【ペルー観光】トレッキングの聖地、ワラスに行ってみた!

ペルー

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、ペルーのトレッキングの聖地ワラスについて!

リマ北部にある5000年前の遺跡、カラル遺跡を後にして向かうは、ペルーの中部に位置するアンデス山脈の麓の町、ワラス(Huaraz)。この町は「トレッキングの聖地」と呼ばれ、沢山の美しいトレッキングコースがあります。

しかもトレッキングだけでなく、チャビン遺跡という3000年前の遺跡も!さらには、日本人に嬉しい天然温泉もあります!

ということで、この記事ではワラスについて紹介します!

ワラスとは

ワラスとは、ペルーの中部アンデス山脈の麓に位置する、標高3052mの高地にある町です。町はそこまで大きくなく、歩いて数十分で一周できてしまいます。

しかし、小さいながらに人が多い。トレッキングの聖地というだけあって、世界中からトレッキングを目的にした観光客が沢山集まります。そのため、町にはツアーオフィスや、アウトドア用品店も多いです。

町には、ローカル人向けのお店も沢山あって、チョリータも多い。町歩きが楽しい町です。

 

ワラスの見どころ

トレッキングに出かけよう!

ワラスと言えば、トレッキングを抜いては語れません。近郊には、トレッキングの聖地ワスカラン国立公園があり、トレッキングコースが山ほどあります。

その中でも一番人気なのが、「ラグーナ69」。標高も4000m超えと、なかなか大変ですが、ゴールにあるコバルトブルーのラグーンは必見です。ツアー料金は30ソルで、国立公園の入場料10ソルを別途、支払います。

 

3000年前の遺跡!チャビン遺跡!

ワラスはトレッキングだけでなく、遺跡観光も楽しい!町から3時間ほどの場所に、チャビン・デ・ワンタルという、3000年前に栄えたチャビン文化の重要な遺跡があります。

山間の長閑な町の中に突如と現れる、広大な遺跡が面白いです。

しかも、遺跡の内部に入ることも可能。3000年前の遺跡の中に入れるって、中々貴重な体験です。しかも、内部には写真撮影が禁止になっている、重要なオリジナルのレリーフもあります。これは訪れた者だけが見ることができる。

 

モンテレイ温泉で疲れを癒そう

日本人には嬉しい!ワラスの町には、モンテレイ温泉という天然温泉があります!トレッキングと言えば、やはり温泉ですよね!

しかもこの温泉、プライベート温泉になっていて、トレッキングの疲れを癒すには最適です。

 

ワラスへの行き方

ワラスへは、リマを始め、トルヒーヨやチンボテなど、近隣の町からも直行バスが沢山出ています。

いつも通り、バス移動の検索にはRome2rioを利用します。ペルーでも抜群の使いやすさです。使い方は、以下の記事を参考にしてください。

 

ワラスのオススメの安宿

ワラスでオススメの安宿は、Hostal Campo Base Huarazです。市内のど真ん中にあり、どこに行くにも動きやすかったです。

建物自体は少し古めですが、室内は綺麗で問題なし。コンセントも沢山あって快適でした。シャワーが狭いのだけが難点。

朝食も付いていて、毎日3種類から選べるのも嬉しい!1泊650円程でコスパ最高!

宿の詳細

  • 料金:★★★★★
  • ロケーション:★★★★★
  • 清潔さ:★★★☆☆

  • 雰囲気:★★★☆☆
  • シャワー:★★☆☆☆
  • WiFi:★★★★☆

 

ペルー観光に役立つ本

「古代文明〜スペイン統治〜現代」までの中南米の歴史がわかりやすく書かれていて、小説感覚で読めます。

これを読んでおくだけで、町歩きが数倍楽しくなる。Kindleもあるので、南米周遊前、周遊中に読んでおきたい一冊です!

 

まとめ

ということで、トレッキングの聖地、ワラスについてでした!

この町へ来たら、一度はトレッキングへ出かけてほしいです!ラグーナ69は少ししんどいですが、ラグーナまで行けなくても、その道中は絶景の連続です。それだけでも満足できるはず。

さらに時間があれば、チャビン遺跡も訪れて欲しい。意外と見どころの多い、ワラスでした。

See you!

Always think easy, go easy.