【Amazon Prime】旅人がアマゾンプライムに入るべき理由!コロナ自粛にも活躍!

旅に役立つ情報

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、僕が旅人にオススメするアマゾンプライムについて!

現在、私は南アフリカのロックダウンに伴い、首都プレトリアで軟禁生活を送っています。ロックダウンから軟禁生活までの経緯は、こちらの記事を参考にしてください。

軟禁中は何をしているかと言えば、ブログを書いているか、漫画を読んでいるか、映画を見ているか、、完全にニートです。

ところで、映画を見るにあたって、僕はアマゾンプライムを使っています。NetFlixやHuluなど、動画系のサブスクが充実している中で、僕はアマゾン派。

以前は、NetFlixを使っていたこともあったのですが、アマゾンに戻ってきました。その理由は、安さと、それ以外の特典の豊富さ。

特に、オンラインストレージのAmazon Photosが優秀すぎる。むしろ、これが加入の理由。

このコロナ自粛で、自宅生活を行なっている人にもオススメです。30日間は無料なので、お試しもアリ。

ということで、この記事では旅人が入るべきアマゾンプライムについて紹介します。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキングに参加しています。

上の「世界一周」ボタンがクリックされるとランキングが上がります。

励みになるので、ご協力ください!:D

旅人にアマゾンプライムをオススメする理由(まとめ)

少し長くなるので、先にまとめておきます。まとめると、こんな感じ。

  • 映画、アニメ、ドラマ、音楽、本を楽しみ放題
  • ショッピングでの送料・お急ぎ便が無料
  • オンラインストレージ(容量無制限・RAWも保存可)が無料で使える
  • 月額500円 or 年額4900円
  • 学割あり(年額2450円)
  • 1ヶ月の無料体験あり(学生は6ヶ月無料)

アマゾンプライムに登録

 

アマゾンプライム(Amazon Prime)とは

アマゾンプライムは、アマゾンが提供するサブスクのこと。

サブスクは、「サブスクリプション(定期購読)」の略で、日本でもNetFlixやHulu、Apple Musicなどの台頭で知名度が上がってきました。

NetFlixやHuluは映画などを始めとした動画コンテンツのサブスク、Apple MusicやSpotifyは音楽コンテンツのサブスク。では、アマゾンプライムは何かと言うと「色々なサブスクコンテンツのミックス」。

動画を見放題のPrime Video、音楽を聴き放題のPrime Music、本を読み放題のPrime Reading。さらには、写真を保存できるオンラインストレージ、Amazon Photosも無料で使えます。

実はこれが一番アツい。旅をしていると、一番大事なのが写真。Google Photoや、Dropboxなどを使うにしても容量的に有料会員になる必要がある。

一方で、Amazon Photosでは、写真を無制限に保存可能。これがアマゾンプライムに登録すると無料で付いてくる。実は、これだけでも元が取れるくらい。

僕はこのAmazon Photosが理由でアマゾンプライムに戻ってきました

 

アマゾンプライムの料金

アマゾンプライムの料金は、500円/月。

年額払いにすると4900円/年で、月あたり408円。HuluやNetFlixなどの一般的な動画サブスクの中で最安値です。

月額料金
アマゾンプライム500円(4900円/年)
NetFlixベーシック:880円
スタンダード:1,320円
プレミアム:1,980円
Hulu1026円
d-TV550円

しかも、これは動画コンテンツだけの話。上述のように、音楽サブスクも、本サブスクも込みです。込みでこの料金。

 

無料体験、学割利用も可能

サブスク未経験という人には一ヶ月の無料体験。また、学生にはお得な学割もあります。

 

無料体験(1ヶ月間)

無料体験では、1ヶ月間全ての特典が無料で利用可能です。映画も見放題、音楽も聴き放題、本も読み放題。ショッピングでは、お急ぎ便も使い放題。

とりあえず、試しに入ってみると良いと思います。実は映画だけでなく、アマゾンプライム限定の動画コンテンツも豊富。

松本人志の笑ってはいけないシリーズ「ドキュメンタル」が有名かと。今や、シーズン7まで出てます。これ、本当に面白い。

 

学割

学生が羨ましいことこの上ないのですが、アマゾンプライムには学割があります。なんと年額2450円。

月あたり205円。さらに、上述の無料体験が学生は6ヶ月、、

無料体験、学割はこちらから!

 

アマゾンプライムで利用できる特典

アマゾンプライムの特典には、大きく二つの種類があります。それが、上述の「コンテンツのサブスク」と、「ショッピング時の特典」。

アマゾンプライムの特典
  • ショッピング時の特典
    • 送料無料
    • お急ぎ便無料 など
  • コンテンツのサブスク
    • Prime Video
    • Prime Music など

以下、アマゾンプライムで利用可能なサービスを具体的に紹介していきます!

 

ショッピング時の特典

まずはショッピング時の特典について。具体的には以下。

ショッピング時の特典
  • 送料・お急ぎ便の無料
  • 先行タイムセール

などなど、、

送料・お急ぎ便の無料

アマゾンでは、2000円以下の買い物の場合、送料(350円)がかかってきます。

これが毎回、無料になります。また、お急ぎ便(360円)、当日お急ぎ便(514円)も無料。

 

先行タイムセール

次に先行タイムセールについて。

あまり知られていませんが、アマゾンでは毎日のようにタイムセールが行われています。この時間帯には、アマゾンの商品を一部格安で購入可能。

アマゾンプライム会員は、このセールに毎日30分早く入ることができる。これはかなりデカイ。しかも、年に2回、7月と12月にはビッグセールがあるのですが、この時にも同様に30分早く入れる!

ちなみにここでは省略しますが、プライム会員の特典は、もっともっとあります。ここに書ききれないくらい。調べてみると、自分に利用価値のある特典があるかも。

 

コンテンツのサブスク

いよいよ、メインテーマ。コンテンツのサブスクについて!

ショッピングでの特典は、旅人には無縁のシロモノ。旅人に重宝されるのは、むしろこっちです。

昔は、旅の道中のエンタメと言えば、「本」一択でした。音楽プレーヤーが出てからは「音楽」もかな。しかし、これらは家から持ってくる、途中で購入することが大前提。

今はどうでしょう。

今や世界中のどこにいても、インターネットさえあれば、映画も音楽も、本も瞬時に楽しみ放題!しかも最新作も旧作も!アマゾンプライムで利用できるコンテンツは以下。

利用できるコンテンツ
  • Prime Video(動画コンテンツ)
  • Prime Music(音楽コンテンツ)
  • Prime Reading、Kindle オーナーライブラリー(本)
  • Twich Prime(ゲーム実況)
  • Amazon Photos(オンラインストレージ)

など、、

主要なところは上記。

その中でも、旅人にアマゾンプライムをオススメする理由が「Prime Video」「Prime Readingと、Kindleオーナーライブラリー」「Amazon Photos」の3つです。

これがあるだけで、旅がかなり快適・楽になる。

 

Prime Video

Prime Videoは動画コンテンツのサブスク。

映画はもちろん、バラエティやドラマ、アニメ、ドキュメンタリー、お笑いコンテンツなどが見放題。M1も全部入っています。

映画も日々、新しい作品が追加されていくので、飽きることはない。現在、4万作品以上あるそう。

しかも、スマホやタブレットで、動画をダウンロード可能。バス移動などのオフライン(インターネットがない時)でも見ることができる!

 

Prime Music

Prime Musicは音楽コンテンツのサブスク。

Apple MusicやSpotifyのようなサービス。しかし、追加料金なしで聞けるのは200万曲だけ。なので、あまりオススメはしませんし、僕も使っていません。

追加料金、780円/月(通常は980円/月)を払うと、Amazon Music Unlimited(6500万曲)を利用でき、Apple MusicやSpotifyに負けないですが。

ちなみに僕はSpotify(980円/月)を使っています

 

Prime Reading

Prime Readingは、対象のマンガ、本を読み放題のサブスク。

対象の書物は900作ほど。それほど多くはありませんが、旅の中での暇潰しにはもってこいです。

ちなみにPrime Readingにも、追加料金980円/月を払うと、Kindle Unlimited(130万作品が読み放題)というサービスがあります。本好きにはオススメ。これも30日間の無料お試しあり。

 

Kindleオーナーライブラリー

Kindleオーナーライブラリーは、月に1冊だけ、対象の本の中からレンタルすることができるサービス。Prime Readingの中にはない本が対象です。

 

Twich Prime(ゲーム実況)

僕は全く興味がないのですが、、

少し前に、アマゾンがアメリカのゲーム実況配信サービスの大手を買収し、これがアマゾンプライムでも無料で使うことが可能になりました。凄いですね。

現在、ゲーム業界が全体的にオンラインに移行してきているので、今後この分野もかなり拡大すると言われています。

まあ、僕は他人がゲームしている様子なんか見ませんが、、

 

Amazon Photos

実は、これが僕がアマゾンプライムに加入している理由です!他のオンラインストレージよりも安くて、優れているので!

以下で詳しく解説します!

 

Amazon Photosが最強すぎる

特記してオススメなのが、このAmazon Photos。むしろ、今、僕はこのために入っています。動画や本の方がオマケです。

Amazon Photosは、写真や動画をオンラインに保存できる「オンラインストレージ」。AppleのiCloudや、GoogleのGoogle Photo、マイクロソフトのOne Driveなど、色々ありますよね。

日本にいる場合は、そこまで重宝することはないかもしれませんが、旅をしていると、このオンラインストレージがかなり重要になってくる。なぜなら、旅で撮った写真を管理することができるから。

皆さんは旅中の写真の管理をどうしていますか?

パソコンやスマホに入れてたり、USBやメモリーカード、ハードディスクに入れていたりするのではないかと思います。僕も、少し前まではハードディスク(2TB)に全て入れていました。

しかし、いつも心の何処かにあった不安。

それが「ハードディスクが壊れたらどうしよう」「無くしたらどうしよう」。旅の期間が長くなるに連れて、そのリスクは増えていきます。

そんな時、オンラインストレージが重宝するんです。仮にパソコンやスマホ、ハードディスクが壊れたり、無くなったりしても、データだけは助かる。

しかも、インターネットさえあれば、いつでも全てのデバイスから、全てのデータを見ることができる。「家に帰ったら、、」なんて事も必要ない。

アマゾンプライムに入ると、アマゾンのオンラインストレージ「Amazon Photos」を無料で使うことができる。同様のサービスを、iCloudや、Google Photoで利用しようとすると、3000円〜5000円/年近くします。

写真のクオリティーを気にしないのであれば、Google Photoで無料で使用可能。しかし、写真は勝手に圧縮(画質が荒くなる)されます。圧縮されず、オリジナルで保存するには、年額3800円(200GBまで)。

僕の場合、写真のデータが1TBくらいあるので、年額13000円(2TBまで)かかる事に。iCloudなど、他のストレージサービスも大体似たような料金設定です。

他のオンラインストレージサービスについては、また別の記事で紹介します!

つまり、アマゾンのオンラインストレージを使おうと、グーグルやアップルのオンラインストレージを使おうと、年額同じくらいはかかってきます。だったら、ついでに動画や、音楽、本も楽しめるアマゾンプライムが最強やん!って事です。

さらに、もう一つあります。

他のストレージは保存容量に限度があるのに対し、Amazon Photosは無制限です。写真の容量の多い僕の場合、アマゾンプライム以外だと年間1万円以上かかるので、アマゾンの容量無制限は本当に有難い。

しかも、写真に詳しい方はご存知だと思いますが、写真の一番大きいデータである「RAW」も保存可能。これも無制限。ちなみに、グーグルはRAWが保存できません。重すぎるので。

何度も言いますが、これが無料で付いてくるって、本当に凄いんです。むしろ、これだけで本来、年額1万円以上の価値がある。

「それでもハードディスクが良い!」って思う方もいるかもですが、冷静に考えてハードディスクも容量の大きなやつは、5000円〜1万円くらいします。

むしろ、それより安い。しかも、落とす・壊すリスクがない。

今すぐ、オンラインストレージへの移行をオススメします!

 

まとめ

ということで、旅人にアマゾンプライムをオススメする理由についてでした!

アマゾンプライムが、いかに優れているか伝わったかと思います。

「アマゾンプライム?アマゾンたまに使うけど、送料とか、別にいいよ」から、「え!そんなに色々あるの!」に変わってくれたら嬉しい。

使えるサービスが沢山あります。しかも、このサービスは日々増えている。この記事を書くのに調べてみたら、初めて知ったサービスが沢山ありました。笑

何よりも、Prime Videoと、Amazon Photosは、旅人に最強です。最後にもう一度まとめておきます。

  • アマゾンプライムでは、動画(映画、アニメ、ドラマなど)、音楽、本を楽しみ放題
  • ショッピングでの送料・お急ぎ便が無料
  • オンラインストレージ(容量無制限・RAWも保存可)が無料で使える
  • 月額500円 or 年額4900円
  • 学割あり(年額2450円)
  • 1ヶ月の無料体験あり(学生は6ヶ月無料)

まずはこちらから無料体験してみると良いと思います!

See you!

Always think easy, go easy.

著者からのお願い

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

記事が参考になったと感じたら、上の「世界一周」ボタンをクリックして頂けるとランキングが上がって励みになります!宜しくお願いします!

 

2年半の集大成!世界周遊まとめ動画(完成版)が公開!

かなりの長作となり、時間がかかっていたのですが、ようやく完成版が公開できました!かなり見応えのある動画になっているので、楽しんでもらえると嬉しいです!

 

旅に役立つ情報

世界一周前に揃えたい旅の便利グッツ

旅の準備で一番重要なこと。それは荷物の準備。最近では、旅の便利グッツが毎日のように進化を遂げていて「こんな便利なものがあるの!」という驚きの連続。便利グッツが一つあるだけで、旅の快適さが全く違ってきます。

絶対買うべき!便利なトラベル用品ベスト5(+α)を紹介!【世界一周準備】

 

旅中にブログを書いて生活する

長期の旅となると、空いた時間も多い。そんな時間で気分転換&頭の整理にブログを書いて、それで他の旅人の役に立ち、かつ旅資金も得られる。こんなにWin-Winなことはないです。

【フリーランス】旅をしながら働ける!?ノマドワークって何?その種類は豊富!

 

海外旅行に便利なクレジットカード

海外旅行では、クレジットカードは必須。特にキャッシングと海外旅行保険対策にクレジットカードは欠かせません。上手に使いこなすと、かなりお得に旅ができますよ。

【2019年版】海外旅行に持っていくべきクレジットカード6選!

 

海外旅行保険:クレジットカード付帯保険でお得に

海外旅行保険は絶対に削ってはいけません。何かあった時に、本当に地獄を見ます。年会費無料のクレジットカードだけでも、有料の保険と遜色ないくらい補償も充実しているので、オススメです。

海外旅行保険なし!クレジットカードの付帯保険で賄う方法!

 

現地での日本語ガイドツアー申し込み :タビナカ

旅をしていると、たまに「日本語ガイド」の必要性を感じることがあります。特に、遺跡や秘境を歩く時には日本語のガイドを付けてみると、満足度が全然違います。 現地で「やっぱり日本語ガイドをつけたい!」と思った時に使いやすいのが、【タビナカ】です。