【グアテマラ】ティカル遺跡拠点の町フローレスが地味に楽しい!

グアテマラ

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、グアテマラのフローレスについて!

メキシコのパレンケ遺跡を堪能した後は、グアテマラの超人気マヤ文明遺跡、ティカル遺跡へ向かいます!ティカル遺跡の拠点となる町が、フローレス!

この町自体はそんなに人気がなく、ティカル遺跡のために来るといった感じ。しかし、実際に来てみると、雰囲気が良くて、楽しい町でした!

ということで、この記事ではグアテマラのフローレスについて紹介します!

フローレスとは

フローレスは、グアテマラ北部ペテン県の県都で、ティカル遺跡の拠点となる町。

町は、ペテン・イツァ湖に浮かぶフローレス島と、湖の南に位置するサンタ・エレナによって構成され、安宿やレストランなどは、フローレス島に固まっています。

フローレス島には見どころが全くないですが、湖に囲まれているため、景色や雰囲気が最高。湖沿いにおしゃれなカフェやレストランもあり、リゾートにいるような気分に。また、湖は泳ぐことも可能で、蒸し暑いフローレスでは、地元民や観光客の憩いの場になっています。

フローレスへは、グアテマラの各都市や、メキシコ、ベリーズなどからバスによりアクセス可能。

 

湖沿いの散策

フローレス島は小さく、一周するのに30分もかかりません。天気が良い日は、湖沿いの散歩が最高です。

湖沿いにはオシャレなレストランやカフェも沢山。値段はそこそこしますが、ティカル遺跡観光の疲れを癒すのには最高です。

また、ボートで対岸まで行くことも可能。片道、5ケツァールです。

僕は行きませんでしたが、対岸のビューポイントからフローレス島を一望できるらしく、さらに綺麗なビーチもあるそう。

 

フローレス島内部

フローレス島は、賑やか!というよりは、落ち着いた雰囲気。フローレスを訪れる観光客のほとんどが、ティカル遺跡目的であるため、町を歩いている人は多くありません。

町には可愛いお土産やさんも結構あります。人も多くないので、ゆっくりと見て歩くことができます。

島の中央付近は、少し小高い丘になっています。

中心部には純白のカテドラルがあって、前の木が映えて美しい。

さらに、カテドラル前のスクエアからは、湖と対岸が一望できて綺麗です。

 

フローレス島の安いご飯

湖沿いには比較的リーズナブルなお店もあります。それが、写真のお店。

雰囲気も良い感じです。

上記の朝食セットで25ケツァールでした。決して安くはないですが、フローレス島では最安の朝食だと思います。

フローレス島のATM

フローレス島にはATMが一つしかありません。それが、写真のスーパー。スーパーというか、コンビニのような感じです。

しかし、ここのものは全て高いので注意。飲み物であれば、近くのキオスクの方が安いです。食材を買いたいのであれば、島から出て近くにあるスーパーまで行く必要があります。

とりあえず、ATMはここにあります。

 

ティカル遺跡への行き方

ティカル遺跡へは、フローレス島のツアーオフィス、または宿で往復のバスを予約可能です。僕の場合は、オフィスよりも宿の方が安かったので、宿で予約しました。

バスの料金は往復で70ケツァール。僕は英語のガイドを付けて、90ケツァールでした。

4時間も遺跡内をガイドしてくれて、20ケツァール しか変わらないので、お得です!

 

フローレスでオススメの安宿

フローレスでオススメの安宿は、Ciao Cacaoです。

フローレス島の中心付近にあり、ロケーションも抜群。緑いっぱいの庭もあって、居心地最高です。

ティカル遺跡へのバス、グアテマラ各都市、ベリーズやメキシコまでのバスの手配もしていて、町中のツアーオフィスよりも安いです。

部屋には冷房がなく、かなり蒸し暑いですが、全てのベッドに扇風機が常備されています。1泊850円程。

宿の詳細

  • 料金:★★★★☆
  • ロケーション:★★★★★
  • 清潔さ:★★★☆☆
  • 雰囲気:★★★★☆
  • シャワー:★★★★★
  • WiFi:★★★★★

 

グアテマラ観光に役立つ本

「古代文明〜スペイン統治〜現代」までの中南米の歴史がわかりやすく書かれていて、小説感覚で読めます。

これを読んでおくだけで、町歩きが数倍楽しくなる。Kindleもあるので、中南米周遊前、周遊中に読んでおきたい一冊です!

 

まとめ

ということで、フローレスの歩き方についてでした!

フローレスはグアテマラの僻地にあるので、「長距離移動、遺跡観光、また長距離移動」となってしまいがち。弾丸だと結構疲れます。

せっかく来たら、1日くらい休息日を設けるのもアリです!

次の記事では、いよいよティカル遺跡への行き方について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.