【アルゼンチン】バリローチェでの両替事情について【2019年】

アルゼンチン

Shozza
ハロー!パタゴニアでトレッキング三昧のShozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、アルゼンチンでのペソ入手方法について!

チリのサンティアゴから南下し、チリのプエルトモントから、アルゼンチンのバリーロチェへと抜けてきました。

パタゴニアに南下する際の人気のコースで、私のように、バリローチェからアルゼンチンinする人も多いと思います。

アルゼンチンに入国したらまず始めにやらねばならないことが、アルゼンチンペソの入手。これが両替が良いのか、キャッシングなのか、闇両替なのか、、と、実は結構クセ者。

ということで、この記事では2019年最新のバリローチェでの両替事情について紹介します!

変動の激しいインフレ通貨、アルゼンチンペソ

アルゼンチンでのペソの入手方法をググると、色々な話が出てきます。要約すると、以下のような感じ。

  1. アルゼンチンペソの下落が激しい
  2. 宿では米ドルで払った方が良い
  3. 両替所で両替するよりも、街中のおっさんに両替してもらった方がレートが良い(闇両替)
  4. キャッシングは手数料が高い

と、言うようなことを、先輩バックパッカー達は声を揃えて言っています。と言うことで、僕も入国前にUSドルを沢山用意して来ました。

では、2019年現在、実際のところどうなのか。以下、まとめました。

 

アルゼンチンペソの下落が激しい

本当です。そのため、アルゼンチンペソの信用度が低く、みんな米ドルを欲しがる傾向にあります。よって、米ドルで支払った場合、レートが良いことも。

 

宿では米ドルで支払った方が良い

これも本当。上述したように、みんな米ドルを欲しがるので、レートが良いです。

しかも、アルゼンチンペソやクレジットカードで支払うと税金や手数料がかかるのに対し、米ドルの場合は、かからないという謎の現象さえ起きることもありました。

ちなみに、米ドルの高額紙幣を支払い、アルゼンチンペソでお釣りをもらうと、かなりレートが良いので、両替所で両替するよりもお得!宿も高額紙幣を貰えて嬉しいという、ウィンウィン!これは知っておきたい裏技です。宿だけでなく、バスオフィスのチケット購入時でも同様でした!

※全ての場所がそうとは限らず、レートの確認はもちろん必要。

 

闇両替の方がレートが良い

これは、嘘。町中のレートと差がありませんでした。むしろ、少し悪い印象さえ。上述のように、バリローチェでは両替するなら、宿がベストでした。

 

キャッシングは手数料が高い

これは真っ赤な嘘!

「チリやアルゼンチンやでは、ATMの手数料が高く両替の方がお得!」という噂がありますが、それはデマです。

確かに、ATMに「○○ペソの手数料がかかります」と表示されるのですが、日本の法律ではこの手数料を違法徴収としているため、日本のクレジットカードを使っている場合、この手数料を請求されることはありません。

つまり、ATMに手数料の記載があっても、無視してOK。

国際キャッシュカードや、デビットカードを使う場合は、かかるので注意。

つまり、チリやアルゼンチンでも、キャッシングが100%お得。ATMは市内の至る所にあるので、簡単にアルゼンチンペソを入手できました。

海外キャッシングについては、以下の記事で、詳しく説明しています。

 

バリローチェでオススメの安宿

バリローチェでオススメの宿は、Hostel Inn Barilocheです!

なんといっても、テラスからのこの景色!バリローチェはずっと天気が良かったので、ここからの朝食、夜のビールが最高でした!

部屋も綺麗で、シャワーもWiFiもOK。寒い時は、室内からも景色を眺められます。1泊1000円程。

宿の詳細

  • 料金:★★★★☆
  • ロケーション:★★★★★
  • 清潔さ:★★★★☆

  • 雰囲気:★★★★★
  • シャワー:★★★★☆
  • WiFi:★★★☆☆

 

パタゴニア観光に役立つ本

「古代文明〜スペイン統治〜現代」までの中南米の歴史がわかりやすく書かれていて、小説感覚で読めます。

これを読んでおくだけで、町歩きが数倍楽しくなる。Kindleもあるので、南米周遊前、周遊中に読んでおきたい一冊です!

 

まとめ

ということで、アルゼンチンペソの入手方法についてでした!

最後にまとめておくと、以下のようになります。

  • 一番お得なのは、アルゼンチンでもキャッシング
  • 米ドルから両替したければ、宿やバスオフィスで高額紙幣で支払い、お釣りをペソでもらうのがベター
  • 闇両替はそんなにお得ではない

物価の高いアルゼンチンで、更に知らず知らずに損をしているなんてことは避けたい!ぜひ参考にしてください!

See you!

Always think easy, go easy.