【バス移動】ペルーのワラスからトルヒーヨへ!【5時間】

ペルー

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、ペルーのワラスから、ペルー北部の都市トルヒーヨまでの移動について!

ペルーの中部に位置する、アンデス山脈の麓の町、ワラス(Huaraz)。この町は「トレッキングの聖地」と呼ばれ、沢山の美しいトレッキングコースがあります。

ワラスのトレッキングを終え、次に向かうのが、ペルー北部の遺跡の町、トルヒーヨ(Trujillo)!この町には、インカよりもはるかに古い、チムー、モチェ文化の遺跡が数あります!

ということで、この記事ではワラスからトルヒーヨへのバス移動について紹介します!

ワラスとは

ワラスとは、ペルーの中部、アンデス山脈の麓に位置する、標高3052mの高地にある町です。

周辺には、トレッキングの聖地ワスカラン国立公園や、チャビン文明の有名な遺跡チャビン・デ・ワンタルなどの観光地があります。

 

トルヒーヨとは

トルヒーヨは、ペルー北部、太平洋沿岸の街で、ペルー第三の都市。気候は、一年を通して20℃前後。その快適な気候から、常春の街と呼ばれています。

トルヒーヨの魅力と言えば、やはり遺跡観光。マチュピチュやナスカの地上絵を始め、各地に数々の遺跡を有するペルーですが、トルヒーヨ周辺には、重要な遺跡が沢山あります。

 

ワラスからトルヒーヨにバスで移動する方法

いつも通り、バス移動の検索には、Rome2rioを利用します。ペルーでも抜群の使いやすさです。使い方は、以下の記事を参考にしてください。

さて、検索してみると、朝と夜発のバスがあることがわかりました。所要は大体6〜7時間ほど。ロードトリップが好きな僕は、朝発を選びました。

ワラスを始め、アンデスの山々のバス移動は絶景なので、昼移動がオススメです!朝発のバスは「Transportes Linea」しかないので、一択でした。

バスの詳細

  • ルート:ワラス→トルヒーヨ
  • バス会社:Transportes Linea
  • 乗り継ぎ:なし
  • 所要時間:6時間
  • 時間帯:9時半〜15時半
  • 料金:35ソル(セミカマ)

 

ワラスのバスターミナル(Transportes Linea)

ペルーには基本バスターミナルがないので、バスはそれぞれのバス会社の前で発着します。

ワラスのTransportes Lineaのオフィスは、ワラスの市内にあるので便利です。市内のホステルに滞在していれば、ホステルから徒歩で10分以内に到着できるはずです。

 

トルヒーヨのバスターミナル(Transportes Linea)

トルヒーヨでも同様に、Transportes Lineaのオフィスに到着します。市内までは、徒歩で30分、タクシーで10分弱です。タクシー料金は5ソル。

 

トルヒーヨのオススメの安宿

トルヒーヨでオススメの安宿は、Enkanta Hospedajeです。中心地にあり、ロケーション最高です。

少し薄暗胃ですが、問題はなし。トルヒーヨ全体的にこういう宿が多いようです。

1泊800円程。

宿の詳細

  • 料金:★★★★☆
  • ロケーション:★★★★★
  • 清潔さ:★★★☆☆
  • 雰囲気:★★★☆☆
  • シャワー:★★☆☆☆
  • WiFi:★★★★☆

 

ワラスのオススメの安宿

ワラスでオススメの安宿は、Hostal Campo Base Huarazです。市内のど真ん中にあり、どこに行くにも動きやすかったです。

建物自体は少し古めですが、室内は綺麗で問題なし。コンセントも沢山あって快適でした。シャワーが狭いのだけが難点。

朝食も付いていて、毎日3種類から選べるのも嬉しい!1泊650円程でコスパ最高!

宿の詳細

  • 料金:★★★★★
  • ロケーション:★★★★★
  • 清潔さ:★★★☆☆
  • 雰囲気:★★★☆☆
  • シャワー:★★☆☆☆
  • WiFi:★★★★☆

 

ペルー観光に役立つ本

「古代文明〜スペイン統治〜現代」までの中南米の歴史がわかりやすく書かれていて、小説感覚で読めます。

これを読んでおくだけで、町歩きが数倍楽しくなる。Kindleもあるので、南米周遊前、周遊中に読んでおきたい一冊です!

 

まとめ

ということで、ワラスからトルヒーヨのバス移動についてでした!

移動時間は6時間と、南米のバス移動の中では楽勝な方(もう、感覚バグりました笑)。道中は絶景の連続で、移動ではなく、もう一つの観光です。時間が許せば、朝発がオススメ!

次の記事では、トルヒーヨの歩き方について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.