【ローカルバス移動】パレンケからグアテマラのフローレスへ!

メキシコ

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、メキシコのパレンケからグアテマラのフローレスへのバス移動について!

メキシコのパレンケ遺跡を堪能した後は、グアテマラの超人気マヤ文明遺跡、ティカル遺跡へ向かいます!

ティカル遺跡の拠点となる町、フローレスまでは、パレンケからツアーバスで行くこともできますが、ローカルバスを乗り継いで自力で行くことも可能。

結構簡単そうだったので、僕はこの方法を選びました。1日がかりですが、全く問題ありませんでした。

ということで、この記事ではパレンケからフローレスへのローカルバス移動について紹介します!

パレンケからフローレスへの行き方

パレンケからフローレスまでは、300km程。行き方は2つあります。

 

パレンケの町から出るツアーで行く

パレンケの町にあるツアーオフィスは、どこもフローレス行きのバスツアーを扱っています。所要は6〜7時間ほどで、料金は650ペソ(3700円)程。少し高めです。

日本人に人気なのは、上記の「Kichan Bajlum」というオフィス。他のオフィスよりも少し安く、650ペソでした。

日本人に人気ということで、日本語の看板もありました。僕はローカルバスで移動したため、ここでお世話になりませんでしたが、受付のお兄さんはとても良い人でした。

バスの詳細

  • ルート:パレンケ→フローレス
  • ツアー会社:パレンケの町に多数
  • 所要時間:6〜7時間
  • 料金:650ペソ(3700円)

 

ローカルバスを乗り継いで行く

これが、今回僕が移動した方法になります。ルートは以下。

移動ルート

パレンケ→テノシケ→エル・セイボ(国境)→フローレス

バス、コレクティーボを3回乗り継ぎ、フローレスまで向かいます。所要時間は、国境で1時間程バスの出発を待ち、9時間ほど。料金は、270ペソ(1500円)でした。

ツアーバスより時間はかかりますが、半額以下で移動可能です。

バスの詳細

  • ルート:パレンケ→テノシケ→エル・セイボ→フローレス
  • ツアー会社:ローカルバス
  • 所要時間:8〜9時間
  • 料金:270ペソ(1500円)

 

パレンケからテノシケへ

パレンケからグアテマラ国境へローカルバスで行くには、必ずテノシケを経由する必要があります。パレンケ⇄テノシケ間のバスを扱っているは、パレンケで上記写真の会社だけです(以下の地図)。

テノシケ行きのバスは、結構沢山出ています。僕は、8:45のバスに乗るつもりで、8:30にオフィスに行きましたが、出発は9時過ぎでした。

バスの詳細

  • ルート:パレンケ→テノシケ
  • ツアー会社:Transportes Palenque S.A. de C.V.
  • 所要時間:2〜2.5時間
  • 料金:80ペソ(460円)

 

テノシケから国境へ

パレンケ→テノシケのバスは、上記地図の場所で降ろされます。

テノシケから国境の町、エル・セイボへ行くバス乗り場までは、トゥクトゥクで移動する必要があります。タクシーも止まっていますが、40ペソも請求してきました。トゥクトゥクなら、10ペソです。

エル・セイボ行きのコレクティーボ乗り場はこんな感じです。

場所はここです。バスを降りたところで、「エル・セイボ!」と言えば、ここに連れて来てくれます。

ここから、コレクティーボに乗り、所要1時間ほどで国境に到着です。

バスの詳細

  • ルート:テノシケ→国境
  • バス会社:ローカルコレクティーボ
  • 所要時間:1時間
  • 料金:45ペソ(260円)

 

国境越え

国境手前でコレクティーボから降り、出国審査を行います。

出国の際、メキシコ入国税(300ペソ弱)を請求されることがあるようです。飛行機でメキシコの入国した場合、航空券代に入国税が含まれているので、支払う必要はありません。

その場合、航空券のチケット、可能であれば入国税を支払った証明(請求金額の明細)をコピーしておく必要があります。実際に、僕も出国の際にチケットの提示を求められました。

僕の場合、事前にコピーしておいたので請求されませんでしたが、コピーしていなかった場合、請求される可能性もあります。

出国手続きを終えた後は、歩いて1分程でグアテマラに入国です。

入国してすぐ、右手にあるショボい建物で、入国手続きを行います。あまりにもショボすぎて、僕は通り過ぎました。笑

 

エル・セイボからフローレスへ

入国手続きを済ませて、歩くと5分ほどで小さな町に着きます。

町に向かって右手にバス乗り場があり、ここからフローレス行きのバスが出ています。

9時にパレンケを出発して、この時、13時頃(メキシコ時間)。グアテマラとメキシコには1時間の時差があるので、グアテマラ時間では12時になります。

フローレス行きのバスは、グアテマラ時間で13時だったので、出発まで1時間ありました。ということで、ここでランチをして、ゆっくりすることに。

ランチ後は、バスに乗り込み、フローレスへと向かいます。所要は4時間。料金は50ケツァール(125ペソ、720円)です。

この時、メキシコペソもUSドルも使えず、支払いはグアテマラケツァールのみでした。近くには両替商もいて、アプリのレートよりも良いレートで、メキシコペソ→ケツァールに両替してくれました。

4時間でフローレスに到着。バス降り場からフローレス島までは徒歩圏内ですが、トゥクトゥクで移動も可能。5ケツァール(70円)で宿まで行ってくれました。

バスの詳細

  • ルート:エル・セイボ→フローレス
  • バス会社:ローカルバス
  • 所要時間:4時間
  • 料金:50ケツァール(720円)

 

フローレスでオススメの安宿

フローレスでオススメの安宿は、Ciao Cacaoです。

フローレス島の中心付近にあり、ロケーションも抜群。緑いっぱいの庭もあって、居心地最高です。

ティカル遺跡へのバス、グアテマラ各都市、ベリーズやメキシコまでのバスの手配もしていて、町中のツアーオフィスよりも安いです。

部屋には冷房がなく、かなり蒸し暑いですが、全てのベッドに扇風機が常備されています。1泊850円程。

宿の詳細

  • 料金:★★★★☆
  • ロケーション:★★★★★
  • 清潔さ:★★★☆☆
  • 雰囲気:★★★★☆
  • シャワー:★★★★★
  • WiFi:★★★★★

 

パレンケでオススメの安宿

パレンケでオススメの安宿は、Casa Janaab Palenqueです。

市内までは10分程の距離ですが、バスターミナルまでは5分と好立地。パレンケ遺跡に行くのもバスターミナルからになるので、市内に行くことはそんなにありません。

部屋も綺麗で、シャワーも快適でした。WiFiもサクサク。1泊950円ほど。

宿の詳細

  • 料金:★★★☆☆
  • ロケーション:★★★★★
  • 清潔さ:★★★★★
  • 雰囲気:★★★☆☆
  • シャワー:★★★★★
  • WiFi:★★★★★

 

グアテマラ観光に役立つ本

「古代文明〜スペイン統治〜現代」までの中南米の歴史がわかりやすく書かれていて、小説感覚で読めます。

これを読んでおくだけで、町歩きが数倍楽しくなる。Kindleもあるので、中南米周遊前、周遊中に読んでおきたい一冊です!

 

まとめ

ということで、パレンケからフローレスまでのバス移動についてでした!

パレンケからフローレスまでは、ツアーバス移動が主流ですが、ローカルバス移動も簡単です。全くもって危険もなく、現地の人たちとの交流も楽しい。

時間に余裕があれば、ローカルバス移動もオススメです。

次の記事では、フローレスの歩き方について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.

著者オススメ!旅に役立つ情報

海外旅行に便利なクレジットカード

海外旅行では、クレジットカードは必須。特にキャッシングと海外旅行保険対策にクレジットカードは欠かせません。上手に使いこなすと、かなりお得に旅ができますよ。

【2019年版】海外旅行に持っていくべきクレジットカード9選!

2019年5月17日

 

海外旅行保険:クレジットカード付帯保険でお得に

海外旅行保険は絶対に削ってはいけません。何かあった時に、本当に地獄を見ます。年会費無料のクレジットカードだけでも、有料の保険と遜色ないくらい補償も充実しているので、オススメです。

海外旅行保険なし!クレジットカードの付帯保険で賄う方法!

2019年5月16日

 

宿泊予約:agoda、Booking.com

宿泊予約サイトは沢山ありますが、オススメはagodaとBooking.comの2強のみです。ホテルでは、Hotels.comもアリ。詳しくは以下記事で説明してます。

【旅人必見】オススメ宿予約サイト紹介!(2019年版)

2019年7月19日

 

格安航空券予約:スカイスキャナー

言わずと知れた航空券予約サイト、スカイスキャナー。やっぱり最強です。航空券予約はこれだけ使えば十分!

スカイスキャナーの使い方!裏技も!【航空券予約方法】

2019年4月29日

 

海外バス検索・予約:Rome2rio

Rome2rioは、バス版のスカイスキャナー的存在。こいつだけで、世界中のバスを検索可能です。

【超簡単】オススメの海外バス検索・予約方法!全部教えます!

2018年12月16日

 

現地での日本語ガイドツアー申し込み :タビナカ

旅をしていると、たまに「日本語ガイド」の必要性を感じることがあります。特に、遺跡や秘境を歩く時には日本語のガイドを付けてみると、満足度が全然違います。

現地で「やっぱり日本語ガイドをつけたい!」と思った時に使いやすいのが、【タビナカ】です。

 

海外WiFi:グローバルWiFi

世界一周など、長期旅行では現地SIMの購入がオススメですが、短期旅行では海外WiFiのレンタルがオススメ!短期旅行で僕がいつも使うのは、グローバルWiFiです。

他の会社に比べて安いのと、一度使うと次回の割引が貰えるので、かなりお得になります。イモトのWiFiも人気ですが、僕は総合的に安いグローバルWiFiを使っています。



ShozzaTripをフォローしよう!

メールアドレスを記入してフォローボタンをクリックすれば、更新をメールでお知らせします!
Instagramのフォローも待ってます!