【総まとめ】中南米周遊ルート・費用について!ベストシーズンも!

南米

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は中南米周遊の総まとめについて!

南米のチリから入り、北上。8ヶ月かけて中米まで周遊してきました。中南米は本当に大きくて、見どころも沢山。8ヶ月滞在しても、正直まだまだ行き切れてないです。

そんな中南米を周遊するにあたって、一番悩むのがルートについて。中南米は大きいだけでなく、気候も様々なので、それぞれの観光スポットにベストシーズンがあって、全てをベストコンディションで見ることは難しい。

絶対に外せない場所を厳選し、ルートを考慮していく必要があります。

僕の場合は、「なかなか来ることのできない中南米を、この機会になるべく沢山見ておきたい!」ということで、8ヶ月という日本人バックパッカーにとってはそこそこ長めの期間をとって、一通り周遊してきました。

その中で「ここは行ってよかった」「あの時期に行けば良かった」だったり、「ここは行かなくて良いな」など、感じるところも様々。特に、中南米の自然スポットは、行く時期が本当に重要です。

ということで、この記事では、実際の8ヶ月の中南米周遊ルートについて紹介していきます!

中南米周遊ルート

上の図が、実際に僕が8ヶ月で周ったルートです。

陸路移動のみを合計すると2万2000km。地球一周が4万kmなので、陸路だけで半周以上しています!ちなみに「青森⇄鹿児島」間は2000km

ニュージーランドからチリのサンティアゴに入り、パタゴニアを周遊した後、北上。ボリビアの途中で一旦、リオのカーニバルに合わせてブラジルを周遊し、その後リマから再び北上しました。

コロンビアのボゴタから飛行機でメキシコシティに飛び、そこから中米を南下。ニカラグアでタイムアップとなり、アメリカへと移動しました。

実際のルートと、訪問都市の詳細は以下です。

中南米周遊ルート

※訪問した順です。

  • チリ(10-11月)
    • サンティアゴ
    • バルパライソ
    • ビーニャ・デル・マール
    • プコン
    • プエルトモント
  • パタゴニア(12-1月)
    • バリローチェ(アルゼンチン)
    • エルチャルテン(アルゼンチン)
    • エルカラファテ(アルゼンチン)
    • プエルトナタレス(チリ)
    • ウシュアイア(アルゼンチン)
    • プンタアレーナス(チリ)
  • チリ(1月)
    • サンティアゴ
    • アントファガスタ
    • サンペドロ・デ・アタカマ
  • ボリビア(1-2月)
    • ウユニ
    • ポトシ
    • スクレ
    • サンタクルス
  • パラグアイ(2月)
    • アスンシオン
  • アルゼンチン(2月)
    • プエルトイグアス
  • ブラジル(2-3月)
    • フォス・ド・イグアス
    • サルバドール
    • レンソイス(シャパーダ・ディアマンティーナ)
    • フォルタレザ
    • ジェリコアコアラ
    • ベレン
    • マナウス(アマゾン)
    • リオデジャネイロ
    • カボ・フリオ
  • ペルー(4月)
    • リマ
    • クスコ
    • マチュピチュ
    • リマ
    • カラル遺跡
    • ワラス
    • トルヒーヨ
  • エクアドル(4-5月)
    • クエンカ
    • グアヤキル
    • ラタクンガ
    • キロトア
    • キト
  • コロンビア(5月)
    • イピアレス
    • サレント
    • メデジン
    • カルタヘナ
    • ボゴタ
  • メキシコ(5-6月)
    • メキシコシティ
    • テオティワカン
    • サンクリストバル ・デ・ラス・カサス
    • パレンケ
  • グアテマラ(6月)
    • フローレス
    • アンティグア
    • パナハッチェル
    • サンペドロ・デ・ラ・ラグーナ
    • ケツァルティナンゴ(シェラ)
    • アンティグア
  • エルサルバドル(6月)
    • El Tunco
  • ニカラグア(6月)
    • レオン
    • マナグア

中南米周遊の集大成!まずは、この動画をご覧ください!

 

このルートを選択した理由

一見、行ったり来たりしているようにも見えますが、シーズンに合わせて、割と効率良く回ることができたと思います。

サンティアゴ行きの航空券を購入

中南米は周遊は、大きく北上か南下の2つに分かれますが、僕の場合はニュージーランドからサンティアゴ行きの航空券を購入したため、北上になりました。

 

ブラジルに行くことを決意

また、ルートが複雑になってしまった理由は一つ。ブラジルに行ったためです。

南米では、太平洋側に人気の高い観光スポット(マチュピチュ、ウユニ、ガラパゴス、パタゴニアなど)が固まっており、ブラジルを抜けば、ルートは北上か南下になり、簡単。

一方でブラジルを入れると、ルート決めが難しくなり、国土も広いので移動が大変。ということで、ブラジルをスキップしてしまう日本人バックパッカーが多い。

しかし、ブラジルには見所が多い!

ブラジルに行ったから言えることは、ブラジルをスキップするのは勿体ない!他のラテンアメリカとは異なる文化や、絶景が目白押しです。正直、南米で一番楽しかったのが、ブラジルです。

 

外せない場所と、ベストシーズンを意識

南米ルートを決めるにあたって一番重要なことが、絶対に行きたい場所の決定と、ベストシーズンの確認です。南米では、シーズンでない時に行くと、想像していた景色が全く見えないなんてこともザラです。

例えば、ウユニ塩湖のガラス張りは、雨期にしか見ることができないですし、ブラジルのアマゾン川は、乾期の方が水量が多く(雨期が終わった後であるため)、天気も良いのでオススメです。

僕は、絶対に外せない場所やイベントをいくつか絞り、それを軸にルートを決定しました。具体的には、以下。

南米で絶対に行きたかった場所(ベストシーズン)
  • パタゴニア(12-3月)
  • ウユニ塩湖(12-3月)
  • イグアスの滝(10-4月)
  • リオのカーニバル(3月初旬)
  • マチュピチュ(4-10月)
  • アマゾン(6-11月)

絶対に行きたい場所とベストシーズンからマップを作成。上記のようにルートを作成しました。アマゾン(2月に訪問)、中米以外はおおよそ、ベストシーズンに行くことができました。

 

中南米内では飛行機移動が安い

基本的はバス移動になるかと思いますが、中長距離の移動では飛行機が安いので、オススメです。

「コロンビアからチリまで!」のような直線移動だけであれば、飛行機を使うメリットはありませんが、パタゴニアやブラジルをルートに入れる場合は、ルートが行ったり来たりになりがちなので、「往路はバスで点々としながら進み、復路は飛行機で一気に移動」、またはその逆がオススメです。

実際の飛行機移動にかかった料金を上の図に記入してみました。

それぞれかなりの長距離ですが、お手頃な金額であることがわかるかと思います。これをバスで移動しようとすると、値段は3〜5倍しま。むしろバスの方が高いんです。しかも所要時間もエグい。

プンタアレーナス→サンティアゴ間を例にとると、おそらくこんな感じになるはずです
【例】プンタアレーナス→サンティアゴ間の移動比較
所要時間料金
バス40時間以上

※休憩なし、複数回乗り継ぎあり

2万円以上
飛行機3時間4000円

賢い周り方は、バスでゆっくりと見どころを回りながら僻地まで行き、そこから飛行機で元のルートに戻ると行った感じ。僕はパタゴニアとアマゾンで、この手法をとりました。

 

中南米、各地のベストシーズン

僕が厳選した主要観光地のベストシーズン(1〜12月)をまとめておきます。

上記表は以下の記事を参考にまとめました。とても便利です。上記以外の都市の情報もあります。

 

中南米周遊8ヶ月で実際にかかった費用

ここでは、気になる話題。8ヶ月の周遊旅でかかった費用についてまとめます!

 

滞在費用まとめ

使った金額1日平均
食費165,346円661円
宿泊費188,882円756円
移動費206,753円827円
観光費127,070円508円
その他28,655円115円
合計716,706円2,867円

約250日間の中南米滞在で、使用したのは71.7万円。月平均で、9万円/月ほど。1日の平均は2,867円でした。

正直な感想としては、「思っていたよりかかったな」という印象。毎日3000円弱使っていたことになるので。

物価の高いパタゴニア、ブラジルに長期で滞在したことが、平均値上昇の原因になっています。また、中米の物価が意外と高いことも打撃でした。

後はブラジルの移動費。移動費の項目の大部分は、ブラジルでの移動になります。国土が広いため、常に長距離移動となり、飛行機もバスもかなり高額になります。

物価の高い国では基本自炊をしていたので、そこそこ抑えることができましたが、自炊ゼロだとかなり高くなることが考えられます。特にパタゴニアの食事代はエグいです。

中南米での物価について、感じたところをまとめると、以下。

中南米の物価で感じたこと
  • ブラジル、パタゴニアは桁違いに物価が高い
  • ボリビア、ペルー、コロンビア、メキシコは全体的に物価が安い
  • ブラジルはバスが飛行機よりも高い
  • ペルーは観光費が高い
  • メキシコを除く中米(グアテマラ、エルサルバドル、ニカラグア)はかなり物価が高い

それぞれの国でかかった費用の詳細については、以下で記事を紹介します!

 

各国の移動ルートの詳細、おすすめの観光地、費用、安宿について

各国の移動ルートや、オススメの観光スポット、費用、オススメの安宿については、以下の記事で詳細にまとめています。

 

チリ

【2019年版】チリ周遊まとめ!観光スポット、ルート、安宿紹介!

 

パタゴニア

【2019年版】パタゴニア周遊!観光スポット、ルート、安宿紹介!

 

ボリビア

【2019年版】ボリビア周遊!観光スポット、ルート、安宿紹介!

 

ブラジル

【2019年版】ブラジル周遊!観光スポット、ルート、安宿紹介!

 

ペルー

【2019年版】ペルー周遊まとめ!観光スポット、ルート、安宿紹介!

 

エクアドル

【2019年版】エクアドル周遊!観光スポット、ルート、安宿紹介!

 

コロンビア

【2019年版】コロンビア周遊!観光スポット、ルート、安宿紹介!

 

メキシコ

【2019年版】メキシコ周遊!観光スポット、ルート、安宿紹介!

 

グアテマラ

【2019年版】グアテマラ周遊!観光スポット、ルート、安宿紹介!

 

エルサルバドル

【2019年版】エルサルバドル周遊!観光スポット、ルート、安宿紹介!

 

ニカラグア

【2019年版】ニカラグア周遊!観光スポット、ルート、安宿紹介!

 

まとめ

ということで、中南米周遊のルートについてでした!

中南米は大きく、見どころも点在しています。限られた期間の中で効率良く周れるよう、事前のルート決めがかなり重要です!

See you!

Always think easy, go easy.