【コロナ第二波】南米がヤバイ?南半球がヤバイ?それとも戻ってくる、、?

コロナウイルス

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、コロナの世界の現状と、今後の感染拡大について!

現在、私は南アフリカのロックダウン(封鎖)に伴い、首都プレトリアで軟禁生活を送っています。ロックダウンは3/27日から始まり、1ヶ月以上経った今も解除の目処は立っていません。

さらに、現状では南アフリカの状況は悪化していて、収束の兆しどころか、ピークさえ見えていない。それに伴い、医療崩壊の未来も予想されてきた。そんな状況で空港が再開されるはずもないので、「今が潮時」と、帰国することにしました。

欧米や日本で、コロナが一時収束し始め、自粛も解除の報告に向かっている一方で、南アフリカのように、未だに感染拡大している国、収束が見えない国が沢山あります。

この違いは何なんでしょうか。また、次に感染が広がる国はどこなのか。さらに、「第二波」と呼ばれるように、自粛解禁した国々も、再感染拡大する恐れはあるのか。誰にも未来は見えない分、不安は広がります。

その上で、一番大事なことは、「現状を知ること」だと僕は思っています。それは、誰にでもできる。

ということで、この記事ではコロナの世界の現状と、今後の感染拡大について紹介します。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキングに参加しています。

上の「世界一周」ボタンがクリックされるとランキングが上がります。

励みになるので、ご協力ください!:D

ロックダウンを解除する欧米諸国と日本

日本でも5/25に緊急事態宣言が全国で解除されたように、欧米諸国でもロックダウンの解除が進んでいます。では、何故解除されたのか。もちろん、誰でもわかると思いますが「感染者数が減っているから」でしょう。そりゃ、そうですよね。

その上で、大事なのは「本当に減っているのか」「どのくらい減っているのか」を、実際に自分の目で確認しておくことです。こうしたデータは、オンラインで簡単に探すことができる。

これまでの記事でも紹介してきましたが、オススメは以下のサイトあたりです。とても見やすくて、面白い。

特にWorldmetersは、コロナ以外にも、世界中の人口増加や、死者数、失業者数、年間の国家支出の総額、本の出版数、全世界のemail送受信数、、など、多種多様なデータをリアルタイムで追うことのできるすごいサイト。

めちゃめちゃ面白いし、ためになります。

Worldmetersで、コロナの日本の現状を見ると、こんな感じ。

色々なデータやグラフを見ることができますが、上記は、1日あたりの新規感染者数の推移です。

かなり減ってきていることがわかります。ドイツやフランスなど、ロックダウンの解除を始めた国々でも、同じようなことが起きている。こういうデータを見て、「何で解除したんだろう」と考えてみると、面白いし、今後の予防にも繋がります。

「今後の予防に」というのは、コロナには第二波、第三波があると言われていますよね。

それは本当なのか、どうかは、誰にもわからない。でも、データを見る癖を付けていれば、その兆候を見て、予想することはできます。前もって準備をすることもできる。心の準備も。

もしかしたら、前回よりも大きな波が来るかもしれない。誰が4〜5月の、家から出られない生活を予測していましたか?「あり得ない」と思っていたことが起こるんです。

 

今後は南米がヤバイって本当?

これは、現在の累計感染者数の多い国ランキング。1位は言うまでもなく、断トツでアメリカ。じゃあ、アメリカが今、一番ヤバイかといえば、そうではないと思います。

今後が心配なのは「累計感染者数」の多さよりも、「新規感染者数の増加スピード」です。なんとなく、イメージはつきますよね。

そもそも、「累積感染者数」には、既に完治した人の数も含まれてる。「これまで感染したことのある人の数」です。だから、今現在の患者数とは全然違う。

では、今どこがヤバイかと言えば、ブラジルです。凄い勢いで感染者数が増加しています。ブラジルといえば、南米の大国。「今後は南米で感染拡大する」という話を聞いたことがある人も多いと思います。

確かに、ウイルスは冬に活動が活発になる場合が多い。北半球はこれから夏に向かう一方で、南米を含む南半球はこれから冬になります。つまり、ウイルスが活発になる時期に入る。そういう点も含めて、南米が懸念されています。

でも、コロナも同じかどうかなんてわかりません。ウチは夏だから大丈夫と思ってた国で爆増するかもしれない。油断は禁物です。

じゃあ、今、ブラジルの他にどんな国が感染拡大しているのか。それを見ていこうと思います。共通点も見つかるかもしれない。その共通点から、どんな国が今後感染拡大する恐れがあるのか。そして、日本や欧米に戻ってくる可能性はあるのかを、予想できるかもしれません。

 

新規感染者数の推移(累積感染者数1〜10位)

1位:アメリカ

2位:ブラジル

3位:ロシア

4位:スペイン

5位:イギリス

6位:イタリア

7位:フランス

8位:ドイツ

9位:トルコ

10位:インド

これを見て、どう思いましたか?面白いのが、グラフの形が2つしかありませんよね、、

上の①か②しかない。そして、ほとんどの国が①の形。一方で、②の形はブラジルとインドのみ。どちらが良いのかは、言うまでもないですよね。

つまり現状で、今後特に感染拡大が特に懸念されるのは、ブラジルとインドと考えることができます。人口の多いインドは間違いなく、欧米諸国を抜き、トップ5以内に入ってくると思います。

話はこれだけで終わりません。問題なのは11位以降

だって、1〜10位の8ヵ国はもう落ち着いてきているんですから、、

 

新規感染者数の推移(累積感染者数11〜20位)

11位:イラン

12位:ペルー

13位:カナダ

14位:中国

15位:サウジアラビア

16位:チリ

17位:メキシコ

18位:パキスタン

19位:ベルギー

20位:カタール

「1〜10位」までの国との違いがわかりましたか?先ほどの①と②の形の割合が逆転していました。①の形は、カナダ、中国、ベルギーの3ヵ国のみ。残りの7ヵ国は②の形状でした。(イランだけ例外)

これがいかにマズいか。これらの国は、累計の数ではまだ上位10位の国より少ないですが、その内に抜かしていくのは目に見えます。つまり、この7ヵ国が、上位10位内の国と入れ替わる可能性が高い。

さらに、20位以下に同じような形状(右肩上がり)の国は沢山ある。アフリカ諸国や、中南米の国々が。これらの国がこれから感染拡大する可能性は大いにあります。

知っていました?

なんとなく、多くの国がロックダウン解除をしているニュースを見て、「あ、世界は良くなっているんだ」と、思いがち。しかし、減少傾向にあるのは一部の国のみで、世界のほとんどの国は、現在も拡大傾向にあります。

 

今後が心配なのは「発展途上国」

では、上記のグラフを元に共通点を考えてみます。やっぱり、よく聞く「南米、南半球がヤバイ」のか。先ほどの①と②の国を分けてみます。

①の国(減少または停滞含む)

  • アメリカ
  • ロシア
  • スペイン
  • イギリス
  • イタリア
  • フランス
  • ドイツ
  • トルコ
  • カナダ
  • 中国
  • ベルギー

②の国(増加傾向)

  • ブラジル
  • インド
  • (イラン)
  • ペルー
  • サウジアラビア
  • チリ
  • メキシコ
  • パキスタン
  • カタール

①と②を分けてみるとどうか。②の太線は、南米の国です。

確かに、②の9ヵ国の中に南米の国が3ヶ国もある。噂通り「南米がヤバイ」のかもしれない。でも、その理由は、南半球は、これから冬が来るからと言う話でした。寒くなって、乾燥すると、ウイルスが活発になるからと言う話。

しかし、パキスタン、カタール、サウジアラビアなど、年中常夏&蒸し蒸しの国が同じくランクインしている。オーストラリアやニュージーランドなど、他の南半球の国は入っていません。むしろ、この2カ国はかなり低い。

一方、①と②で、もっと簡単な区別ができます。先進国と発展途上国です。

どう見たって、そうとしか見えない。きれいに分かれています。興味のある方は、20位以降の国々も見てください。同じです。

 

発展途上国ではロックダウンをしても、効果が薄い

発展途上国で、感染拡大する理由。それは沢山あります。容易に想像できると思いますが。

発展途上国でもロックダウンをしていますが、それでも感染は止まらない。現在、僕がいる南アフリカも同じです。だって、みんな外に出ている。そりゃそうです。そうしないと死んでしまう人たちがいるから。

仕事をしないで、何ヶ月も家でネットフリックスを見て、ポテチを食べて、趣味に浸れるのは、先進国の人間だけです。それ以外の国の多くの人は、お金がない。食べ物がない。

外に出ないと、コロナ以外の理由で死んでしまいます。

彼らに「STAY HOME」と言えますか?一部の人にとって、それは「DIE HOME(家で死んで)」と言われていることになるかもしれない。

南アフリカでも同様のことが問題視されている。それによって、今後の感染爆発が懸念されています。そのことを踏まえ、私は、今回帰国する決断をしました。

 

(おまけ)「発展途上国がヤバイ」のではなく、「遅れて来ただけ」かもしれない

おまけで書いておきたいのですが、欧米を中心とした国は①の形をとっていて、徐々に感染拡大している発展途上国の国々は、②の形をしています。

「だから発展途上国が、先進国よりもヤバイ」のではなくて、ただ遅れて「第二波」として来たと考えることもできます。①の国は、3〜4月に山なりになり始めたのに対し、②の国は、4〜5月に入ってからです。

つまり、②の国も赤の点線のように、①と同様に、山なりになって落ちるかもしれない。もちろん、それ以上にグッと上がるかもしれないし、そこまで達せずに落ち込みだすかもしれない。

上がってきているとは言え、①の欧米諸国よりも少ないのが、現状です。「途上国がヤバイ!」と結論付けるには、時期尚早過ぎます。よって、これからも動向チェックが欠かせないです。

また、①(減少傾向)と②(上昇傾向)の形だけを見るのではなく、縦軸の値を見ることを忘れずに。二ヵ国を比較した時、実際は上のグラフのようになっているかもしれません。「②の方がヤバイ!」とは、なりませんよね、、

実際、減少傾向にあっても、アメリカは上のグラフの①のようなイメージです。この後、またグイっといく可能性は大いにある。

 

オススメの書籍(ファクトフルネス)

最近、僕が読んでいて、面白かった本。オリラジのあっちゃん(中田敦彦)もYouTubeで紹介していたので、知っている人も多いかもしれませんが、本当に名著です。

世界中に間違った情報が溢れる中、実際のデータ(ファクト)を元に、しっかりと世界の現状を見よう、と言う内容の本です。

この世界には、内戦や戦争が溢れていて、貧困に悩む子供たちが沢山いる。さらには、地球温暖化、人口爆発、少子高齢化など、問題も山積み。世界は悪い方向に向かっている。と、そう思いがち。

しかし、実際は真逆です。凄まじい勢いで、世界は良くなっている。貧困の苦しむ人達は、これまでに類を見ないスピードで減少している。でも、それはニュースでは報道されません。

一方で、戦争や、難民のニュースは毎日のように流れる。その方が、新聞が売れるからです。「去年よりも難民が2百万人減りました」では、注目を引けないからです。

今のコロナの状況に当てはまることが多すぎて、ハッとさせられる。僕が最近、今回の記事のようなコロナの現状を、僕なりに解釈して紹介しているのも、結構この本の影響が大きいです。

質問1 世界の1歳児で、なんらかの予防接種を受けている子供はどのくらいいる?
・A 20%
・B 50%
・C 80%

質問2 いくらかでも電気が使える人は、世界にどのくらいいる?
・A 20%
・B 50%
・C 80%

※本著より引用

本著では、最初に、上記のような世界の現状についての質問がされます。どれも三択。なので、チンパンジーの正答率は33%。しかし、実際の正答率はそれよりも遥かに低い。特に、高学歴になればなるほど、低くなるそうなので、面白い。

当てずっぽうの方が正答率が高いと言うことは、それだけ間違った常識が溢れていると言うことです。

質問の答えは本に載っています。2020年で、現状一番面白かった本です。

 

まとめ

ということで、コロナの世界の状況と今後の予測についてでした!

もちろん、上記の意見は全て、僕の独自の見解です。

ずっと家に籠り、「いつ南アのロックダウンが終わるのか、、」と毎日苦しんでいる。でも、発表を待っているだけじゃ、いてもたってもいられない。そこで、なんとか自分なりに現状把握できないか、とデータを見て、気付いたこと、思ったことを記載しています。

現状では、最初に感染拡大した欧米の影に、途上国の数が隠れる形になっていますが、途上国が爆発的に増加を始めています。その先陣を切ったのが、ブラジル、インドというように見える。1ヶ月後、先ほどの上位20位は、綺麗に入れ替わっている可能性がある。

そして、これは他人事ではありません。そうした国が、これまでの何倍もの勢いで感染拡大した時、それらの国から日本や欧米に戻ってくる可能性は大いにあります。楽観せずに備えましょう。

See you!

Always think easy, go easy.

著者からのお願い

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

記事が参考になったと感じたら、上の「世界一周」ボタンをクリックして頂けるとランキングが上がって励みになります!宜しくお願いします!

 

2年半の集大成!世界周遊まとめ動画(完成版)が公開!

かなりの長作となり、時間がかかっていたのですが、ようやく完成版が公開できました!かなり見応えのある動画になっているので、楽しんでもらえると嬉しいです!

 

旅に役立つ情報

世界一周前に揃えたい旅の便利グッツ

旅の準備で一番重要なこと。それは荷物の準備。最近では、旅の便利グッツが毎日のように進化を遂げていて「こんな便利なものがあるの!」という驚きの連続。便利グッツが一つあるだけで、旅の快適さが全く違ってきます。

絶対買うべき!便利なトラベル用品ベスト5(+α)を紹介!【世界一周準備】

2020年4月12日
 

旅中にブログを書いて生活する

長期の旅となると、空いた時間も多い。そんな時間で気分転換&頭の整理にブログを書いて、それで他の旅人の役に立ち、かつ旅資金も得られる。こんなにWin-Winなことはないです。

【フリーランス】旅をしながら働ける!?ノマドワークって何?その種類は豊富!

2019年6月13日
 

海外旅行に便利なクレジットカード

海外旅行では、クレジットカードは必須。特にキャッシングと海外旅行保険対策にクレジットカードは欠かせません。上手に使いこなすと、かなりお得に旅ができますよ。

【2019年版】海外旅行に持っていくべきクレジットカード6選!

2019年5月17日
 

海外旅行保険:クレジットカード付帯保険でお得に

海外旅行保険は絶対に削ってはいけません。何かあった時に、本当に地獄を見ます。年会費無料のクレジットカードだけでも、有料の保険と遜色ないくらい補償も充実しているので、オススメです。

海外旅行保険なし!クレジットカードの付帯保険で賄う方法!

2019年5月16日
 

現地での日本語ガイドツアー申し込み :タビナカ

旅をしていると、たまに「日本語ガイド」の必要性を感じることがあります。特に、遺跡や秘境を歩く時には日本語のガイドを付けてみると、満足度が全然違います。 現地で「やっぱり日本語ガイドをつけたい!」と思った時に使いやすいのが、【タビナカ】です。