【2019年版】メキシコ周遊!観光スポット、ルート、安宿紹介!

メキシコ

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事はメキシコ周遊の総まとめについて!

8ヶ月の南米周遊を終え、コロンビアから飛行機でメキシコシティへ。そこからいくつかの都市を経由しながら南下し、グアテマラを目指しました。

周遊期間は3週間。メキシコシティ以南しか回っていませんが、全く時間が足りませんでした。というのも、メキシコ大きすぎます。笑

そして、ご飯も美味しくて、物価も安くて、見所も豊富で、メキシコ最高です。正直、南米も含めたラテンアメリカで、ダントツで好きになった国です。

ということで、3週間の中で僕が実際に訪れた町や、ルート、オススメの宿、実際にかかった費用など、メキシコ周遊のまとめ情報を紹介していきます!

メキシコ周遊ルート

僕がメキシコで回ったルートは、上記の写真の通り。

コロンビアのボゴタから飛行機でメキシコシティに入り、南下。サンクリストバル・デ・ラス・カサス、パレンケ遺跡を経由し、グアテマラのフローレス(ティカル遺跡)へ抜けて行きました。周遊期間は3週間。

  • メキシコシティ
  • サンクリストバル・デ・ラス・カサス
  • パレンケ

 

メキシコの観光地まとめ

メキシコシティ

メキシコシティはメキシコの首都で、メキシコ最大の都市。市内には教会や、市場、美術館や博物館、夜景などの見どころが多く、1週間いても飽きないほど魅力的な町です。

ソカロ付近では、週末に先住民族の催しなどのイベントが行われることも多く、かなり楽しめます。

おしゃれな美術館も多く、メキシコのイメージを180度覆させられました。

 

テオティワカン

テオティワカンはメキシコシティからメトロとバスで1時間半ほどのところに位置する、紀元前2世紀〜紀元6世紀頃に栄えたテオティワカン文明の宗教遺跡。

「テオティワカン」とは、アステカ人が使っていたナワトル語で「神々の都市」という意味で、12世紀以降にやってきたアステカ人によって名付けられたそう。

遺跡内部には、太陽のピラミッド、月のピラミッド、ケツァールコアトルのピラミッドを中心にいくつかのピラミッドと宗教施設が点在します。

 

サンクリストバル・デ・ラス・カサス

サンクリストバル (通称サンクリ)は、メキシコ南部、グアテマラ国境と接するチアパス州の都市で、標高2100mの山あいの町です。メキシコは南部に行けば行くほど、先住民族の比率が増し、サンクリの近くには先住民族の村が沢山あります。

町の中には、チアパス州特産の美味しいコーヒーを飲めるオシャレなカフェや、先住民族の可愛い雑貨を扱ったギフトショップも多い。

しかも、サンクリには「ペンションアレグレ」という、最高に居心地の良い日本人宿があります。僕はサンクリの居心地の良さに、10日以上も滞在してしまいました。

 

パレンケ遺跡

パレンケ遺跡は、メキシコ南部のチアパス州に位置する、マヤ文明の遺跡です。マヤ文明遺跡の中でも、有名なティカル遺跡やコパン遺跡に並ぶ、重要な遺跡の一つに数えられています。

パレンケが有名になった理由は、1950年代に発見されたパカル王の遺体と、翡翠のマスク、そして石棺の彫刻です。

パカル王の遺体が入っていた石棺に刻まれたデザインが、宇宙線を操る古代人に見えるということで、「古代マヤ人は宇宙人」という都市伝説が世界中に拡散され、一大ブームになりました。今でも、オーパーツの一つとして、人気を博しています。

遺跡は森の中に点在しており、写真のようなマヤ文字を残した石板を至るところで見ることができます。

 

メキシコの物価

メキシコの物価は、中米の中では一番安く感じました。特に食事が安くて美味しかったです。

メキシコ < エルサルバドル < ニカラグア < グアテマラ

 

メキシコの滞在費用

使った金額1日平均
食費9,111円480円
宿泊費14,594円768円
移動費10,076円530円
観光費1,009円53円
その他1,784円94円
合計36,575円1,925円

19日間のメキシコ滞在で、使用したのは3.7万円ほど。1日の平均は1,925円でした。

全体的にかなり安くなっていますが、これはサンクリストバルに10日ほど滞在したことも影響しています。とは言っても、メキシコはストリートフードが安くて美味しいので、食費がかなり抑えられたことが大きいです。

一方で、宿泊費と移動費はそこそこ高め。特にバスが南米では考えられないほど高い。今回のメキシコ周遊では、あまり移動しなかったため、安く済ませることができましたが、沢山の都市を周るとなると、バス代が結構かかります。

 

バス移動、安宿情報

ここでは、各都市のオススメの安宿と、都市間の移動についてまとめています。

ボゴタ(コロンビア)

↓ 飛行機移動

メキシコシティオススメの安宿

↓ バス移動

サンクリストバル オススメの安宿

↓ バス移動

パレンケオススメの安宿

↓ バス移動

フローレス (グアテマラ)

 

メキシコ観光に役立つ本

「古代文明〜スペイン統治〜現代」までの中南米の歴史がわかりやすく書かれていて、小説感覚で読めます。

これを読んでおくだけで、町歩きが数倍楽しくなる。Kindleもあるので、中米周遊前、周遊中に読んでおきたい一冊です!

 

まとめ

ということで、メキシコ周遊のまとめについてでした!

見どころも多く、ご飯も安くて美味しい!めちゃめちゃ魅力的な国です!

See you!

Always think easy, go easy.