【ペルー観光】古代遺跡の街!トルヒーヨの歩き方(2019年)

ペルー

Shozza
ハロー!エクアドルの富士山、コトパクシ山の麓の町へやって来ました!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、ペルー北部の街、トルヒーヨについて!

ペルーの中部アンデス山脈の麓に位置するトレッキングの聖地、ワラス(Huaraz)でのトレッキングを終え、トルヒーヨにやって来ました。

この町には、インカ帝国よりも古い、モチェ文化、そしてチムー王国の遺跡が点在します!ペルーからエクアドルへ、またはエクアドルからペルーに入る際に通りやすいトルヒーヨ。

正直言うと、遺跡の見応えはマチュピチュに匹敵します!それもそのはず、マチュピチュができたインカ帝国の遺跡よりも遥かに古い!そして、ここは太平洋沿岸の町、ご飯も美味しい!

ということで、この記事ではトルヒーヨの歩き方について紹介します!

トルヒーヨとは

トルヒーヨは、ペルー北部、太平洋沿岸の街で、ペルー第三の都市。気候は、一年を通して20℃前後。その快適な気候から、常春の街と呼ばれています。

トルヒーヨの魅力と言えば、やはり遺跡観光。マチュピチュやナスカの地上絵を始め、各地に数々の遺跡を有するペルーですが、トルヒーヨ周辺には、重要な遺跡が沢山あります。

特に有名なのは、チムー王国の遺跡であるチャンチャン遺跡と、モチェ文化の遺跡である太陽のワカと月のワカ。この二つは、トルヒーヨに来たら、確実に訪れておきたい遺跡です。また郊外にある、エル・ブロホ遺跡も有名です。

 

トルヒーヨの町歩き

トルヒーヨの街は、ペルー第三の都市ですが、遺跡を除くと、市内には特に見所はありません。南米の他の都市同様、アルマス広場周辺のカテドラル等や、メルカド(市場)、博物館などです。

 

アルマス広場とカテドラル

 

View this post on Instagram

 

Yumarie Ortiz Lopezさん(@yumiortiz)がシェアした投稿

南米のどこの街にもあるアルマス広場。トルヒーヨにももちろんあります!

トルヒーヨのアルマス広場は、特に夜が綺麗なのでオススメ!治安も良い!

 

メルカド

南米のご飯といえば、やっぱりメルカド!安くてボリューミーで美味しい!トルヒーヨでは、毎食ここで食べていました。

トルヒーヨのメルカドは、かなり大きくて、新鮮な野菜や果物も沢山売っているので、自炊派にもオススメです!

 

トルヒーヨ大学博物館(Museo de Arqueología UNT)

ここの博物館は、入場料5ソル(160円)にしては、かなり見応えがあります。

展示は全てスペイン語ですが、入り口に英語のパンフレットが置いてあります。

トルヒーヨ大学博物館は、先史時代からの出土品を展示しているため、バラエティーに富んだ展示品が魅力です。

特に最後の最後にいるのが、このミイラ。保存状態も良く、ガラス越しではありますが、かなり近くで見ることができるので、大興奮!

足の爪、皮膚のシワまでしっかり見て取れます。

 

トルヒーヨの遺跡観光

やはり、遺跡観光がトルヒーヨのメインイベント!

トルヒーヨには、チムー文明、モチェ文明の遺跡がいくつもあります!その中で、代表的なところを紹介します。

 

チャンチャン遺跡

チャンチャン遺跡はトルヒーヨの町の北に位置する、チムー文明の遺跡です。850年から1470年頃にインカ帝国に滅ぼされるまで繁栄したチムー王国の首都で、南米最大の古代都市です。

遺跡は全てアドベと呼ばれる日干しレンガで作られており、風化によって大部分が失われていますが、残っている部分のレリーフが素晴らしい。

一般的には、他の遺跡と一緒に回る1日ツアーが人気ですが、コレクティーボで自分で行くことも可能です。

 

ドラゴンのワカ

ドラゴンのワカはチムー王国時代の12-15世紀に作られたワカです。ワカとはケチュア語で神聖な場所を意味します。

ワカ全体に施されたレリーフがドラゴンのように見えることから、発見者によって「ドラゴンのワカ」と名付けられましたが、チムー王国時代にドラゴンという概念がなかったことがわかっています。

ドランのワカは、チャンチャン遺跡同様、トルヒーヨの北側に位置しており、チャンチャン遺跡と一緒に回ることも可能です。個人での行き方は、チャンチャン遺跡の記事参照。

 

太陽のワカ・月のワカ

月のワカ

太陽のワカ・月のワカは、チムー文明よりも古い西暦0年前後から700年ごろまで栄えたモチェ文化時代の遺跡です。太陽のワカと月のワカは、対をなすピラミッド型をしており、現在では月のワカのみ内部に入ることが可能です。

内部に入ってまず驚かされるのは、その美しいレリーフの数々。

月のワカは、100年ごとに、古い昔の神殿を取り囲むように、その外側に同じ物を建設することで増築を繰り返しました。増築の数は5回で、5層の壁から成り立ちます。

上記写真は、4層目と3層目のレリーフ。1層目から5層目まで、全く同じレリーフが残っていることから、モチェの人々がいかに祖先と、その文化を尊重していたかがわかります

 

トルヒーヨのオススメの安宿

トルヒーヨでオススメの安宿は、Enkanta Hospedajeです。中心地にあり、ロケーション最高です。

少し薄暗胃ですが、問題はなし。トルヒーヨ全体的にこういう宿が多いようです。

1泊800円程。

宿の詳細

  • 料金:★★★★☆
  • ロケーション:★★★★★
  • 清潔さ:★★★☆☆

  • 雰囲気:★★★☆☆
  • シャワー:★★☆☆☆
  • WiFi:★★★★☆

 

ペルー観光に役立つ本

「古代文明〜スペイン統治〜現代」までの中南米の歴史がわかりやすく書かれていて、小説感覚で読めます。

これを読んでおくだけで、町歩きが数倍楽しくなる。Kindleもあるので、南米周遊前、周遊中に読んでおきたい一冊です!

 

まとめ

ということで、ペルーのトルヒーヨの歩き方についてでした!

日本人にはあまり人気のないトルヒーヨですが、見どころの多い町です。特に歴史好きの人にはたまりません。チャンチャン遺跡や、月のワカに併設された博物館も素晴らしい!

移動の経由地というだけでなく、数日時間を割いて、古代アンデスに思いはせるのもアリです!

次の記事では、チャンチャン遺跡の歩き方について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.