【2019年版】ニカラグア周遊!観光スポット、ルート、安宿紹介!

ニカラグア

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事はニカラグア周遊の総まとめについて!

メキシコから中米に入り、グアテマラ、エルサルバドルと南下し、ニカラグアへとやってきました。ニカラグア滞在は5日で、レオンとマナグアを訪問しました。

ということで、僕が実際に訪れた町や、ルート、オススメの宿、実際にかかった費用など、ニカラグア周遊のまとめ情報を紹介していきます!

ニカラグア周遊ルート

僕がニカラグアで回ったルートは、上記の写真の通り。

エルサルバドルのEl Tuncoから夜行のシャトルバスでレオンに向かい、次にマナグアを訪問。マナグアから飛行機で中米を後にしました。周遊期間は5日間。

  • レオン
  • マナグア

 

ニカラグアの観光地まとめ

レオン

レオンはニカラグアの首都マナグアに次ぐ第二の都市で、1851年まで200年近く首都として栄えました。

首都のマナグアが治安が悪すぎて、ほとんど観光客が滞在しない一方で、レオンは比較的治安が良いことでも有名。町中には、お洒落なカフェもあります。

また、レオンの周囲には火山が沢山あり、ボルカノ(火山)ボーディングや、火山の上で一夜を過ごすキャンプなどアクティビティも人気です。

 

マナグア

マナグアはニカラグアの首都。人口185万人を有し、中米でグアテマラシティに次ぐ第二の都市です。

グラナダから1857年に遷都されて以降、首都として栄えましたが、地震、洪水、火災によって何度も町は崩壊と再建を繰り返してきました。

マナグアはニカラグアの中でも、治安が悪いことで有名です。しかし、実際に歩いてみると、日中であれば、一人でも安心して散策できました。しかし、夜は注意が必要。むしろ、出歩かないことをオススメします。

 

ニカラグアの物価

ニカラグアの物価は、中米の中では中間くらいに感じました。ほぼ、エルサルバドル、グアテマラと変わりませんが、メキシコよりは観光費はかなり高めです。

メキシコ < エルサルバドル = ニカラグア < グアテマラ

 

ニカラグアの滞在費用

使った金額1日平均
食費5,270円1,055円
宿泊費3,175円635円
移動費1,974円395円
観光費4,665円933円
その他1,450円290円
合計16,541円3,308円

5日間のニカラグア滞在で、使用したのは1.6万円ほど。1日の平均は3,308円でした。

5日間という短期であるため、平均値が特に高くなってしまっていますが、物価はそこそこ高めに感じました。特に食費、観光費が高いです。一方で、宿代は安めです。

 

バス移動、安宿情報

ここでは、各都市のオススメの安宿と、都市間の移動についてまとめています。

El Tunco(エルサルバドル)

↓ バス移動

レオンオススメの安宿

↓ バス移動

マナグア オススメの安宿

↓ 飛行機移動

フロリダ (アメリカ)

 

ニカラグア観光に役立つ本

「古代文明〜スペイン統治〜現代」までの中南米の歴史がわかりやすく書かれていて、小説感覚で読めます。

これを読んでおくだけで、町歩きが数倍楽しくなる。Kindleもあるので、中米周遊前、周遊中に読んでおきたい一冊です!

 

まとめ

ということで、ニカラグア周遊のまとめについてでした!

ニカラグアといえば、中米の中では、エルサルバドルとホンジュラスに並んで影の薄い国ですが、意外と見どころがあります。僕はあまり時間がなかったため、レオンとマナグアしか訪れることができませんでしたが、グラナダも人気。

また、火山の頂上でキャンプ泊もオススメ。時間があれば、本当にやりたかった、、

しかし、中米の中でもかなり治安が悪いので、常に気をつけることを忘れずに!

See you!

Always think easy, go easy.