【エクアドル観光】古都・クエンカが美しい!歩き方紹介!

エクアドル

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、エクアドルの古都、クエンカについて!

1ヶ月弱に渡るペルーの旅を終え、ペルー北部の町トルヒーヨからエクアドルへやってきました!

エクアドル最初の都市は、古都クエンカ。この町、美しい街並みが並び、実はエクアドルで一番人気の町なんです!エクアドルでどこがオススメか聞いてみると、ほとんどの人がクエンカの名前を挙げます!

ペルーから北上する場合は、このクエンカがエクアドル最初の都市になりやすいと思うので、せっかく訪れた際はクエンカに数泊することをオススメします!

ということで、この記事ではエクアドルのクエンカについて紹介します!

クエンカとは

クエンカは、エクアドルの中南部に位置する町で、キト、グアヤキルに次ぐ、エクアドル第三の都市です。アンデス山脈の谷にあり、標高は2500m。

町には植民地時代の建造物が、破損することなく綺麗に残っており、街全体が世界遺産にも登録されています。主な産業はパナマ帽の製造で、町を歩いていると、パナマ帽を売るお店に沢山出くわします。

また、生活費と税金が安いことから、毎年4千人のアメリカ人の高齢者がこの街へ移住しているそう。

エクアドルの中南部にあることから、キトやグアヤキル観光を終え、ペルーに抜ける際の経由地として、クエンカを訪れる観光客も多いです。

 

クエンカの歩き方

クエンカには、そこまでたくさんの見所がある訳ではありません。しかし、カテドラルをはじめ、植民地時代の建物が所狭しと並び、町を歩いているだけで楽しい。雰囲気は、完全にヨーロッパの古都です。

 

カテドラル

まず、クエンカの町を歩いて最初に目につくのが、やはりアルマス広場前のカテドラルです。南米といえば、どの都市にもあるのが、このアルマス広場とカテドラルのセット。

どこの都市も雰囲気は似たり寄ったりですが、クエンカのカテドラルは一風違います。どことなく近代的というか、カトリックぽさがありません。しかし、これはこれで美しい!

町を歩いていて、カテドラルのてっぺんが見えると、思わずその美しさにため息がこぼれます。

内部も驚くほど広くて、デザインも総大理石。

 

近代美術館

クエンカの市内にある近代美術館。入館料が無料にも関わらず、内部は広々としていて、多量の展示品が収納されています。

町歩きに疲れて、一休みしたい時にはオススメです。

 

メルカド

エクアドルといえばメルカド!

とにかく賑わっていて、新鮮な野菜、果物からお肉までなんでも揃います!しかも、激安です!自炊派には嬉しい!

更に、メルカド内には食堂もあるので、ここで食事を取るのもオススメ!何と言っても安いです!僕はクエンカでは、ほぼメルカドでずっと食事をしていました。

クエンカ市内にはメルカドが3つほどありますが、一番オススメは以下の地図のメルカドです!

 

町歩きは暗くなってからも楽しい!

クエンカはエクアドル1、治安が良い町でもあります。普段、夜は町歩きを控える方も、クエンカでは外に出ることも可能です。もちろん、注意は必要ですが。

そして、クエンカは夜がとにかく綺麗!昼間とは、また違う町になります!

カテドラルも綺麗です!でも、紫って。。笑

 

クエンカでオススメの安宿

クエンカで僕が泊まった安宿は、チェックイン・ベッド&ブレックファーストです。

ベッドも清潔で、特に問題はありませんでした。何よりも値段が安い。

ルーフからの景色も最高です。1泊600円程。

宿の詳細

  • 料金:★★★★★
  • ロケーション:★★★★☆
  • 清潔さ:★★★★☆
  • 雰囲気:★★★★★
  • シャワー:★★★☆☆
  • WiFi:★★★☆☆

 

エクアドル観光に役立つ本

「古代文明〜スペイン統治〜現代」までの中南米の歴史がわかりやすく書かれていて、小説感覚で読めます。

これを読んでおくだけで、町歩きが数倍楽しくなる。Kindleもあるので、南米周遊前、周遊中に読んでおきたい一冊です!

 

まとめ

ということで、エクアドルの古都、クエンカについてでした!

大都市でありながら、キトやグアヤキルのようにゴミゴミしていないのが、居心地の良いクエンカの町。治安が良いのも嬉しい!ただただ町を歩いているだけで、中世のヨーロッパにタイムスリップしたかのような感じに。

是非、数日滞在してゆっくりとすることをお勧めします!

次の記事では、クエンカからグアヤキルへのバス移動について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.