【ペルー観光】トレッキングの聖地ワラス!ラグーナ69が美しい!

ペルー

Shozza
ハロー!エクアドルのグアヤキルへ移動して来ました!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、ペルーのワラスで人気のトレッキングコース、ラグーナ69について!

ペルーと言えば、言わずと知れた世界遺産、「天空の城」の異名を持つマチュピチュ!本当に、本当に圧巻でした、、

ペルーの中部に位置する、アンデス山脈の麓の町、ワラス(Huaraz)。この町は「トレッキングの聖地」と呼ばれ、沢山の美しいトレッキングコースがあります。

その中で、特に人気の日帰りコースが「ラグーナ69」。その標高は4600mとかなり高地ですが、コバルトブルーのその美しさから、多くのトレッカーが訪れます。

ということで、この記事ではワラスのラグーナ69について紹介します!

ワラスとは

ワラスとは、ペルーの中部、アンデス山脈の麓に位置する、標高3052mの高地にある町です。

周辺には、トレッキングの聖地ワスカラン国立公園や、チャビン文明の有名な遺跡チャビン・デ・ワンタルなどの観光地があります。

 

ラグーナ69とは

ラグーナ69は、ワラスの日帰りトレッキングで一番有名なトレッキングコースです。その標高は4604mで決して簡単なトレッキングではありませんが、その先にあるラグーナは本当に美しい!

トレッキングは、標高3800mのところからスタートし、往路3時間、復路2時間の計5時間。5時間とは言えど、標高が高いため、すぐに息が切れ、かなり大変。また、高山病の恐れもあります。

トレッキングに行く際は、ワラス到着後すぐではなく、高所順応のため、ワラスの町で数日滞在後に行くのがオススメです

 

行き方

ラグーナ69は、コレクティーボを乗り継いでもいけますが、ツアーで行くのが一般的です。ラグーナ69のツアーは、町のツアーオフィスのどこでも扱っていて、またゲストハウスでも予約可能です。

ツアー料金は、30ソル(1000円程)が一般的。これには、往復のバス代のみが含まれています。移動中に立ち寄るレストランでの朝食やコーヒー等は、別途支払う必要があります。

また、ワスカラン国立公園の入場料金(30ソル/1日)も、バスの中で別途支払います。

 

トレッキングへGO

ツアーは朝、5時にワラスの街を出発。ゲストハウスまで迎えに来てくれます。バスの中で爆睡し、朝食を食べるレストランに到着。僕はサンドウィッチを用意して来たので、コーヒーのみを注文。

この日は天気が良くて、晴天です!いつもツイテイル!

ワラス郊外の田舎町には、放し飼いされている豚が沢山います。

トレッキングに向かう途中、有名な湖、ヤンガヌコ湖へ立ち寄ります。

写真を撮るためだけの5分程度の停車ですが、もうこれで良いんじゃないかというくらい綺麗でした!

10時頃、トレッキングスタート!

トレッキング日和です!

ラグーナ69を目指さないにしても、歩く価値があるくらい美しいトレッキングコースです。

 

途中で、いくつかのラグーンも通過します。

ニュージーランドを思い出す大絶景!!

ちなみに、トレッキングは中々シンドイです。何と言っても、標高4000m超え。数分おきに、休憩が必要でした。

そして、トレッキングスタートから3時間ほどで、いよいよゴールが見えて来ました!

登頂!!!!4604m!!

そして、これです。ハンパない、、

ラグーナ69でランチを食べながら、1時間ほど休憩。その後、2時間かけて下山しました。

 

ワラスのオススメの安宿

ワラスでオススメの安宿は、Hostal Campo Base Huarazです。市内のど真ん中にあり、どこに行くにも動きやすかったです。

建物自体は少し古めですが、室内は綺麗で問題なし。コンセントも沢山あって快適でした。シャワーが狭いのだけが難点。

朝食も付いていて、毎日3種類から選べるのも嬉しい!1泊650円程でコスパ最高!

宿の詳細

  • 料金:★★★★★
  • ロケーション:★★★★★
  • 清潔さ:★★★☆☆
  • 雰囲気:★★★☆☆
  • シャワー:★★☆☆☆
  • WiFi:★★★★☆

 

ペルー観光に役立つ本

「古代文明〜スペイン統治〜現代」までの中南米の歴史がわかりやすく書かれていて、小説感覚で読めます。

これを読んでおくだけで、町歩きが数倍楽しくなる。Kindleもあるので、南米周遊前、周遊中に読んでおきたい一冊です!

 

まとめ

ということで、ワラスのトレッキング、ラグーナ69の歩き方についてでした!

ワラスでトレッキングがしてみたい!という人には、一番人気のラグーナ69がオススメです!高所ということもあり、そこそこシンドイですが、ちゃんと高所順応させてから、向かえば大丈夫!体調管理はしっかりと!

次の記事では、ワラスのチャビン遺跡について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.