【バス移動】ペルーのトルヒーヨからエクアドルのクエンカへ!

ペルー

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、トルヒーヨからクエンカまでの移動について!

インカ帝国よりも古いモチェ文化、そしてチムー文明の遺跡が点在する遺跡の町、トルヒーヨ。歴史好きには、外せない場所です。そんなトルヒーヨを後に、ついにペルーからエクアドルへ旅立つ時が来ました!

移動する先は、エクアドル第三の町、クエンカ。エクアドルの南側にはこれといって見どころはあまりないので、北上する場合、クエンカが第一都市になることが多いかと思います。

移動ルートは、チクラヨで一度バスを乗り継ぎ、トルヒーヨ→チクラヨ→クエンカという、20時間の移動です。

ということで、この記事ではトルヒーヨからクエンカへのバス移動について紹介します!

トルヒーヨとは

トルヒーヨは、ペルー北部、太平洋沿岸の街で、ペルー第三の都市。気候は、一年を通して20℃前後。その快適な気候から、常春の街と呼ばれています。

トルヒーヨの魅力と言えば、やはり遺跡観光。マチュピチュやナスカの地上絵を始め、各地に数々の遺跡を有するペルーですが、トルヒーヨ周辺には、重要な遺跡が沢山あります。

 

クエンカとは

クエンカは、エクアドルの中南部に位置する町で、キト、グアヤキルに次ぐ、エクアドル第三の都市です。アンデス山脈の谷にあり、標高は2500m。

町には植民地時代の建造物が、綺麗に残っており、街全体が世界遺産にも登録されています。町歩きの楽しい町です。

 

トルヒーヨからクエンカへバスで移動する方法

いつも通り、バス移動の検索には、Rome2rioを利用します。ペルーでも抜群の使いやすさです。使い方は、以下の記事を参考にしてください。

トルヒーヨからクエンカへ移動するには、直行のバスはなく、最低でも一度乗り継ぎが必要です。乗り継ぎのパターンは以下。

  1. トルヒーヨ → チクラヨ → ピウラ → クエンカ
  2. トルヒーヨ → チクラヨ → クエンカ
  3. トルヒーヨ → ピウラ → クエンカ

トルヒーヨ〜クエンカ間にある都市は、ペルーのチクラヨとピウラ。クエンカに行くためには、最低でもどちらかの都市でバスを乗り換える必要があります。

2と3は、二度のバスのどちらも同じバスです。チクラヨと、ピウラのどちらで乗り換えたいかで、決めると良いと思います。僕は、昼間の内にバスの乗り継ぎを済ませておきたかったので、2のチクラヨ乗り換えを選びました。

ちなみにチクラヨにも有名な遺跡が沢山あるので、チクラヨに数日滞在するのもオススメです!

バスの詳細

  • ルート:トルヒーヨ→チクラヨ→クエンカ
  • 乗り継ぎ:チクラヨ
  • 所要時間:20時間(乗継:4時間)
  • 時間帯:9時〜5時
  • バス会社:ITTSA bus(トルヒーヨ→チクラヨ)、Super Semeria(チクラヨ→クエンカ)
  • 料金:20ソル(トルヒーヨ→チクラヨ)、70ソル(チクラヨ→クエンカ)

 

いざクエンカへ!

こちらの記事で紹介している、バス予約サイトで見つけた上記ルートでクエンカへ向かいます!

  1. トルヒーヨ → チクラヨ:ITTSA bus、所要3時間、30ソル(1000円)
  2. チクラヨでバスターミナル移動および、待ち:所要4時間
  3. チクラヨ → クエンカ:Super Semeria、所要12時間、70ソル(2500円)

 

トルヒーヨからチクラヨへ

ペルーには、「バスターミナル」というものが存在しません。なので、バスはそれぞれのバスオフィスの前から発着します。

上記の地図は、トルヒーヨのITTSA busオフィスです。トルヒーヨのバスターミナルまでは、タクシーで5ソル。

そして、ここがチクラヨのITTSA busオフィス。ここにトルヒーヨ発のバスが停まります。

9時にトルヒーヨを出発して、13時にチクラヨに着きました。

 

チクラヨでバスターミナル移動

ペルーにはバスターミナルがないので、別のバス会社を使う場合、それぞれのバスオフィス間を移動しなければなりません。ITTSA bus ⇄ Super Semeria間は徒歩で40分、タクシーなら5ソルで5分程。

ちなみに、Super Semeriaのバスオフィスは、他のバス会社と合同のバスターミナルになっていました。

僕は、Uberで移動し、Super Semeriaオフィス近くのレストランでランチを取りました。ランチ後は、バスターミナルへ行き、17:00のバスを待ちます。

 

チクラヨからクエンカへ

17時、チクラヨ発クエンカ着のバスに乗車します。このバスはピウラを経由するので、トルヒーヨ→チクラヨ(ピウラ行き)の移動の際にピウラまで行ったとしても、同じバスに乗車できます。

僕は昼の内に乗り継ぎをして、夜は同じバスのままゆっくりしたかったので、チクラヨ乗り換えを選びました

乗り込むバスはこんな感じ。Super Semeriaには、カマ等がないので、通常のシートになります。

夜中1時頃、イミグレに到着。

ここで嬉しかったのが、ペルーのイミグレとエクアドルのイミグレが、同じオフィス内で、しかも隣り合ってるということ!

普通は、国境をまたいで離れているので、一旦ペルー側でイミグレを済ませて、またバスに乗って、次はエクアドル側で、、とやらなくてはいけないのですが、ここでは一石二鳥!しかも、深夜であるため、本当にありがたい。

そして、朝5時頃、無事クエンカに到着。クエンカのバスターミナルは空港近くにあり、市内まではタクシーで10分程。バスもありますが、早朝で疲れていたので、流しのタクシーを使いました。料金は2ドル。

 

クエンカでオススメの安宿

クエンカで僕が泊まった安宿は、チェックイン・ベッド&ブレックファーストです。

ベッドも清潔で、特に問題はありませんでした。何よりも値段が安い。

ルーフからの景色も最高です。1泊600円程。

宿の詳細

  • 料金:★★★★★
  • ロケーション:★★★★☆
  • 清潔さ:★★★★☆
  • 雰囲気:★★★★★
  • シャワー:★★★☆☆
  • WiFi:★★★☆☆

 

トルヒーヨのオススメの安宿

トルヒーヨでオススメの安宿は、Enkanta Hospedajeです。中心地にあり、ロケーション最高です。

少し薄暗胃ですが、問題はなし。トルヒーヨ全体的にこういう宿が多いようです。

1泊800円程。

宿の詳細

  • 料金:★★★★☆
  • ロケーション:★★★★★
  • 清潔さ:★★★☆☆
  • 雰囲気:★★★☆☆
  • シャワー:★★☆☆☆
  • WiFi:★★★★☆

 

エクアドル観光に役立つ本

「古代文明〜スペイン統治〜現代」までの中南米の歴史がわかりやすく書かれていて、小説感覚で読めます。

これを読んでおくだけで、町歩きが数倍楽しくなる。Kindleもあるので、南米周遊前、周遊中に読んでおきたい一冊です!

 

まとめ

ということで、トルヒーヨからクエンカへのバス移動についてでした!

是非チクラヨでも観光してほしい!と言いたいところですが、トルヒーヨからクエンカに直接移動する際は、この方法が一番早くクエンカに行く方法になります。

長時間の移動になるので、体調管理はしっかりと!

次の記事では、クエンカの歩き方について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.