【バス移動】コソボのプリズレンから首都プリシュティナ へ!【1時間半】

コソボ

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、コソボのプリズレンからプリシュティナまでのバス移動について!

アルバニア、マケドニア周遊を終え、コソボへとやってきました。

コソボの古都プリズレンを満喫した後は、「とりあえず」感覚で首都のプリシュティナへ移動。多くの旅人に「プリシュティナへは行かなくて良いよ」と言われながら。

結果は、本当に行かなくて良かった。笑

ということで、この記事ではプリズレンからプリシュティナへの移動方法について紹介します!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキングに参加しています。

上の「世界一周」ボタンがクリックされるとランキングが上がります。

励みになるので、ご協力ください!:D

プリズレンからプリシュティナへの移動方法

プリズレンからプリシュティナまでは85km程で、バスで1時間半ほどの距離です。コソボの二つの大都市を結ぶ路線とあって、バスは数十分おきに沢山出ています。

しかも、バスターミナルへ行く必要もなく、市内から乗ることも可能。これは、宿のおっちゃんに教えてもらいました。楽チンで便利でした〜。

所要は1.5時間ほどで、料金は5.5€です。

 

プリズレンのバスターミナル

プリズレンのバスターミナルはこちら。市内からは徒歩で15分ほど離れています。他の町から来る場合、ここに到着することが多いようです。

もちろん、ここからもプリシュティナへ行くことは可能ですが、上述のように、ここに来なくても市内からバスに乗車可能です。

 

市内から乗る場合(ブルーブリッジ前から)

市内に滞在している方は、バスターミナルまで行かなくても、市内の「ブルーブリッジ」の前からバスに乗車可能です。

この写真の橋の前です。石橋の一個手前。

ブルーブリッジは鍵が沢山ついている橋で有名。

橋の前の、この辺りで待ちます。

バスは10〜20分おきに来るようです。バスの前面に「PRISHTINE」の看板を見つけたら、バスを止めて乗り込みましょう。

料金はバス内で。料金は5.5€でした。

 

プリシュティナのバス下車場所

プリシュティナへ到着すると、バスはバスターミナル手前の路上に停車します。具体的には地図のあたりです。

ちなみに、国内都市や、マケドニアに行くバスは、上記のバスターミナルから発着します。

 

まとめ

ということで、プリズレンからプリシュティナへのバス移動方法についてでした!

プリシュティナへは、数十分おきにバスが発着しているので、簡単に移動可能!しかし、プリシュティナは、本当に何もありません、、笑

正直、その時間をプリズレンに割いて、他の国や都市に移動した方がオススメかもしれません、、

次の記事では、プリシュティナの歩き方について紹介します!

著者からのお願い

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

記事が参考になったと感じたら、上の「世界一周」ボタンをクリックして頂けるとランキングが上がって励みになります!宜しくお願いします!

 

2年半の集大成!世界周遊まとめ動画(完成版)が公開!

かなりの長作となり、時間がかかっていたのですが、ようやく完成版が公開できました!かなり見応えのある動画になっているので、楽しんでもらえると嬉しいです!

 

旅に役立つ情報

世界一周前に揃えたい旅の便利グッツ

旅の準備で一番重要なこと。それは荷物の準備。最近では、旅の便利グッツが毎日のように進化を遂げていて「こんな便利なものがあるの!」という驚きの連続。便利グッツが一つあるだけで、旅の快適さが全く違ってきます。

絶対買うべき!便利なトラベル用品ベスト5(+α)を紹介!【世界一周準備】

 

旅中にブログを書いて生活する

長期の旅となると、空いた時間も多い。そんな時間で気分転換&頭の整理にブログを書いて、それで他の旅人の役に立ち、かつ旅資金も得られる。こんなにWin-Winなことはないです。

【フリーランス】旅をしながら働ける!?ノマドワークって何?その種類は豊富!

 

海外旅行に便利なクレジットカード

海外旅行では、クレジットカードは必須。特にキャッシングと海外旅行保険対策にクレジットカードは欠かせません。上手に使いこなすと、かなりお得に旅ができますよ。

【2019年版】海外旅行に持っていくべきクレジットカード6選!

 

海外旅行保険:クレジットカード付帯保険でお得に

海外旅行保険は絶対に削ってはいけません。何かあった時に、本当に地獄を見ます。年会費無料のクレジットカードだけでも、有料の保険と遜色ないくらい補償も充実しているので、オススメです。

海外旅行保険なし!クレジットカードの付帯保険で賄う方法!

 

現地での日本語ガイドツアー申し込み :タビナカ

旅をしていると、たまに「日本語ガイド」の必要性を感じることがあります。特に、遺跡や秘境を歩く時には日本語のガイドを付けてみると、満足度が全然違います。 現地で「やっぱり日本語ガイドをつけたい!」と思った時に使いやすいのが、【タビナカ】です。