギンに会えるツアーなどもあります。

町には特に見どころはないのですが、空港があり、チリの各都市と結ばれているため、パタゴニア観光の玄関口となる都市です。

 

プエルトモント

プエルトモントは、チリにあるパタゴニア北部の都市で、サーモンの養殖で有名な漁港都市です。

町には魚市場以外に見どころはないですが、アルゼンチン側のバリローチェへ抜ける際の拠点となるため、旅行者がよく訪れます。

市場は新鮮な魚介類を安く食べることができるので、食べ歩きが最高です。

ウニもめっちゃ安い。この量で500円くらいでした。

 

パタゴニアの物価

パタゴニアの物価は、南米の中では一番高く感じました。特に、観光費と移動費、宿代が鬼高いです。ちなみに、比較的アルゼンチンが安く、チリが高いといった印象。僕が感じた南米物価ランキングはこんな感じです。

ボリビア < パラグアイ < ペルー < コロンビア < エクアドル < チリ = アルゼンチン < ブラジル = パタゴニア

 

パタゴニアの滞在費用

使用した金額1日平均
食費16,400円469円
宿泊費29,640円847円
移動費33,136円946円
観光費18,570円531円
その他2,335円67円
合計110,081円3,145円

35日間のパタゴニア滞在で、使用したのは11万円ほど。1日の平均は3,145円でした。

かなり物価の高いパタゴニアで、結構節約できたと思います。パタゴニアでは、外食が鬼高いので、ほぼ毎日自炊。そのおかげで、食費がかなり安く。これ、実は物価の安いペルーなどよりも安い。

物価の安い国では、ほぼ自炊せず、外食ばかりだったので、、

一方で、移動費が高いのがわかりますね。パタゴニアは広く、見どころも点在しているので、どうしても移動費が高くなってしまいます。元気があれば、ヒッチハイクもオススメですよ!

 

パタゴニア(アルゼンチン)のSIM事情

アルゼンチンのSIMは、他の南米諸国と比較しても安めで、プラン購入も携帯でサクッとできてしまうので、とても楽チンでした!

  • 会社:Movistar
  • SIMカードの料金:50ペソ(150円)
  • チャージ金額:200ペソ(600円)

ネットや、電話の使い方は、一度自分のアカウントにお金をチャージして、パッケージ(1週間とか、1ヶ月とか)を買うというもの。

僕は、1週間2GB(100ペソ)を使うつもりだったので、200ペソチャージし、その場で100ペソ使って1週間分購入しました。また、1週間後にSMSで「D7」とメッセージを送ると、1週間分の購入ができるという訳です。

 

バス移動、安宿情報

ここでは、各都市のオススメの安宿と、都市間の移動についてまとめています。

プコン(チリ)

↓ バス移動

プエルトモントオススメの安宿

↓ バス移動

バリローチェオススメの安宿

↓ バス移動

フィッツロイオススメの安宿

↓ バス移動

ペリートモレノ氷河オススメの安宿

↓ バス移動

トーレスデルパイネオススメの安宿

↓ バス移動

ウシュアイアオススメの安宿

↓ ヒッチハイク

プンタアレーナスオススメの安宿

↓ 飛行機移動

サンティアゴ(チリ

 

パタゴニア観光に役立つ本

「古代文明〜スペイン統治〜現代」までの中南米の歴史がわかりやすく書かれていて、小説感覚で読めます。

これを読んでおくだけで、町歩きが数倍楽しくなる。Kindleもあるので、南米周遊前、周遊中に読んでおきたい一冊です!

 

まとめ

ということで、パタゴニア周遊旅の総まとめについてでした!

見どころの多いパタゴニア。しかも、全てが規格外の絶景!時間の許す限り沢山訪れたいところ。

パタゴニアの後は、ボリビアに抜けるべく、チリ北部アタカマ砂漠へ向かいます!

See you!

Always think easy, go easy.

著者オススメ!旅に役立つ情報

海外旅行に便利なクレジットカード

海外旅行では、クレジットカードは必須。特にキャッシングと海外旅行保険対策にクレジットカードは欠かせません。上手に使いこなすと、かなりお得に旅ができますよ。

【2019年版】海外旅行に持っていくべきクレジットカード9選!

2019年5月17日

 

海外旅行保険:クレジットカード付帯保険でお得に

海外旅行保険は絶対に削ってはいけません。何かあった時に、本当に地獄を見ます。年会費無料のクレジットカードだけでも、有料の保険と遜色ないくらい補償も充実しているので、オススメです。

海外旅行保険なし!クレジットカードの付帯保険で賄う方法!

2019年5月16日

 

宿泊予約:agoda、Booking.com

宿泊予約サイトは沢山ありますが、オススメはagodaとBooking.comの2強のみです。ホテルでは、Hotels.comもアリ。詳しくは以下記事で説明してます。

【旅人必見】オススメ宿予約サイト紹介!(2019年版)

2019年7月19日

 

格安航空券予約:スカイスキャナー

言わずと知れた航空券予約サイト、スカイスキャナー。やっぱり最強です。航空券予約はこれだけ使えば十分!

スカイスキャナーの使い方!裏技も!【航空券予約方法】

2019年4月29日

 

海外バス検索・予約:Rome2rio

Rome2rioは、バス版のスカイスキャナー的存在。こいつだけで、世界中のバスを検索可能です。

【超簡単】オススメの海外バス検索・予約方法!全部教えます!

2018年12月16日

 

現地での日本語ガイドツアー申し込み :タビナカ

旅をしていると、たまに「日本語ガイド」の必要性を感じることがあります。特に、遺跡や秘境を歩く時には日本語のガイドを付けてみると、満足度が全然違います。

現地で「やっぱり日本語ガイドをつけたい!」と思った時に使いやすいのが、【タビナカ】です。

 

海外WiFi:グローバルWiFi

世界一周など、長期旅行では現地SIMの購入がオススメですが、短期旅行では海外WiFiのレンタルがオススメ!短期旅行で僕がいつも使うのは、グローバルWiFiです。

他の会社に比べて安いのと、一度使うと次回の割引が貰えるので、かなりお得になります。イモトのWiFiも人気ですが、僕は総合的に安いグローバルWiFiを使っています。



ShozzaTripをフォローしよう!

メールアドレスを記入してフォローボタンをクリックすれば、更新をメールでお知らせします!
Instagramのフォローも待ってます!